古い絵画

富士花鳥園で見かけた、とても魅力的なフクロウたち。
これはある意味、掛川よりも衝撃的な展開となりました。
あまりにも好みの種類が多かったからです。こちらもそんな1つ。
「トラフズク」といいます。
名前の通りで、身体が虎班模様というのが由来となっています。
日本の代表的なミミズクらしく、冬にロシアなどから渡ってくるとか。
写真ではちょっと解りにくいのですが、長い耳のような羽根が特徴です。

実は、見た瞬間にこれは絶対撮って帰りたいと思いました。
もともとトラ好きというのもそうだけど、姿がとても美しかったから。
で、勇んでガラスケージの前にやってきたわけです。
ところが・・・ガラスがクリアーではありませんでした。
開園直後にスタッフさんが掃除したのでしょう、拭きあとが残っていて
ソフトフォーカスのような雰囲気になってしまいます。かなり残念でした。
ところが写真というのは面白いもので、帰ってパソコンで見てみたら、
このフクロウの雰囲気はソフトのほうが合っている、と感じました。

どういうことかというと、古い絵画のイメージなんですね。
なんとか壁画とか。そういうなんというか、とにかく古い絵を彷彿とする、
そんな雰囲気が漂っているように思います。不思議な感覚を楽しめました。
古い絵画_b0016600_7173959.jpg

AB− (7D/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2013-09-17 07:18 | 富士花鳥園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama