低下

動画サイトなどでミュージックビデオを見ることがある。最近の傾向、が理由だと
思っていたのだが、出演している人数が多かったりすると誰がどの場所でどういう
ことをしているか、を認識するのが一苦労なのだ。場面切り替えがとにかく多い、
というのも理由だろうが、目で追うことがとにかく困難になった。数回繰り返して
見てもなかなか理解できないのだ。それだけ動きが速い、つまり動体視力が大幅に
落ちたことの裏返しである。これを知って、さすがに衰えを感じた。そういえば、
以前は新幹線とか特急電車で駅を通過する際、駅名板をきっちり目で捉える練習を
行っていた。子供の頃に読んだ「ドカベン」という漫画にそういう場面があって、
キャッチャーがその方法で動体視力を養っていた。当時は何の気なしに真似をして
面白いので続けていた。いつしかそういうことを全くしなくなり、たまたま機会が
あったので試してみたら、全く追えなくなっていることに気付き愕然としたのだ。

動体視力の良し悪しは、動きモノや一瞬を捉える撮影に大きな影響がある。これと
条件反射力を徹底的に磨けば、機材以上の武器となるであろう。タレントの写真を
撮っていた頃、知らないうちにこれが磨かれてきた。ところが 、さすがに20年も
経過すれば錆も出てくるのだろう。現役復帰の話が来たことがあるのだが、これは
さすがに恥をかくことになる。むやみにカムバックしてもロクなことにならない。

そろそろ載せる写真が本気でなくなってきました。別館予定のカットもこちらで。
低下_b0016600_23142160.jpg

B (40D/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2012-01-26 23:13 | 市川市動植物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama