ファラオの目線

ファラオと聞くと、やっぱり思い浮かぶのはピラミッドでしょうか。
それを冠しているのが、この「ファラオワシミミズク」なんですね。
案内板によると、中東で主に確認されているそうです。北アフリカの
砂漠地帯に住んでいるそうですが、生態などは未だ解っていることが
少ないといいます。小動物や大きい昆虫類、サソリなどを食べます。

どっしりとして、落ち着いた雰囲気がありました。
最初は近付いてズームで撮り、そのあと離れて400ミリで撮影。
撮った枚数そのものは400ミリのほうが多かったけれど、ここに載せた
写真はズームで撮影したものです。顔の中心とピンと立っている羽を
じっくり眺めていたら、どうも二等辺三角形に見えてしまいました。
これをどうやら感じ取ってしまったらしく、表情に乏しいと感じたのです。
最初に接近戦でズームを向けたときのほうが、精悍な雰囲気でした。

それにしても、何をじっと見つめていたのだろう。なんだか気になります。
ファラオの目線_b0016600_7513218.jpg

AB− (7D/タムロン18-270mmf3.5-6.3)
by keiji_takayama | 2013-09-14 07:52 | 富士花鳥園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama