高額フィルター

ケンコーが実に画期的なフィルターを売り出した。バリアブルNDXという。もともと
NDフィルターは減光のために使うのだが、これの量を自在に調整できる優れモノだ。
ガラスを4枚使用した前枠を回転させることにより、ND2.5〜450相当までの使用が
可能になるのだという。濃度の薄い状態で構図とピントを決定、そのまま前枠を回転
させることによって任意の濃度にセットする。静止画よりも動画撮影において、強い
効果が期待できそうなのだ。ただ、価格もかなり高価なのだ。77mmが46,200円、
82mmは54,600円もする。中古のレンズなら、同価格でそこそこいいのが買える。
比較するのはどうかと思うのだが、それを考えると躊躇するものがある 。とはいえ、
動画撮影を仕事にしているカメラマンにとってはそれこそ意味のある機材のようで、
この価格でもちゃんと売れているのだからすごい。77mmは欠品することもあった。

このフィルター、高いだけではなく一定の使用期間が設けられている、注意書きにも
記載されているのだが、フィルターに採用している偏光膜が熱や紫外線により劣化を
起こすため、7年をメドに買い替えるよう勧めている。高性能を発揮できる時間には
限りがあるということだ。さすが価格だけのことはあり、説明はとても丁寧だった。
このフィルターを実際に使うことはないと思うが、対価には見合っているのだろう。

写真はクロコンドル。なんとも特異な姿をしている。それでいて目元だけはギロリ。
高額フィルター_b0016600_134469.jpg

AB (7D/EF600mmf4L+EF25)
by keiji_takayama | 2011-09-19 01:03 | 天王寺動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama