1万円のフラッグシップ

かつてAFカメラの頂点に立っていた、キヤノンEOS-1HSとEOS-1NHS。いずれも
新品当時の定価は20万円以上していた 。時が経って 、これは当たり前の話だが、
もう中古価格は底値のレベルにまで落ちている。それぞれ並品程度の相場は1HSが
10,500円、1NHSは11,550円だ。フィルムとはいえ連写速度はかなりのもの。
しっかりした作りやファインダー情報の豊富さなど、今でも十分通用する高性能を
持っていると思う。むしろ、やたらと測距点が多いカメラよりよほど使いやすい。
「古い」というだけで目を向けないのは、ちょっともったいない存在なのである。

ちなみに、このカメラは両方とも所有していた。初めてEOS-1HSを使用したら、
背面ダイヤルの便利さに心底驚いたものだ。AFは正確だし 、これまで築いてきた
技術がいとも簡単に負けてしまう、そう感じたのだ。実際それはたいへんな勢いで
当時撮っていた写真ジャンルの中に食いこんできた。結婚披露宴の撮影をバイトで
行っていたときも、このカメラを使っていたほどだ。動物園撮影でも、この2台が
活躍していた。それが1万円そこそこで並んでいると、使わないとは思うけれど、
持っていようかなという気持ちになる。こうしたデカく重いカメラが好きなのだ。

とここまで書くともう1つ、忘れてはならないのがニコンF4だろう。こちらは、
中古相場がまだ高めである。同じ並品でも23,100円もする 。新品同様になると
42,000円に跳ね上がるのだ。ニコンのほうがブランドイメージは強いのである。
フィルムで撮ることが皆無になったが、再び使うならこの3台のどれかにしよう。

さて、写真はいつ以来になるだろう。直感的な評価がAだった。少し時間を置いて
またチェックしてみたけど、これは揺るがない。そうそう同じカットは撮れない、
これが理由である。今年という言い方に変えても、たぶんベスト3に入ると思う。
1万円のフラッグシップ_b0016600_1183167.jpg

A (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-12-10 01:20 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama