撮りたい表情

ガウルである。ウシの仲間では世界最大級だが、ちょっと臆病な性格らしい。関東で
見られるのはここ金沢動物園だけなので、出掛けるときは最重要という位置付けだ。
でもそれだけが理由ではなく、このガウルが見せる不敵な目線を撮影したいという、
明確な目的もある。行くとたいていは横になって、つまらなそうにしているけれど。
何か興味を引くというか、ひょっとしたら警戒しているのかもしれないが、険しくて
イメージとは全く違う表情を見せてくれることがある。動物園のサイトに載っている
ちょっとのんびりしたような写真とは全く違うのだ。これを知ってから、行くたびに
狙うようになった。この顔以外は撮っても仕方ない、くらいの気持ちで挑んでいる。

いつもは2、3頭が出ているのだが、この日は一頭だけだった。遠くにいるときは、
ほぼ絶望的な状況だが、座っている位置は運良く撮りやすい場所、だと思っていた。
ところが。レンズを向けたら・・・僅か数mmではあるが、フレーミングが足りず。
バランスよく顔を画面に入れるつもりが、どうしても右端に案内板が入り込むのだ。
何をどうやっても回避は不可能。だが、ちょっと体の向きを変えてくれたら、きっと
なんとかなる、そう考えて待つことにした。すると、足音を立てて人がやってくると
そちらの方向に目線を向けることがあった。Gwだし人は多い。これなら大丈夫だと
判断して、あとはその瞬間が来たら確実に押さえる。ひょっとしたら「うるせぇな」
と思っていたのかもしれない。気付かれないようにガンを飛ばしているようだった。
撮りたい表情_b0016600_1410457.jpg

AB+ (1D MarkⅡ/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2010-05-15 14:11 | 金沢動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama