風は天敵

休日だったので、多摩動物公園に出掛けてきた。カメラは前回と同じくE-P1だ。
しかし。調子に乗るとロクなことにならない、という見本のような結果になった。

到着したのは午前11時半頃だったと思う。遠足の子供達などで 、園内はそこそこ
賑わっていた。早速、カットを稼ごうと撮影を開始したのだが、タイミングが全く
合わないのである。いいシーンを逃したり、瞬間に構図がズレていたり。なんとも
情けないことになってしまった。原因はすぐに、風と判明した。けっこうな強風が
吹き荒れていたのである。望遠の長いレンズは、この影響を受けやすい。長いので
風に当たると揺れてしまうのである。一眼レフの場合はファインダーに頭を付けて
撮影するため、自然とバランスが保たれる。ある程度の風なら問題はないのだが、
ミラーレスの場合はこれがないため、とても不安定になってしまうのだ。結局は、
強風のために余計な気を使うことになった。イマイチ集中することもできなくて、
どことなく消化不良のまま、時間だけが流れていった。万歩計は9千を超えたが。

種類や質より数が欲しかったので、アジア園中心に回ってみた。ところが、陽気の
影響もあって、動物の動きも芳しくなかった。チャンスもなかなか訪れないのだ。
ウロウロ歩いてちょこちょこカメラを向けることの繰り返し。思っていたよりも、
成果が上がらなくて残念だった。いっそ雨でも降ってくれたら状況が変わるかも、
なんてことを思ったりしたけど。雨は夜になって、ようやく降り始めたのである。
風は天敵_b0016600_21251.jpg

AB− (E-P1/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2013-03-01 21:03 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama