知名度

撮影会をやったりmixiのオフ会に参加したり。カメラ店に勤める身としてはかなり
様々な層のユーザーと接していると思う。ときたま店の話をするのだが 、知名度が
ハッキリと分かれていて興味深いのだ。撮影経験が長い年配の皆さんには圧倒的に
知られている。カメラ雑誌によく広告を載せていることも理由だろう。知っている
というだけでなく、利用してくださっているケースも多々あり、有り難いことだ。
ところが、である。これが若年層になると完全に逆。「知らないです」と言われる
ことも1度や2度ではなく、ちょっと驚いた。今でこそ割と有名な店だと思われて
いるようだが、これに胡座をかいていると、とんでもないことになりそうである。

一方、ウチとよく比較される某店の話。ここは近年店を改装して、とてもキレイで
ちょっとゴージャスな雰囲気になった。フィルムカメラに力を注いでいるようで、
ディスプレイにはスタッフが撮影した作例写真も使われているそうだ。ここの場合
ウチとは知名度が逆である。近くに量販店もあるから、そのついでに寄る、という
こともきっとあるだろう。近くに中古店もいくつかあるし、何軒か回って探せる、
というのはやはり店を知る意味でも大きいのだと思う。スルーできない話である。
知名度_b0016600_2350146.jpg

AB (D3/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2010-02-23 23:50 | 掛川花鳥園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama