ニセメン

仮面ライダーを思わせる、なかなか美形な顔立ち。
ウィンドウのすぐ前に立ち、お客さんに見て褒めてもらうのを待っている、
そんな印象を受けました。ところが、名前を知ったらビックリなのです。

なんと「ニセメンフクロウ」といいます。そりゃないぜな展開ですね。

案内板にはこんなことが書いてありました。
・インド、インドネシアなどの森林に分布する中型のフクロウ。
・メンフクロウに似た体格と色彩をもつので、この名前がついている。
・くっきりとして角張った顔盤が、メンフクロウと違う点である。
・完全な夜行性であり、日中は深い森の木々の中でじっと休んでいる。
・日本で見られるのは富士花鳥園だけ。とても珍しい種である。

これはつまり、「とても珍しくて整った顔立ちをしている」なのでは ?
だとしたら、そのままズバリ「イケメンフクロウ」が正しい呼び名だろう。
実際メンフクロウと比べてみると、ニセメンのほうがカッコ良く見えるのに。
これはさぞや不満だろうとも思うのだが、当の本人はそんなことは知らず、
涼しい顔をしてカメラ目線をくれました。やっぱりいいヤツだと思います。
ニセメン_b0016600_10251319.jpg

AB− (7D/タムロン18-270mmf3.5-6.3)
by keiji_takayama | 2013-09-12 10:25 | 富士花鳥園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama