過去からの衝撃

中学同級生との再コンタクトがマイブームになっている。卒業以来だと28年振り。
懐かしい気持ちになるのは皆同じ、楽しかった思い出話で盛り上がるのだ。そして、
子供が地元の小学校や中学校に通っているケースも多く、先日行われた運動会では、
さしずめ同級会のような再会があったらしい。こういう話を聞くと、結婚していない
ことをちょっとだけ残念に思う。仲間内ではまだ何人か独身がいるので、救われる。

ふと思うことがあり、昔のネガを探してみた。中学時代写真部だったので、運動会や
学園祭の風景を撮影している。とはいっても、その時撮影した写真は殆どお蔵入り。
撮影した本人にすら見せていなかったのだ。箪笥の奥深く、無造作に入れられていた
ネガたち。30年近くの時間を経て、プリントされることになった 。カラーと白黒が
あるのだが、やはり年月の経過に伴う劣化には勝てず、かなり変色していた。だが、
写っていた写真はかなり衝撃的だった。技術的な話をすれば、露出は不足してるし、
構図にも何の工夫もない。ただ、がむしゃらに被写体を追っていたのを感じ取れた。
当時好きだった女の子を、見つからないようにこっそり撮ったものも。テニス部で、
放課後の練習風景だった。たった4回しかシャッターを押していないけど、カメラを
通してドキドキしていたんだろうなぁ、と直感的に感じることのできる写真だった。

機材は当時よりも飛躍的にレベルが上がり、憧れていた連写もできるようになった。
ところが、写真からこういうドキドキ感が得られない。ある意味大きな衝撃である。
この頃から現在に至るまでに、たくさんのものを失っている。それを気付かされた。
過去からの衝撃_b0016600_23572263.jpg

AB (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-05-31 23:57 | 羽村市動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30