フィルムVSデジタル フォトコン編

何となく興味が湧いたので、写真雑誌の月例フォトコンテストで入選している写真、
これがフィルムとデジタルどちらのカメラを使っているのか、について調べてみた。
デジタルとフィルム双方の応募を認めていて、尚かつ歴史のある4誌が対象である。
アサヒカメラ、日本カメラ、CAPA、月刊カメラマンだ。このうちアサカメと日カメに
「スライド部門」が設けられている。これは当然 、入選作はフィルムカメラを使って
撮られた写真だ。加えて 、月カメにはデジタルフォトアート部門が設置されている。
この2つをどうしようかちょっと迷ったが、きちんとした調査ではないから不問だ。

アサヒカメラ  52-28
日本カメラ   57-44
CAPA      38-10
月刊カメラマン 27-12

対象は現在発売されている号だ。結果はすべてデジタルのほうが多かった。しかし、
フィルムカメラ健在をアピールするのには十分だと思った。まだまだ死んでいない。
理由があってデジタルで撮影しているが、前から言っているように、好きか嫌いかで
話をするならフィルム写真のほうが好みである。この結果はなかなか嬉しいものだ。
フィルムVSデジタル フォトコン編_b0016600_20441522.jpg

AB (1D MarkⅡN/EF400mmf2.8L+EF25)
by keiji_takayama | 2011-10-06 20:43 | 掛川花鳥園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30