見切り販売

昨日の新聞から。以前、販売期限切れになってしまう弁当などを値引きして販売した
加盟店に対し、コンビニのフランチャイズ本部が圧力をかけていたとして、独禁法を
違反しているのではないかとの調査が入った。これは現在でも継続しているようだ。
この売れ残り廃棄問題はかなり前から言われていたことだが、売れ残って廃棄すると
そのまま店の負担となってしまう。当然損をするわけで、ゴミ処理代も含めた場合、
その額はバカにならないものがある。もうかなり前だが、ミニストップとローソンで
ともに3年以上アルバイトをしていた。勤務時間は20時または21時〜24時まで 。

当時、この24時で販売期限切れになる弁当やデザートなどがあり、それを売場から
撤去するのがだいたい15分から20分くらい前であった。少ないときならいいけど、
たまに45リッターのゴミ袋いっぱいになることがある。廃棄する商品の登録をして
そのままゴミ袋に投げるのだが、これがコンビニ仕事のなかでいちばん嫌いだった。

食べ物を捨てる、ということに大きな抵抗があったのが理由だ。従業員だからという
こともあるが、当時働いていた店では半額でこれを買うことができた。ただし、店頭
には全く並んでいない状況なので、ある意味従業員特権だろう。これだけでもかなり
廃棄の弁当が減った。とはいえ、ゴミ袋に入れて捨てるのがルール。その通りにして
店外に置かれたBOXに入れておくと、当たり前だが持って行かれてしまう 。それは
ある意味痛快な話ではあるから、鍵をわざとかけずに放置したこともあったほどだ。

で結論。コンビニをよく利用する側としては、この「見切り販売」は大歓迎したい。
少しでも安くなるのなら、買って帰りたいと思う。外食中心の身には有り難い話だ。
見切り販売_b0016600_146937.jpg

AB− (30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2009-05-07 01:46 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama