なぁに?

ブラジルに生息するゴールデンライオンタマリン。
全身が黄金色の絹状の毛で覆われているのが特徴で、
果物、種子、花、昆虫などを食べています。
生息数は野生下、飼育下合わせても1000頭前後と推定されており、
種の保存上極めて危険な状態にあるといえます。
国内では浜松市動物園だけで飼育、何度か繁殖にも成功しています。

これは赤ちゃん。カメラを向けたら「なあに?」
b0016600_1201295.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-03 01:18 | 浜松市動物園 | Comments(0)

つぶらな瞳

クロミミマーモセットの赤ちゃん。
昨年10月に誕生したとのこと、生後1カ月くらいのタイミングで
会うことができました。お母さんにおんぶされて移動中の際、
たまたまこちらを向いてくれたので、瞳をキャッチできました。

ブラジル中南部やサンパウロなどの熱帯多雨林に生息。
名前の由来は、顔は灰色、耳のまわりが黒い毛で覆われていること。
他のマーモセットと同様に果実や昆虫を主食にしています。
b0016600_23463658.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-02 23:44 | 浜松市動物園 | Comments(0)

あーっ・・・

遠くを眺めるチンパンジー。耳が心なしか大きく見えるんだけど・・・。
b0016600_222319.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-02 22:00 | 多摩動物公園 | Comments(0)

箱入り娘

こちらはマイ。多摩動物公園で元気に走り回ってます。
神戸へ独り立ちしたミュウが逞しく成長したのに比べ、
ずっとお母さんと一緒に過ごしているマイは、ちよっと甘えん坊。
狩りの練習をしたりしていますが、まだまだ母親にベッタリです。
さて、この二頭、見分け方があるんですよ。どこでしょう?
b0016600_20162781.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-02 20:14 | 多摩動物公園 | Comments(0)

どっちがどっち?

多摩動物公園のユキヒョウ姉妹、マイとミュウ。
どっちもほとんど同じ形をしているので、写真撮っている時は
どちらを撮っているのかわからなくなることもしばしば。
仕上がりをチェックする段階で「あー○○だったのかぁ」となる。
ちなみにこっちはミュウ。現在は神戸の王子動物園にいます。
b0016600_20111723.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-02 20:09 | 多摩動物公園 | Comments(0)

これまた閉園間際のサル舎にて。
さぁて帰ろうかなぁとドスドス歩いていたところ、奥のほうで
何やら一緒になっている親子を発見しました。
もう周囲もかなり暗く、露出も厳しいです。
しきりに甘える赤ちゃんと、それにキスで応えるお母さん。
愛情あふれるシーンに感動し、どんな形でもいいからこのシーンを
残したいとひたすらシャッターを切ってました。
960mm、1/30秒ではクリアーな写真が撮れるはずもないけれど、
様々な意味で印象深いカットになりました。
b0016600_14202068.jpg

# by keiji_takayama | 2004-09-02 14:14 | 日本平動物園 | Comments(2)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama