査定ミス

前に書いたかもしれないが、店頭でお客様から買い取った品物が再びウィンドウに
並ぶまでには、専門スタッフのチェックが入る。動作の確認など、機能的な点検を
ダブルチェックしていることに加え、査定が適正に行われているか評価を受ける。
状態に対する評価が基準と異なる場合は、指導が入るのだ。で、昨日の話になるが
数日前の査定票が戻ってきた。どうやら評価が低かったらしく、お客様に追金する
ことになった。さほど厳しくしているつもりもなかったのだが、キズとかスレだと
判断したものが不問という結果になると、こういうことが起きる。前に一度、直接
「評価の基準をもう少し下げるように」と指導されたことがあった。それ以後は、
気をつけていたこともあってこうしたケースがなかったのだが、どうも以前の悪い
癖が再び出てきたようだ。気を引き締めないと。「中古カメラ相場を決めている」
などと言われることがある店なので、こうした適正な評価に修正する業務姿勢は、
会社として好きなところだ。商品の状態をきちんと評価する、は古物取引業として
最も当たり前のことだと考えるから。楽しいけれど難しい、のが査定業務なのだ。
査定ミス_b0016600_995336.jpg

AB (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2009-05-06 09:10 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama