スタイル

多摩動物公園に出掛けてきました。久々にメインレンズである600/4Lを持ち出し、
7Dとのマッチングテストも兼ねた撮影です。1D MarkⅡNと100-400mmもあり、
機材は総計で10kgほど 。これを担ぎ園内を歩きました 。万歩計の数字は14,357。
さすがにこれは厳しいものがあり、もうヘトヘトです 。これでAFとMF両方のメイン
レンズでテストをしたわけですが、MFのほうが使いやすいように感じました。APSの
機種でありながら 、ピントの山が掴みやすい 。良いファインダーだと思っています。

平日ということもあり、園内はガラガラでした。遠足の団体も殆ど見かけず。テストも
兼ねていたので、アジア園での撮影が中心です。いつものように、このエリアは写真を
撮るお客さんが何人か集まっています。そこで不思議なシーンを目撃しました。熱心に
オオカミを観察している男性がいたのですが、時折カメラを構えてシャッターを切って
います。たぶん70-300クラスの望遠が装着されていました 。最初は特にどうという
こともなかったのだけど、そのうち妙なことを感じるようになります。カメラを構えて
シャッターを切る、という動作が完全に連続しているんですね。構えるのとほぼ同時の
タイミングで音がします。これはつまり、ピント合わせを一切行っていないわけです。
これで俄然興味を覚えたので、しばらく観察させていただきました。何度見ても同じ。
しばらく眺めて、もうこれは確信に近いものになりました。考えられることとしては、
ある一点にピントを合わせておき、そこに来たときにシャッターを切る。ただこれは、
立ち位置を変えてもやっていることが同じだったので違います。だとしたら、超高速で
ピント合わせの術を持っているのかもしれません。そうでなければ・・・まぁいいか。

機会があったら写真を見てみたい。ビックリするか、納得してしまうか、どっちかな。
スタイル_b0016600_10111497.jpg

AB+ (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-07-08 10:10 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama