山中湖からのダイヤモンド富士

今年4回目のツアー「山中湖からのダイヤモンド富士」を担当しました。平塚発が
午前10時20分。いつもよりやや遅めのスタートです。本厚木でお客様を乗せて、
東名高速から富士山に向かいました。車窓から時々見える富士山が、次第に大きく
なってきます。うっすらと傘雲がかかり、少し陰ってはいるものの美しい姿を確認
することができました。道路はさほど混雑もなく、ほぼ予定通りに最初の撮影地、
忍野八海に到着。雪の量が少なく、残念ながら忍野からの富士は雪景色というには
ちよっと厳しい状態です。それでも、雪を被った富士山は絵になるもの。ご参加の
皆さんは真剣にファインダーを覗き、シャッターを切っていました。ここで2時間
取れたので、忍野八海を眺めつつ富士山と絡めたりして撮影タイム。その後は再び
バスに揺られ、山中湖交流プラザきららへ。山中湖は一部が凍っていて、いつもの
風景とは全く違った雰囲気になっています。逆さ富士も狙うことができ、寒さなど
なんのその。ここが最も盛り上がったように思います。そして最終地はここから約
10分ほど離れた旅館、撫岳荘前の湖畔からダイヤモンド富士を狙います。これまで
比較的順調に撮影できていましたが、予報通り雲が出てきて光芒が撮れず。ちょっと
残念な結果に終わりました。別の出発地からも同じ会社のツアーが来ていたために、
湖畔からは一時100人ほどが富士山を狙っていましたさすがに人気の被写体です。
これで行程はすべて終了。バスで高速を走り、本厚木→平塚と回って終了しました。

今回は初参加というお客様が想像していたよりも多く、たいへん有り難かったです。
少しずつですが、平塚のツアーが浸透してきたことを感じました。次回は花鳥園!!
山中湖からのダイヤモンド富士_b0016600_2238527.jpg

(40D/EF300mmf4L)
by keiji_takayama | 2012-02-21 22:38 | 大森山動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama