不ケイタイ

ちょっと慌てて出たのがいけなかった。
何か足りないと思っていたら、ケイタイを置いて来たのである。
いつもはスマートフォンと昔ながらのケータイを併用しているのだが、
スマートフォンしか持っていなかった。カバンの中に入っているのが
完全に習慣になっていることもあり、違和感がたまらなかった。
たいしたことではないのだろうが、どうにも気になってしまう。

たぶん、ケイタイのほうはなくなっても支障はあまりないだろう。
とはいえ。昔から使っているものだけに、停止することもできない。

帰ってきたら、案の定予想していたところに転がっていた。
これだけでなく、なんとトイレの電気が付けっぱなしであった。
ああ無駄遣い。

慌てるとロクなことがない。まさにそれを実感した1日だった。
by keiji_takayama | 2013-06-10 23:50

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー