形見のKM

親戚の形見分けをしたらカメラが出てきた、という連絡を受けた。身内では写真を
趣味にしているのは1人だけなので、どうやらもらえたらしい。確認してみると、
3台あった。ポラロイドとコニカのフィルムコンパクトは、仕事という側面からは
決して見てはいけないものである。楽しむならいいのではないか、というものだ。

そして最後、見慣れたケースを手渡された。一目見て一眼レフだと解る。おそらく
ペンタックスSPあたりだろうと思っていたが、開けてみたら意外にもKMだった。
デジタル一眼レフにはK-xとK-mがあるけど、同じ名前のフィルムカメラがある。
1975年、ペンタックスはそれまでのねじ込み式マウントから、Kマウントと称した
新しい接続方式を採用した一眼レフを3機種発売した 。そのうちの2つがKXとKM
なのである。KXのほうが上級の位置付け。ファインダーは追針式で、絞り直読可能な
窓が標準装備されていた。これに対して、KMのほうはSPFとほぼ同じ仕様だった。
定点合致式のファインダーである。レンズキャップを外すと露出計スイッチが入る、
という点も同じだ。余計な機能がなく頑丈なカメラであり、そこそこ人気もあった。

で、取り出してみると。ボディはなかなかキレイだった。活躍の場がそれほど多くは
与えられなかったのだろう。シャッターは切れる。しかし、幕はかなり傷んでいた。
ファインダーには大きな横線状のシミがあり、ピント合わせには支障がありそうだ。
スローで切ってみると、明らかに速い。残念だが、完全なジャンクだった。それでは
レンズのほうはどうだろう。55mmf1.8が付いていた。でも、一目でわかるカビが。
レンズ全体を覆っているので、こちらもダメだ。ソフトフォーカスレンズして使えば
なんとかなるかな、というレベル。それでも、他の機材と一緒に保管しておくことは
かなり難しそうだ。再生させるかちょっと迷うところだが、かなり金がかかりそう。

よく「家から出て来た」という名目で持ち込まれる機材は、残念だがそのほとんどが
ジャンクになってしまう。放置されていることが原因だ。せめて定期的に動かせば、
助かることも多い。ましてやアダプターを使って復活させることもできる。もう一度
放置されている機材を見直してみてはいかがだろう。意外な貴重品が見つかるかも。
形見のKM_b0016600_23274910.jpg

AB− (7D/ズイコーマクロ90mmf2)
by keiji_takayama | 2012-08-18 23:28 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama