逆転相場

フジが出していたデジタル一眼レフ、FinePix S5PRO。ベースはニコンD200だから
もう2世代前のモデルになる。ところがここに来て、中古価格が上がっているのだ。
程度の良いものが店に並ぶと、89250円。良品で86100円である。元のモデル 、
D200はそれぞれ54600円、52500円なので、S5PROの相場はかなり強含みだ。

ちなみに、先代のD300は86100円、84000円。驚くことに、これも上回った。
理由は流通量の少なさと、根強い人気だと考える。フジといえば 、かなり早い段階で
デジタルカメラの製品を出していたメーカーだ。とはいえ、カメラブランドとしての
イメージでは、ニコンのほうがやはり上である。このあたりが、性能に対して実売が
あまり伸びなかったことに繋がるかもしれない。しかし、数が少なく需要が多ければ
当然相場は上がることになる。ただ、ここまで逆転現象が起きることは珍しいのだ。

ちなみに、この2世代前のモデル、S2PROを所有している 。あまり関係ないけど。
逆転相場_b0016600_040087.jpg

AB− (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-07-11 23:55 | 羽村市動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama