崩れるオークション伝説

ニコンを代表する望遠ズーム、AF-S VR ED 70-300mm f4.5-5.6G IF。新品だと
51,600円である。そこそこ手頃な価格と安定した写りなど、評価が高い1本だ。

これが中古になると新品同様品で31,500円 。新品との価格差は20,100円で、
中古の買い得感もそれなりに出てきている。では、これがヤフーオークションだと
どう推移しているだろう。そんなことを思ったので、ちょっと調べてみた。最近の
落札平均価格は38,137円。最低33,500円、最高40,500円だった。さらには
送料が加算されるので、実際の金額はもう少し高くなる。従来、オークションでは
中古カメラ店の買い取り価格と販売価格のだいたい中間くらいが相場だと言われて
いたのだが、カメラやレンズの種類によって、この図式がやや崩れているようだ。

安いということで人気を集めていたオークション。だが実際はそうでもないので、
まずは相場をよく確かめてみる必要がある。安く買うには、まず情報収集からだ。
崩れるオークション伝説_b0016600_20563362.jpg

AB (7D/EF600mmf4L+EF25)
by keiji_takayama | 2012-05-27 20:57 | 千葉市動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama