CAPA30周年

学研から出版されているカメラ雑誌「CAPA」が創刊30周年を迎えた。この本には
月刊カメラマンとはまた違った、様々な思い出がある。創刊号の付録が欲しくて、
小遣いで2冊買った。スポーツファインダーという、今にして考えるとカッコ悪い
印象しかないものだけど、当時は写真関係の品物が1つ増えると嬉しかったのだ。
買い始めたのは中学3年の頃だったか。1981年12月号では、フォトコンテスト
小・中学生の部で1席を獲得した。組写真が1席になったのは、確かこれが初だ。
秋山庄太郎さんがコメントしてくれたし、とても名誉に思った。その後は編集部が
近所だったこともあり、ポートレートやネイチャーなど、CAPAとメーカー主催で
企画された撮影会に、軒並み当たって参加したことを思い出す。タレントを撮って
いた頃、当時の編集長の紹介によりNHKの「YOU」という番組に出たこともある。

割と熱心な読者だったと思う。もちろんそんな状態は平成に変わる頃終わったが。
それからはずっと見てすらいない状態が続いたが、動物園の写真を撮るようになり
フォトコンにも再び挑戦した。最近では完全に売る立場に変わったが、相変わらず
人気があることに変化はない。この30年で写真やカメラの取り巻く環境は大きく
変わったが、こういう情報誌はいつまでも続いてほしいものだ。月カメも頑張れ。
CAPA30周年_b0016600_141180.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-09-18 01:03 | 天王寺動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama