覆面レスラー

上野西園で鳥を撮るのが久々なので、いろいろ見て回った。カンムリサケビドリは
元気にしているかなと思って寄ってみたら、相変わらずのんびりムード。さっそく
カメラを覗いてみたけど、すぐに目を外してしまった。話にならなかったからだ。

晴天だったので、当然檻に光が反射する。バックに選んだ場所はボケているのだが
そこに反射した檻が写り込んでいた。動きながら微調整するも、状況は変わらず。
さてどうしたものかと考えて、1つだけ問題をクリアーする場所があるのを発見。
それは、掲示されている案内ボードの隙間だった。僅かだが抜ける位置があって、
レンズを向けると背景の写り込みがなくなるではないか!でも、ちょっとズレると
とたんに今度は看板が画面に入ってしまう。ギリギリの攻防だった。場所が決まり
あとはモデルが上を向いてくれるのを待つだけ。で、こうなりました。ちょうど、
日差しが入り込んだタイミング。ちょっとハイキーな雰囲気になりました。これを
見ていると、覆面を被ったレスラーをイメージします。スポッと取れそう・・・。
覆面レスラー_b0016600_226562.jpg

AB (kissD X/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2009-10-18 02:27 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama