いよいよN

GWは終わったが、店は相変わらずの混雑であった。キヤノンの新品は人気が根強く、
下取りの影響もあって中古在庫も増えている。数が豊富になれば価格も下がってきて、
現行モデルである50Dもかなり安くなった。新品がキャッシュバックキャンペーンを
行っていることもあるが、5万円台で買えるようになったのは嬉しい。しかしながら、
これに輪をかけたのが1D MarkⅡNの値落ちだ。程度そのものは決して良くないが 、
7万円を切るものがちょこちょこ出始めたのだ。ちょうど1年ほど前、付属品なしで
購入した1D MarkⅡが42000円であった。もしこれを下取りに出して買い替えると
3万円ほどで手に入ることになる。これで大いに悩むことになった。購入してから、
ようやく使い勝手が解ってきたカメラを買い替えるのは、それなりに勇気が必要だ。

とはいえ、1D MarkⅡNはかねてから所有したいカメラであった。最も好みだという
明確な理由があるからである。次のモデルは、画素が多すぎてあまり好きではない。
生み出す写真の雰囲気、空気感が作風にマッチしている。これに加えて、モニターの
大きさが適度に大きくなっているなど、使い勝手も良くなった。流通量が多くなった
今が買いのタイミングといえる。しばらくの間、余計なことを考えてしまいそうだ。
いよいよN_b0016600_1143925.jpg

AB (kissD X/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-05-08 01:14 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama