なまけてないよ!

まず、ホフマンナマケモノについての説明を見てみましょう。

ホンジュラスからブラジルにかけての中央アメリカの森林に生息。
木の葉や芽、果実などを主に食べています。動物園では野菜、パン、
りんごなどを与えています。泳ぐことはできますが、歩くのは苦手です。
1日に数十mしか移動せず、周囲に豊富にある植物を食べて暮らしています。
日中は4本の足で木の枝にぶら下がり、丸くなって眠っています。
木の上にいますが、排泄だけは地上でおこないます。

西園のナマケモノ舎にいると、特に若い女の子を中心に
「わー、なまけてるなまけてるゥ」などと言われています。
でも、ちょっと待って。彼らは怠けているのではありません。
歩くのが苦手なだけなんですよ。「怠けてる」だなんてひどいなぁ。

b0016600_1975537.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-04 19:06 | 上野動物園 | Comments(2)

夏の動物園

夏の動物園というと、動物達がバテているというイメージが強いです。
確かにライオンやトラなどはちょっと辛そうで、動きも総じて
鈍くなりがちなのですが、夏には夏の楽しみもありました。
上野動物園ではホッキョクグマやアジアゾウに氷(のなかに入ったエサ)
をプレゼントするイベントが催され、水中に氷を落として溶かしながら
噛みついてゲットしたり、足で上手に踏みつぶしたりするシーンを
観察することができました。アシカやマレーバクなどもすいすいと
泳ぎを披露してくれます。夏の動物園も楽しかったですよ。

あなたの夏休みの思い出は?
b0016600_1527316.jpg
b0016600_15273989.jpg
b0016600_15275242.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-04 15:26 | 上野動物園 | Comments(2)
オランウータンはシャッターチャンスがいっぱいです。
b0016600_1316532.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-04 13:15 | 浜松市動物園 | Comments(6)

自然な雰囲気

東京の多摩動物公園は山の中の動物園という雰囲気があります。
広いので、一日に全部を回ろうとするとかなり歩くことになります。
でも園内を歩いていると、自然の中に足を踏み入れたような気持ちに。
たくさんの花や昆虫たちも生活しているので、
動物という観点以外からも楽しむことができます。
写真は文章とあまり関係ないけど、シマウマさん。
b0016600_1394049.jpg


多摩動物公園(東京)〜グレービーシマウマ〜
# by keiji_takayama | 2004-09-04 13:08 | 多摩動物公園 | Comments(2)

好条件

動物園の花形スターともいえるトラ。
静岡県には日本平と浜松、2つの動物園がありますが、
どちらもかなり良い条件で観察することができます。
広々とした運動場、比較的近い距離。そしてガラスなどの
障害物もありません。間近で迫力ある姿を見ることができます。

この個体はルーくん。平成4年10月25日生まれです。
ドイツのルール動物園からやってきたことが、名前の由来のようです。
一日に馬肉5kg、鶏頭20コを食べているそうです。
b0016600_1341951.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-04 13:02 | 浜松市動物園 | Comments(0)

麻袋

後から聞いた話です。

上野動物園のゴリラ舎に行くと、麻袋を被ったコに会えます。
この子はローラです。ちょっと臆病な性格らしいので、
「あんまり見ないで〜」という気持ちの表れと聞いたのですが、
どうにもフォトジェニックな表情を見せてくれるので、
お客さんにカメラを向けられてしまう・・・のだそうです。

b0016600_1114781.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-04 11:12 | 上野動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama