使命

休日を終え、通勤がたいへんだろうと思っていたらその通りだった。JRの連絡口が
閉鎖されているというアナウンスを聞き、地下ホームから地上に上がりビックリ 。
そこには大行列が出来ていた。ただ、ゆっくりではあるが進んでいたので 、大した
遅れにはならないと判断、そのまま流れに任せることに。しかしJRの改札口を前に
混雑はなかなか緩和されなかった 。だが、ふと遠方を眺めてみたら、裏にある別の
改札口のほうは比較的スムーズだ 。そこで列を抜け、そちらのほうに進んでみた。
すると、何の苦もなく改札に辿り着き、そのまま改札に入ることができた。これは
とてもラッキーだった。すぐに電車もやってきてそのまま乗車。いつもギリギリに
出社するのに、なんといつもより10分早く着いた 。これはこれで素直に喜べない
話ではあるけど、大混雑のはずだった計画停電の影響は、殆ど受けなかったのだ。

ジャンク店では単3電池を20本500円で販売しているのだが、これが文字通り、
飛ぶように売れた。もともとは店内で売っていたのだが、入っているカゴごと外に
出したところ、通りかかったお客さんの注目を浴びた 。いつもは素通りするだけ、
と思われる客層が店内に入ってくる。電池を2つ3つと抱えていた。話を伺うと、
もう単3ですら、どこの店でも売り切れているという。とても喜んでもらえたが、
単1と単2のリクエストがとても多くて驚いた。もともと在庫していないために、
こちらのほうでは役に立てなかったのが残念。地域の小売店という立場に基づき、
こうした電池くらいはいざという時のために持っているべきではないか、と思う。
使命_b0016600_7114621.jpg

AB (1D MarkⅡN/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2011-03-15 07:10 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama