ご機嫌斜め

体が金色をした美しいヤマネコ。上海の動物園から贈られたそうです。
ヒマラヤや中国南西部の森林に住み、小さな哺乳類や鳥を捕まえて食べます。
人間による森林伐採や山林開拓により生息地の減少したことに加え、
美しい金色の毛皮のためにその多くが殺され、絶滅が深刻な問題になっています。
ずっと寝ていて、夕方になってようやく起きたところを撮影したのですが、
かなりご機嫌斜めだったようです。それとも、餌と間違われたのかな。
b0016600_037322.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-05 00:35 | 天王寺動物園 | Comments(4)

体重測定

ゾウ、ニホンザル、ゴリラなどの運動場でよく見かける、
体重計代わりの休憩場所があります。
ここにうまいこと座ってくれると、その個体の体重が判明。
ところが、なかなかうまくいきません。
一年ちょっと動物園に通っていますが、まだこのカットだけです。
ちゃんと前を向いてくれました。いいこいいこ。
b0016600_19202462.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-04 19:18 | 上野動物園 | Comments(0)

なまけてないよ!

まず、ホフマンナマケモノについての説明を見てみましょう。

ホンジュラスからブラジルにかけての中央アメリカの森林に生息。
木の葉や芽、果実などを主に食べています。動物園では野菜、パン、
りんごなどを与えています。泳ぐことはできますが、歩くのは苦手です。
1日に数十mしか移動せず、周囲に豊富にある植物を食べて暮らしています。
日中は4本の足で木の枝にぶら下がり、丸くなって眠っています。
木の上にいますが、排泄だけは地上でおこないます。

西園のナマケモノ舎にいると、特に若い女の子を中心に
「わー、なまけてるなまけてるゥ」などと言われています。
でも、ちょっと待って。彼らは怠けているのではありません。
歩くのが苦手なだけなんですよ。「怠けてる」だなんてひどいなぁ。

b0016600_1975537.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-04 19:06 | 上野動物園 | Comments(2)

夏の動物園

夏の動物園というと、動物達がバテているというイメージが強いです。
確かにライオンやトラなどはちょっと辛そうで、動きも総じて
鈍くなりがちなのですが、夏には夏の楽しみもありました。
上野動物園ではホッキョクグマやアジアゾウに氷(のなかに入ったエサ)
をプレゼントするイベントが催され、水中に氷を落として溶かしながら
噛みついてゲットしたり、足で上手に踏みつぶしたりするシーンを
観察することができました。アシカやマレーバクなどもすいすいと
泳ぎを披露してくれます。夏の動物園も楽しかったですよ。

あなたの夏休みの思い出は?
b0016600_1527316.jpg
b0016600_15273989.jpg
b0016600_15275242.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-04 15:26 | 上野動物園 | Comments(2)
オランウータンはシャッターチャンスがいっぱいです。
b0016600_1316532.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-04 13:15 | 浜松市動物園 | Comments(6)

自然な雰囲気

東京の多摩動物公園は山の中の動物園という雰囲気があります。
広いので、一日に全部を回ろうとするとかなり歩くことになります。
でも園内を歩いていると、自然の中に足を踏み入れたような気持ちに。
たくさんの花や昆虫たちも生活しているので、
動物という観点以外からも楽しむことができます。
写真は文章とあまり関係ないけど、シマウマさん。
b0016600_1394049.jpg


多摩動物公園(東京)〜グレービーシマウマ〜
# by keiji_takayama | 2004-09-04 13:08 | 多摩動物公園 | Comments(2)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama