2台持ち

ツアーには必ずカメラを2台持って行く。何が起きるか全く予想できないからだ。
もしも使えなくなってしまったら、それこそシャレにならないからである。ただ、
これまで2台目のカメラを緊急で使ったことはない。それはある意味平和である。
画角を変えるために2つのカメラを使うこともあるが、それはあくまで、故障など
するはずがないという信頼の賜物なのである。ところが、先日の富士見高原では、
まさかの事態が起きてしまった。現地に到着してカメラをセッティングし、さぁて
撮るかと思ったら。なんと40Dのコントロールダイヤルが壊れてしまった。なんの
前触れもなく突然に、である。ノッチが効かなくなってしまい 、むなしく空転する
ばかりであった。最悪の場合はどうにかできるのだが、ふだん使い慣れているし 、
最も信用しているモードが使えなくなった。歩きながら 、なんとか修正を試みる。

すると、少し押し込んで回すと使えないことはない、ということが解った。これで
その日1日はなんとかなると思った。あとのことはツアーが終わってから考える。
歩きながらダイヤルをカチャカチャ回していた。しばらくして、撮影に夢中になり
ダイヤルのことなどすっかり忘れていた。で、絞りを変えようと動かしたところ、
なんのストレスもなく元に戻っていた。全く不思議なものだが、その後はこうした
トラブルが嘘のようであった。普段通り、快調に動いてくれたのだ。店で何度も、
デジタルカメラのトラブルを見てきているが、購入の程度を考えると奇跡のように
ノントラブルなのである。これまで不調で入院したことはただの一度もないのだ。

とはいえ、さすがに今回のケースは焦った。2台持ちはやはり必要だと実感した。
2台持ち_b0016600_7525215.jpg

AB− (7D/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2012-07-28 07:53 | 掛川花鳥園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama