雪を食べる

四不像(シフゾウ)です。ひづめはウシに、頭はウマに、角はシカに、
体はロバに似ているが、それらのどの動物でもないということから、
この名前が付けられたそうです。写真からでは解りにくいですが。
通路に近いトナカイのところでは餌やりのイベントが行われていて、
たくさんのお客さんで賑わっていたのですが、シフゾウはその奥で
ひっそりと暮らしているため、あまり目立たず地味な存在です。
観察会でも近くまで行ける道があるにも関わらず、その先が通行止め
ということも災いしてか、訪れる人はあまりいませんでした。
通路から少し入ると近くまで行けるのですが、未開拓地になっていて、
積もった雪には一つも足跡がありません。ところが、ふと見てみると
雪を食べていたのです。これはいいシーンだと慌てて踏み込みました。
ズボンの裾は雪だらけになってしまいましたが、撮影できました。
このシーンを見た人は、他にはいなかったかもしれません。
b0016600_1151422.jpg

(EF100-400mmf4.5-5.6L)
Commented by ark-e-cafe at 2005-01-14 09:55
頭は馬、といっても、ちょっとワンちゃんみたいにも見えますね。
顔のほそなが~い犬、いるじゃないですか。
このシフゾウさん、喉が渇いていたのかしらね。
それとも雪が珍しかったのかな。
雪まみれになってレンズを覗いているkeijiさんの姿も見たいですよ!
Commented by ぴっぴ at 2005-01-14 11:26 x
優しい瞳をしたシフゾウさんですね。
繊細な雪の質感もよく出ていて良いなぁ。

私もたまたま雪を食べるシフゾウさんを撮ってきたのでトラバさせて頂きました。
フレーミングが超悪かったりするのですがその点はお見逃し下さい(^-^;;
Commented by chiro_4go at 2005-01-14 21:08
これが、シフゾウって言うんですね。珍しい動物って
なかなか見れる機会が少ないんで嬉しいです。
また、雪一色に変えた動物園って一度訪れて
見たいですねぇ。(羨ましいなぁ・・・Keijiさんが・・・)
Commented by あ~ゆ at 2005-01-14 22:11 x
シフゾウって、どうしてこんな姿なんでしょう~
人間の手が加わってるのですか??
不思議ですねぇ。。。
Commented by rio_cat at 2005-01-14 22:44
>このシーンを見た人は、他にはいなかったかもしれません
・・・・自分のためにしてくれたみたいな気になって嬉しいですよね(^^)
ひっそりと暮らしてるぶん、リラックスした表情なのでしょうか。
自然でいい雰囲気ですね~。
Commented by keiji_takayama at 2005-01-15 01:56
☆ark-e-cafeさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
頭は割と細いイメージがありますよね。このコは♀なのでなおさらです。
顔の細長い犬、名前何だったかな。確か足もスラリと長かったですよね。
シフゾウさん、仰るように喉が渇いていたみたいです。かなり長い時間
これを繰り返してたんですよ。ちらちらこっちを見ながら・・・ね。
隣のトナカイも撮影したんだけど、近付くと大きなコが寄ってくるので、
その後ろで雪を食べているシーンを撮るのに、思わぬ苦労をしました。
触らせてもらったら、ふかふかしていましたよ。ところで、雪まみれに
なっている姿なんて絶対に見ないほうがいいです。目の毒ですよ(笑)

Commented by keiji_takayama at 2005-01-15 02:02
☆ぴっぴさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
偶蹄目の動物って、総じて瞳に宿る光が優しいんですよね。
多摩の場合はゴールデンターキンやムフロンもそうです。
これ、パッと見つけて雪の中に飛び込んで撮影したので、
考える時間がなく、かなり適当にシャッター押しています。
しばらくこのままの姿勢で食べ続けてくれてたからいいものの、
すぐに戻ってしまったらどうしようかと思ってました。
このコも最初は遠くにいたのですが、トナカイのところで
カメラを構えたら近付いてきたんです。お客さんがあまり
来てくれないので、ちょっと寂しかったのかもしれませんね。
多摩でも雪を食べていたのですね。今年の撮り始めはちょっと
悔しかったですね。そのことも、大森山行きに繋がっています。

Commented by keiji_takayama at 2005-01-15 02:18
☆chiro_4goさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですよね、シフゾウは飼育している動物園が少ないので
関西にお住まいのchiro_4goさんは、見る機会もあまり多く
ないかもしれません。ネットやブログの普及により、こうした
各地の動物園の写真が見られるようになったのは大きいですよ。
どんな雰囲気のカットが撮れるか、どのくらい距離があるのかなど、
とても参考になります。でも、見てると行きたくなってししまうけど。
雪一色の動物園、是非一度は体験してほしいです。雪が降ったら、
まず目指すのは動物園ですよ。まだまだチャンスはあります。

Commented by keiji_takayama at 2005-01-15 02:23
☆あ〜ゆさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
動物の姿って、ホントに面白いですよね。環境に適応するために
様々な特徴を持つわけですが、たまに神様のいたずらとしか
思えないものもあったりするので、実に興味深いです。
シフゾウはすでに野生のものが絶滅しているそうですが、
何とか数を増やしてもらいたいものです。似ているようで
似ていない、というところが結構ツボなんですよ・・・。

Commented by keiji_takayama at 2005-01-15 02:27
☆rio_catさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
あっ、やっぱりそう思いますか?これは嬉しいんですよね。
コミュニケーションを取れたような気になってしまいます。
多摩動物公園からオスがやってきたのに、短い期間で亡くなって
しまったんです。それでちょっと寂しいのかもしれませんね。
向こうからやってきて、しばらく観察するようにずっとこちらを
眺めていて、そしてこのシーンを見せてくれたんですよ。
次回の観察会は、このトナカイとシフゾウともに要チェックです。

by keiji_takayama | 2005-01-14 01:16 | 大森山動物園 | Comments(10)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31