消えゆくもの

老朽化のため建て替えられるという歌舞伎座。昨年1月から 、「さよなら公演」が
行われてきたが、28日で千秋楽を迎えたそうだ。歌舞伎座といえば、クルマでよく
横を通ったくらいの思い出しかない。一度だけ、昭和61年だったと思うが大晦日、
テレビ東京の「年忘れにっぽんの歌」を見に行った記憶がある。光GENJIが出たので
たまたま写真を撮りに行ったというほうが正解なので、中がどんな雰囲気だったか、
まるで覚えていないのだ。なんだかもったいない話である。ネットニュースで昨日の
様子を撮影した写真を見たが、たくさんのお客さんが詰めかけ名残惜しそうだった。

そして、驚いたのが赤坂プリンスホテルの閉館である。宿泊したことはないが、前の
仕事の関係でちょくちょく行っていた。新車の発表会が行われることがあったので、
宴会場に入ったことが何度かあるのだ。このケースも老朽化という言葉が出ていた。
昭和の頃に人気があり、憧れのスポットだった場所や建物は、こうして減っていく。

直接関係ない話だが、動物園はほぼすべてが昭和の建造物だ。あちこちで改装計画が
持ち上がり、工事が進んでいるのも無理はない。しかし、残してほしい風景もある。
日本平動物園の新しい猛獣舎が人気を集めているそうだ。近くて見やすくなったから
当たり前だろうと思う。ただし、かつてのような写真はもう撮れないだろう。残念。
消えゆくもの_b0016600_10113927.jpg

AB (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-04-29 10:12 | 東武動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama