315円

アウトレット品で一番数が多いのは、フィルムコンパクトカメラです。80〜90年代に
かけて大量に生産されました。一眼レフよりも手軽だし、しかも値段が安かったから、
一家に一台は確実にあったはず。これが、デジタルカメラの浸透により、追い出される
ことになりました。デジタルに写真の中心が変わって、最もとばっちりを受けている、
と言っても過言ではないでしょう。販売価格は、一部の例外を除くと一律315円です。

買い取り価格もほぼ決まっていて、手放すお客様の犠牲を伴っている感はありますが、
それでもなかなかスムーズには売れないのが実情です。でも、一律ということはつまり
きちんと動くどころか新品に近い品も、その値段で出しているということになります。
実際に値段を付けていて、これはというものがあったりします。ただし、品物はすべて
コンテナにそのまま放り込まれているので、探さなければいけないけどね(笑)これらの
コンパクトカメラはズームレンズが主流なのですが、なかには35mmや28mmなど、
広角系の単焦点レンズを採用しているモデルがあります。フィルムが良くなったいま、
これらを使うとかなり良い描写をするはずです。よく出てくる、リコーオートハーフや
オリンパスペン、キヤノンデミといったハーフカメラも面白そう。きちんとした確認は
総じて必要になるけど、得られる楽しさ、面白さはプライスレス(笑)一台どうですか?

写真は大森山の仔トラです。堂々としてますね〜。雨が似合うシチュエーションです。
315円_b0016600_0405118.jpg

AB (30D/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2009-06-05 00:41 | 大森山動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama