チャンスは10秒

上野動物園の開園時間は、午前9時半〜午後5時までです。
ところが、開園時間中にも関わらず、その姿を明るいところで
見ることができるのは10分だけという動物がいるのです。
それは・・・西園にいるツチブタです。
「ブタ」の名前を冠していますが、実際にはブタの仲間ではないそうです。
サハラ砂漠以南のアフリカに生息し、地中に穴を掘って生活しています。
主にシロアリを食べます。 ブタに似た体つきと、大きな耳が特徴的です。
歯は退化しており、中央に管がある円筒形の臼歯があるだけです。
この管から管歯目という名がついています。
夜行性のため日中は殆ど寝ているのですが、午後4時から食事を
外で行うので、それが唯一、表で姿を見られるチャンスです。
10分ほどばくばく食べてすぐに裏に戻ってしまうので、
全身姿を撮影するチャンスは、奥から出てきて餌を入れてあるケースに
向かう10秒間だけ。何度かチャレンジしてようやく撮れました。
b0016600_095346.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-15 00:08 | 上野動物園 | Comments(0)

やっと会えた!

どっこいしょ。

東山動物園や東武動物公園では写真を撮ったことがあるのですが、
何度も通っているはずの上野動物園で、一度もその姿を見たことが
ありませんでした。アメリカビーバーです。
それがこないだの日曜、歩いていたら三脚にカメラを載せた
御婦人がしきりに追っているのを発見。
もしかして・・・と思って寄ってみたところ、いました!
気持ちよさそうにスイスイ泳いでました。やっと会えたなぁ。
b0016600_1121231.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-14 11:19 | 上野動物園 | Comments(0)

キバがない!

んがぁ!

こちらは別の日に撮影した、ミユキの大あくび。
子育てに忙しかった頃、ちょっと落ち着くとこの通りでした。
で、正面から見てみると・・・キバが一本ないのですね。
このように、写真を撮っていて特徴を発見することが多いです。
b0016600_11115836.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-14 11:09 | 多摩動物公園 | Comments(0)

視線の先には・・・

ずっと一点を凝視しているヨーロッパオオカミです。
視線の先にあるものは、一体なんだったのでしょう。
実はこの時、小さな女の子がお菓子を食べていました。
ガサゴソガサゴソと、袋を手でかき回す音がしています。
オオカミはそれをじい〜っと眺めてました。
この視線を見ると、狙いを定めているようにも見えてしまいます。
b0016600_4142685.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-14 04:12 | 多摩動物公園 | Comments(8)

やべっ。

エゾヒグマの寝ているところをそーっと撮影していました。
絶対に気付かれていなかったはずなのに・・・。
2コマ目のシャッターを切ろうとした瞬間、パッと眼が開きました。
気を感じたのでしょうか。凄まじいオーラを感じたのです。
絶対に安全なはずの動物園なのに、思ったのは「ヤバい!」でした。
でもそれも一瞬のことで、また寝てしまったのだけど。
b0016600_2135353.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-14 02:12 | 上野動物園 | Comments(0)

長生きさん

1956年11月にセイロン(現スリランカ)から贈られました。
当初は上野動物園で飼育されていましたが、多摩動物公園の
開園に伴い移動しました。ここ数年は長寿表彰を受けています。
おしりを振ってダンスをしていることが多いのですが、
しばらくしていると突然ドスン!ドスン!と大きな音が
聞こえてくることがあります。空から餌が振ってくるのです。
するとアヌーラは悠然と近付き、満足そうに食べ始めるのです。
写真を撮影していた時に遠足の園児達が通りかかったのですが、
「すげー」「でけー」と盛り上がっていました。

b0016600_22375851.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-13 22:36 | 多摩動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama