笑う赤

動物好きの人の間では、レッサー(劣った)パンダではなく、
赤パンダと呼ぶ運動が起きていたりします。なるほど。
どこの動物園に行っても、とても人気の高い赤パンダさん。
愛嬌いっぱいの表情や、おしりをふりふり歩く姿が人気の秘密かな。
いろいろな動物園で姿を見ているけど、最も近い距離で観察できるのは
千葉の市川市動植物園だと思います。
そして、日本一可愛らしい個体は、いしかわ動物園にいます。
b0016600_2113568.jpg

# by keiji_takayama | 2004-08-29 02:09 | 多摩動物公園 | Comments(2)

笑うライオン

動物の写真を撮り始めた昨年初夏のこと。
上野動物園のライオン舎では次のような会話がよく聞かれました。
「あら、ここにいるのはメスばかりなのね。」
「やっぱりオスがいないとつまらないわ〜。」
これは間違い。オスはちゃんといたのですよ。まだ幼かったけど。
草を食べてちょっと笑ってしまうような、かわいい奴でした。
ちなみにここのライオンは、お母さんと子供3頭で生活しています。
お姉さんふたりに囲まれて、鍛え抜かれたモハンくん。
最近では堂々と寝そべっている姿も確認することができます。
b0016600_2075774.jpg

# by keiji_takayama | 2004-08-28 20:06 | 上野動物園 | Comments(2)

人気者

専用の施設で悠々と暮らすコアラさん。
寝ていることが多いのだけど、エサ交換をする13:30前後に行くと
起きているところに会えます。座りかたがとても上手いのです。
b0016600_17455251.jpg

# by keiji_takayama | 2004-08-28 17:44 | 多摩動物公園 | Comments(2)

雪の中の姉妹

時系列がメチャクチャですが、今年3月に撮影したカット。
この3日後に、ミュウは神戸へと旅立っていきました。
一度でいいから「雪の中の姉妹」のカットを撮りたいと思っていて、
ようやく実現しました。寒かったけど、とても元気だったなぁ。
b0016600_16401014.jpg

# by keiji_takayama | 2004-08-28 16:38 | 多摩動物公園 | Comments(2)

ユキヒョウ姉妹

そして同じ頃、ユキヒョウ舎は連日大賑わいになってました。
5月に誕生したユキヒョウの姉妹がたいへんな人気を集めていたのです。
お母さんの名前が「ミユキ」なのでマ行の名前をお客さんから募集し、
決まったのが「マイ」「ミュウ」でした。写真左がミュウ、右がマイです。
成長するに従って運動場も広いほうに移動になり、駆けたり転んだりと
楽しいシーンをたくさん見せてくれました。今年3月にミュウが神戸市の
王子動物園に移動になりましたが、それぞれ元気な姿を見せてくれています。
b0016600_1633388.jpg

# by keiji_takayama | 2004-08-28 16:31 | 多摩動物公園 | Comments(2)

若虎

昨年夏、多摩動物公園を大いに賑わせてくれた主役たち。
アムールトラの赤ちゃんは、阪神タイガースの快進撃にちなみ、
センイチと命名されました。その後10月に、大阪・天王寺動物園へ。
現在ではかなり大きくなり、立派な若虎に成長しています。
b0016600_1674927.jpg

# by keiji_takayama | 2004-08-28 16:06 | 多摩動物公園 | Comments(4)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama