問題点

メインカメラを30Dから1DMARKⅡに変えて2カ月が経過した。10回ほど使って、
様々な問題点が出てきている。メモリーカードの話は以前ここに書いたが 、それより
遙かに深刻なことが発生。ボツの量が飛躍的に増えたのだ。これまでの自己基準では
あり得なかったミスショットがかなり多く、唖然とすることがしばしばである。なぜ
こんなことになっているのか不思議でたまらなくて、撮影回数を重ねるごとに注意を
行っていたのだが、それでも改善されない。とはいえ、キマったときの絵にはかなり
満足しているので、この問題を完全にクリアーする必要に迫られているのだ。そんな
状況のなか、新型の7Dを触っていてその理由と思われることが判明した 。カメラの
基本性能にあたる部分が原因なので、これはなんとかして癖を掴むしかなさそうだ。
撮影スタイルを客観的かつ総合的に考えると、やはりAPS機種が合っているらしい。

なんだか楽しそうな表情をしているけれど・・・。耳がちょんまげに見えてしまう。
問題点_b0016600_0422873.jpg

AB+ (1D MarkⅡ/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2009-10-10 00:43 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama