ヘタクソ

しばらくマトモに写真を撮っていなかった影響だろう。

年末年始に撮ったフィルムを現像したのだが、惨敗だった。
というよりも、あまりの下手さに笑うしかない状態である。
まぁ、上手に撮ろうなどとは全く考えていなかったけれど。
カメラとレンズを操作して撮る、それだけで十分に楽しめた。
使ったのはニコンFフォトミックFTN。レンズは50mmと24mm。
実はこれ、生まれ年に発売されたカメラだ。
といっても、メーターは壊れている。露出はすべて勘だった。
こんな感じなので、何か撮れていたらそれでもう満足できる。

しかし、人に見せられるものではないなぁ。
今年はこんなことが何度も繰り返されそうだ。それもまた面白い。
b0016600_1939014.jpg

(OM-D E-M1/EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
# by keiji_takayama | 2019-01-16 19:40 | 東武動物公園 | Comments(0)

今年は福井

去年、年末年始を観光ツアーで過ごしました。
これがとても良かったので、今年も同様に東京を脱出することに。
延々とバスに乗って、31日は東尋坊、1日は兼六園を見てきました。
白川郷もそうでしたが、今回も観光地は外国人だらけで大賑わいです。
当然写真を撮る人も多いのですが、驚いたことに8割くらいがスマホです。
かつて見たような観光地の風景ではありません。

年越しは永平寺で。
初めて訪れたのですが、たくさんの参拝客が並び、横で除夜の鐘が鳴り響きます。
これはいつもの癖というか職業柄なのか、年配のお客さんをサポートしながら一緒に
回っていまして、別に協力してくれた女性と3人でゆっくり歩いて回ることに。
女性2人に囲まれての年越しでした。これはなかなか幸先の良いスタートかも(笑)

そんなこんなで無事に帰ってきました。バス旅もいいものです。
b0016600_23451496.jpg

(OM-D E-M1/EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
# by keiji_takayama | 2019-01-01 23:45 | 東武動物公園 | Comments(0)

動物園撮り納め

諸般の事情により、すっかり動物園に行かなくなりました。
しかし、やっぱりこれだけは外せませんね。撮り納めです。
そんなわけで、東武動物公園に行ってきました。
動物園で写真を撮るのは8月以来です。
ついでというわけでもないですが、マイクロフォーサーズ用に
発売されているAFアダプターが、戦力となるかどうかのテストも
同時に行いました。結論を先に言ってしまうと、かなり厳しいです。

どうもこのアダプターは内面反射が強いようで、いつものように
露出補正をかけても、9割近くのカットがオーバーになりました。
慣れてくると、どんな状況でそうなるのか、がなんとなく解りますが。
加えて、これは予想していましたが、ピント位置の修正を頻繁に行う
撮影では、駆動のロスがあまりにも大きくタイミングを逸します。
まぁそれがわかっただけでも収穫ではありました。

でも、天気もよく、久々にカメラを持って動物園を歩けてよかった。
来年も、こうした機会を持てるよう時間を作りたいとは思います。
b0016600_2274955.jpg

(OM-D E-M1/EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
# by keiji_takayama | 2018-12-30 22:08 | 東武動物公園 | Comments(0)

近況

随分と間が空いてしまいました。
これまでずっと、なんだかんだと毎日更新してきましたが、
その必要がなくなり、正直な話、とても楽になったのです。
そういう状況になってみると、楽な方を選んでしまうわけです。
ブログのことがすっかり頭から抜け落ちる日々が続いています。

最近は相変わらず「乗り鉄」が趣味になっておりまして、
今月は愛知県や大阪府の鉄道に乗ってきました。
地方のローカル線の風景や雰囲気がとても好きなのですが、
関西の私鉄がとても元気でして、これは全線走破したいと思います。
車両もカラフルだし、駅や車内のアナウンスも東京都はまるで違う。

京阪の怒濤のような駅通過シーンはとてもカッコいいです。
南海のちょっと古めの特急車両は風情があり、好みでした。
そして近鉄。もうなくなってしまった、国鉄時代の在来線特急を
彷彿とさせるような印象で、車窓から流れる風景もとても魅力的でした。

さて、次はどこに行こうかな。

動物園や水族館のある駅も通りましたが、下車はしませんでした。
鳥羽水族館が鳥羽駅のすぐ近くにあるのはちょっと驚きでしたけど。
# by keiji_takayama | 2018-12-20 19:59 | Comments(0)
さて、いよいよ千秋楽結びの一番です。
彦内(十一歳/山古志)と、武雄力(八歳/山古志)の一戦です。

武雄力、本当の四股名みたいです。
それもそのはず、かつての幕内力士、武雄山と一字違いなんですね。
そんなことを思いました。しかし、武雄山は愛知県出身なんですけど。

さて、千秋楽の最後に相応しい、攻防のある闘いを見せてくれました。
このシーンでは、角が目に入ってしまうのではないかとさえ感じます。
充血した目を相手に向けて、すごい迫力でした。

こうして全取組が終了し、2018年の取組はすべて終わりました。
山古志では先日初雪も降りまして、長い冬がもう来ています。
闘牛は来年の5月から開催予定です。

そして、ここのブログも冬眠に入る。。。かもしれません。
b0016600_2222486.jpg

(5D MarkIII/タムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD)
# by keiji_takayama | 2018-12-01 22:22 | 山古志闘牛場 | Comments(0)
いよいよ取組は大詰め。

13組目は柿乃花ゴールド(十三歳/岩手)と龍皇(七歳/長岡)の対戦です。
そして、これまた残念ながら、どっちがどっちか不明です。
引きのカットがあるので、なんとなく判別はつくのですが。。。
毛の色が同じだと識別が全くわからなくなります。これも次の課題ですね。

写真を見てみると、右の牛が左の牛に頭をくっつけて攻撃をしています。
このシーンが何度か繰り返されていて、角が目の真ん前まで迫っていました。
これ、いったいどんな心境だったのでしょう。
余裕があるようにも見えるのですが、けっこうヒヤヒヤのシーンでした。
b0016600_23552142.jpg


他のカット
# by keiji_takayama | 2018-11-22 23:56 | 山古志闘牛場 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama