撮影マナー

とある掲示板で話題になっているのだが、子供と遊んでいて勝手に写真を撮られた、
ことについて問題提起がなされている。許可を取ってからにしてほしい、というのが
大筋だ。これにたくさんの意見が書き込まれていて、嫌ならなぜその場で注意もせず
放置したのか、といったことや、もともと人を撮るときは声を掛けているなど、実に
参考になった。ここ数年人物は全く撮っていないので、こうしたトラブルになるのは
おそらく皆無だと思うけど、撮影会でお客様が撮ってしまう可能性があるので、今後
こうした点も話の内容に組み込んでいこうと考えた。勝手に撮るのはマナー違反だし
知らない相手からレンズを向けられるというのは、どう考えても気分の良いものでは
ないと思っている。カメラマン側が気を使って然るべきであろう。そこまでは解る。

ところが、ある書き込みを見てちょっと驚いた。同じ経験をしたという女性の投稿。
撮られてしまったがその場で対応できず、あとで探してネット上で見つけたという。
ここからが凄いのだが、弁護士を使ってその人が働いている会社に連絡を入れたのち
謝罪させたそうだ。で、会社でネットをやっていたのがバレてしまい、撮影者は退職
せざるを得なくなったという。写真を撮って人生も暗転してしまったわけだ。加えて
この女性のお子さんたちは、学生のグループにも撮られたことがある。すぐやめさせ
デジカメはその場で画像を削除させた。フィルムカメラで撮っていたのが2人いて、
フィルムを出してと要求。学生さんは「大切な作品が入っているから」と懇願したが
埒が明かないと判断、弁護士を呼んだそうだ。それで学校に連絡したらしい。結局、
謝罪してフィルムはその場で出したそうだ。写真を撮っている学生には、とても酷な
ことだったろう。現像して子供の写っているカットだけ処分する、という方法も選択
できたのではないか、などと考えてしまった。そういうことを誇らしげに書き込む、
というのもどうかと思うが、迂闊に人を撮ると痛い目に遭う社会になったのだな、と
実感するケースだった。弁護士がきちんと仕事をしているのは、ひょっとしたらこの
子供さんはどこかの芸能事務所と契約でもしているのかもしれない。撮る前に一言、
このほうが無難である。ちなみに余計な話だが、この女性が書き込んだ内容に対し、
同じ女性が猛烈に怒っている。それは「所詮子供のいない人にはわからない」という
一節である。確かに、これは反発を招くだろう。ちょっと論点がズレてきているが。
撮影マナー_b0016600_8171156.jpg

AB (1D MarkⅡ/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2009-09-13 08:17 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama