棚田撮影ツアー 前編

そんなわけで、無事にツアーが終了しました。
今回のシリーズは、「撮影地を少なめにしてじっくり撮る」がテーマの1つに
なっています。2日間の行程のうち 、初日はメイン撮影地のロケハンが中心。
それぞれに好きな場所をだいたい決めてもらって、イメージ作りをしました。

久々の新宿発ツアーで、出発は午前8時。
店の話をちらりとしてみたら、ご購入いただいたというお客様もいらして、
買ってもらったカメラが活躍する場に居合わせる、というのも感慨深いです。
特に大きな渋滞もなく、バスはスイスイ進んでいきます。
車内では、下見時に撮影した写真をご覧いただきながら、簡単な説明を。
やはりこれがあるのとないのでは大きく差が出るように思います。

しばらく揺られて、まずは松代・美人林で撮影開始です。
90分ほど時間があったので、余裕をもって撮影できました。
「キレイに撮りたい」「広角レンズでワイド感を出したい」など、
明確な目的を持って撮影しているお客様が多かったように感じました。
時間ギリギリまで一生懸命ファインダーを覗いていたり、とても熱心です。
下見の日は雨でしたが、この日はとてもよく晴れていて。
新緑が気持ちよくて、清々しい気分で過ごすことができました。

続いては星峠の棚田です。
狭い道でしたが、ドライバーさんの運転は見事でなものでしたね。
ここでは1時間ほど下見を行いました。
といっても、実際に撮るのは早朝なので、風景の状況は異なります。
イメージを固めつつ、でもいまの風景も撮影、そんな時間になりました。
最後はメインの場所となる、蒲生の棚田です。こちらも1時間ほど。
ツアーの案内に乗っていた朝の神秘的な風景が撮れるか、がカギとなります。
ここから見たらどうなるか、構図をどうしようか、それを事前にある程度は
決める事が出来るので、こうしたロケハンはとても効果的でしょう。

これで初日の行程は終了。ちょっと早めですが、旅館に向かいます。
翌日の集合時間が午前3時半なので、睡眠時間を確保するためです。
夕食までに時間があったので、周辺散策と撮影を行いました。
旅館の夕食らしく、なかなか豪華でおいしい食事でしたね。

これで1日目は終了。メインイベントに備えて就寝となりました。
by keiji_takayama | 2013-06-05 03:19

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama