でっかいやつがあらわれた

ひょんなことから預かることになった、でっかいレンズ。昔の仲間が所有していて
もう10年近く使わないで放置していたという。FD400mmf2.8Lだ。かなり昔に、
借りて使ったことがある。昭和60年の4月頃だったと思うが、とにかく重たくて
閉口した記憶がある。学校に持って行ったらちょっとした騒ぎになってしまって、
教室の一番後ろに三脚立てて置いといたら、休み時間中に隣の女子医大の寮を覗く
不届き者が続出した記憶がある。当時はペンタックスを使っていたので、ボディも
A-1を借りた。何度かタレント撮影に使ったのだが、ピント合わせが難しかった。
それでも キマるとなかなか鋭い描写を見せたものだ。その年の秋からはキヤノンを
いよいよ導入することになったが、相棒として選んだのはFD500mmf4.5Lであり、
長らく縁のないレンズだった。長い眠りから覚めた400mm。数々の激闘を物語る、
凹みやキズがあちこちについていた。さぁこれを使いこなせるのだろうか。いよいよ
明日から使用開始である。400mmがベストと考えているあの場所から。頑張ろう。
でっかいやつがあらわれた_b0016600_23204846.jpg

AB− (1D MarkⅡN/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2012-07-09 23:21 | かみね動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama