編隊飛行

mixiのオフ会で、ズーラシアに出掛けてきました。参加者は7名。いつものような
大きな望遠を持っていくと完全に場違いです 。コンセプトはあくまで「お散歩」。
小さめのバッグに、300万画素(!)のカメラ 、そしてカビの生えた古いレンズを
3本入れて参加しました。いつもより当然視野が広いので、動物以外の風景などに
レンズを向けることもあり、とても新鮮。ピントリングを手で回し、シャッターを
切るという一連の動作が面白く、気付いたらいつもより撮影枚数が多かったです。

「動物園撮影」で使用するカメラだと、カードを入れてもたいてい100枚ほどしか
撮影できません。ところがなんと、今回は366枚でした。画素の低さを実感です。
もともと視力が弱いので視度調整レンズを入れていますが、うっかりしたことに、
これを別のカメラから移動するのを忘れてました。ということはつまり、やっぱり
ちゃんと見えていなかったようです。綿密にピントを合わせたつもりだったのに、
確認してみたら完全なピンボケというケースがいくつかありました。特に、広角の
無限遠域でこれが生じていたので、なんとなく納得はできたのだけど。持っている
機材を使いどれだけの表現ができるか、を考えるいい機会になりました。さすがに
苦しいと思うこともありましたが、またこういう軽装で動物園に出掛けてみよう。

写真はフンボルトペンギン。最初狙っていたのは真ん中のコでした。左右から別の
2羽がやってきたので、最適な位置になったところで一発勝負。編隊飛行みたい。
編隊飛行_b0016600_2204792.jpg

AB− (D30/Super-Takumar 28mmf3.5)
by keiji_takayama | 2010-07-24 21:59 | ズーラシア

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30