ロキソニン日記

本日もロキソニンの作用時間は5時間だった。

朝起きて、午前8時に服用。
しょくじする時間はなかったので、胃腸薬と一緒に流し込んだ。
これで午前中の仕事はなんとかなった。
立ち仕事なので、ときどき腰の下あたりがドンドン突いたように痛む。
でも、これはなんとか耐えられるレベルであった。

午後1時に休憩だが、このちょっと前にクスリが切れた。
とたんに鈍痛が広がってくる。初日のような激痛ではないけれど、
なんだかしつこいくらいに体に纏わりつき、じわじわと痛みが来るのだ。
タイミングがズレてしまった格好になり、30分ほど格闘することに。
飲んでしばらくしていたら、少しずつ痛みが消えてきた。

そして、夕方。早番なので、6時に切れるだろうと思っていた。
この予想はほぼ的中したのだが、仕事中ということもあり、時間をすっかり
忘れてしまっていた。痛みに気付いたときは、もう遅かったのだ。
タイムカードを切って、ロッカーのある場所まで歩きしばらく悶絶。
どうもロキソニンの飲み過ぎなのか、空腹時に胃が痛むことがある。
さすがにこれは危険すぎるので、軽く食べ物を口に入れてから飲み干した。
帰りの電車でようやく痛みが引いたのだが、毎日こんな綱渡り生活である。

この文章を書ける程度には回復したが、背中がやや重い。
あと何日、こんなことを繰り返すのだろう。
その前に、胃を悪くしそうだ。

来月の下旬のツアーが催行決定になったのだが、このままではアウトだと思う。
by keiji_takayama | 2013-04-25 21:06

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama