判断

ほとんど目の前で、コツメカワウソが遊んでいた。寝転がっていたかと思いきや、
すぐに体勢を変えて動き始めるので、カメラで追うのも一苦労だ。手を伸ばせば、
届いてしまいそうな距離である。ここまで近いと、逆に撮りにくいのだ。レンズを
ズームに変えて、撮れるチャンスを探ってみる。かみねには複数回来ているので、
カワウソがこのようなシチュエーションであることは知っているのだが、あまりの
近さが逆に災いし、これまでマトモな写真が皆無に等しかった。穴場という表現を
前から使っているけど、それはカワウソにも当て嵌まる。関東の動物園を見ると、
カワウソを飼育しているところは比較的多い。上野、多摩、ズーラシア、千葉だ。
ところが、この4園とも写真を撮る条件が良いとはいえない。これが状況写真なら
どうにでもなるのだが、自身のテーマに基づいて考えると話にならないのである。

で、話を元に戻すと、何とか撮れないかと思ったわけだ。しばらく狙ってみたら、
余計な音が周囲にないと、考えている位置にやってくることがわかる。閉園間近、
人の姿は少なくなっていく。待てば大丈夫と判断。それは間違ってはいなかった。
判断_b0016600_10244429.jpg

AB (1D MarkⅡN/EF100-400mmf4.5-5.6L)
by keiji_takayama | 2010-10-13 10:23 | かみね動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama