赤城自然園と吹割の滝

日付が変わって昨日になりましたが、8月のツアー第2段として、群馬県内にある
赤城自然園と吹割の滝に行ってきました。今回もバス車内は1人で2席利用です。
ゆったりくつろげるし荷物も置けるしで、最近人気を集めています。おかげさまで
満員となりました。添乗員さんの席がなくなってしまい、少し気の毒でしたが(笑)

横浜天理ビル前のバス乗り場を7時に出発。途中のPAで詰め込まれた舞茸弁当を、
急いで食べて撮影に備えます。まずは赤城自然園。赤字続きで一時は閉園したけど、
数年前に再開園しています。6月の台風で大きな被害に遭い、復旧工事が進められて
いますが、現在でも立ち入り禁止となっているところがいくつかありました。狙いの
レンゲショウマは見られたのですが、ちょっと傷んでいる花が多く、撮れはしたけど
いささか残念な状況でした。お客様からも、御嶽山のほうが撮りやすい ! という声が
複数ありました。それでも、テーマである丸いボケを取り入れた画面構成を作ろうと
皆さんファインダーに集中。寝っ転がって撮影している、気合いの入ったお客様も。
被写体が小さな花なのでマクロレンズが大活躍でした。暑いけど、皆さん熱かった。

その後バスに戻り、1時間ほど走って吹割の滝へ。ここでも2時間ほど時間を取り、
滝の風景を撮影。観光客が予想以上に多かったので、歩くのに注意しながらの行程。
推奨コースも用意してはいましたが、時間の大半を吹割の滝周辺で過ごしたために、
観瀑台のある遊歩道には行けませんでした。お客様に声を掛けて回れたので、最後に
鱒飛の滝に移動。人の顔のような岩を見つけてちょっと驚いたりして過ごしました。

帰りは途中まではスムーズでしたが、途中で大きな渋滞が発生しているとのことで、
ドライバーさんと添乗員さんの的確な判断により迂回し、大きな遅れもなく横浜着。
前回の明野村に続きとても暑い1日でしたが、なんとか無事終了して一安心でした。

そして次回はいよいよ、去年に続いての担当となる帆引き船です。これは楽しみだ。
赤城自然園と吹割の滝_b0016600_034187.jpg

AB (7D/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2012-08-17 00:35 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama