K-5とK-7

ペンタックスの新製品、K-5が好調だ。予約もそれなりに多かったので期待できる
展開だったが、それを裏切らずよく売れている。ボディ単体は他店でも品切れ状態
らしくて、電話での在庫問い合わせも多い。このカメラにはまだじっくりと触って
いないのだが、ちょっと持ってみた印象では、シャッター音がとても静かだという
点が際立っていたように思う。ピアノ発表会などでは威力を発揮しそうだ。そして
これに伴い、前モデルK-7とK-Xの中古が増加した 。カメラとして完成度は高く
特にこれといってケチをつけるところもない。ところが、デジカメの宿命でかなり
安くなってしまったのだ。そして、このタイミングを狙うユーザーもいる。K-7の
中古がなかなかの動きを見せ始めた。高性能が安く買えるのだから 、中古のほうが
買い得感を得られるというわけだ。現行モデルでは新品と中古の価格差がそれほど
大きくないこともあり、クルマと同じでモデルチェンジ直後の旧型は人気がある。

α55、33の発売で幕を開けたデジカメ2010年秋の陣。次はオリンパスE-5と
ニコンD7000である。この週末に体験イベントを行っているニコンは変わらず、
ユーザーの期待度がとても高い。小型と性能を高い水準で両立しているというのが
最大のウリである。D300SとD90の中間に位置するらしいので、クルマでいうと
アッパーミドルだ。こうしてみると、つくづくカメラとクルマは似ていると思う。
K-5とK-7_b0016600_2404191.jpg

AB− (1D MarkⅡN/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2010-10-17 02:39 | かみね動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama