マキノン

ジャンク店に、聞き慣れないブランドのレンズが出てくることがある。平成から
写真を始めた人はほとんど知らないだろうが、昭和の頃には、レンズメーカーが
かなり多く存在していた。なかでもハニメックスやマキノン、テフノンなどは、
通販とか直販が販売の主流だったので、これを持っているということはおそらく
近所のカメラ店などで購入したと思われるのだ。そして、この頃はズーム人気が
どんどん盛り上がっていたために、単焦点よりもズームがもてはやされていた。

こんな背景があるので、こういうメーカーの単焦点が出てくるとビックリする。
いったいどんな理由でこれを買ったのか、がとても興味深いのだ。先日マキノン
28mmf2.8というレンズが出てきた。これは実に珍しい。マキノンはそれこそ、
カタログ通販がウリだったと記憶している。中学生の頃に請求したカタログは、
いらなくなって処分してしまった。これが実に悔やまれる。現在にしてみれば、
レンズのデザインもなかなか凝っていて面白い。オリンパスのPENあたりに装着
してみたら、けっこうマッチしそうだった。売れなければ購入しようと思って、
数日様子を見ていたら無事買われて行った。活躍の場ができて良かったと思う。
マキノン_b0016600_23133516.jpg

AB− (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-07-04 23:13 | かみね動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama