中古カメラ相場ガイド③

中古デジタルカメラの相場ガイド。第3弾はミラーレスです。

オリンパス
OM-D E-M5 ¥29,160 さすがに古くなったけど、まだまだ使えます。
OM-D E-M5MarkII ¥63,720 まだ高いイメージがあるのだが。。。
OM-D E-M1 ¥44,280 去年買った時は6万円台。買い得感が大きい。

パナソニック
GX7MarkII ¥49,680 E-M1の価格を見てしまうと、やや高い印象が。
GX8 ¥57,240 AFが早い。この価格なら納得できる。
GH4 ¥59,400 フラッグシップとしての魅力は大きい。安くなった。

ソニー
α7 ¥78,840 フルサイズであることを考えると、かなり割安な水準。
α7II ¥120,960 キャッシュバックキャンペーン中。新品のほうが安いかも。

フジフィルム
X-pro1 ¥46,440 X-T1との価格差に注目。5万円で買えるのは嬉しい。
X-T1 ¥61,560 E-M1との価格差が開いた。メーカー人気の影響か。

キヤノン
EOS M3 ¥30,240安くて高性能だが、どういうわけか盛り上がらない。

センサーの大きさが、そのまま価格の差に比例しているように感じる。
マイクロフォーサーズは新型が発売になると、旧型となるモデルが一気に
値下がりするようだ。それにしても 、E-M1の安さにはビックリである。

写真はモウコノウマ。載せるのはいつ以来かな。ひょっとしたら初かも。
載せられるカットができたのは大きな収穫だった。半逆光での撮影なので
虫が飛び回っているのも写り込んでしまう。入らないよう注意して撮影。
b0016600_8114030.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
# by keiji_takayama | 2017-02-09 08:12 | 多摩動物公園 | Comments(0)

中古カメラ相場ガイド②

中古デジタルカメラ相場の第2弾。
今回はソニー、ペンタックス、オリンパスの一眼レフです。

ソニー
α700 ¥24,840 さすがに古さは否めないけど、好みなので。
α900 ¥82,080 いい値段になりましたね。1度は使うべきカメラです。

α77 ¥41.040 かなり安くなってきました。十分通用する性能です。
α77II ¥86,400 なんと、α900とほぼ同水準。だとしたらやっぱり。。。
α99 ¥111,240 使ったことがあるけど、コントラストが強すぎる。

ペンタックス
K-1 ¥195,480 かなり話題になったけど、ちょっと静かになりました。
K-3II ¥71,280 価格と性能のバランスがちょうどいい。そんな感じ。
K-3 ¥47,520 キヤノンEOS7Dとほぼ同水準。悩みどころです。
K-5 ¥23,760 ついに2万円台。安くなりましたね。実用性は十分。

オリンパス
E-5 ¥64800 随分と買いやすくなったので、再注目されています。

このメーカーのカメラでは、以前オリンパスE-3を使っていた。
動物園でも何度か使ったことがある。とても扱いやすかった。
それがあるので、やはりE-5は1度じっくりと使ってみたい。
ソニーではα900。ファインダーがとても良いと聞いているのだが、
それを実際の現場で感じてみたい。α99はコントラストが強くて、
これは賛否が分かれそうだ。ペンタックスK-1は、ずっしりした
スタイルがやる気を感じさせてくれます。次回はミラーレスを。

写真は多摩のオランウータン。いいポーズと目線を見せてくれました。
b0016600_7265084.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
# by keiji_takayama | 2017-02-08 07:27 | 多摩動物公園 | Comments(0)

中古カメラ相場ガイド①

不定期に載せている、デジタルカメラの相場情報。前回からかなり
長い時間が経過したのだが、ふと思いついたのでまとめておこう。

キヤノン
1DX ¥304,560 さすがフラッグシップ。旧型になっても人気だ。
1DS MarkIII ¥149,040 敢えてこれを選ぶというユーザーがいる。
1D MarkⅣ ¥138.240 随分と安くなった。1度は使ってみたい。

5D MarkII ¥83,160 古さはあるものの、人気がなかなか衰えない。
5D MarkIII ¥192,240 まだ新品が買える。意外と高値安定傾向。
6D ¥112.320 小型軽量、人気がある。10万円以下が出ることも。

7D ¥46,440 ついに5万円割れ。手軽に買えるようになった。
7D MarkII ¥104,760 新品との価格差が広がりつつある。人気。

60D ¥42,120 7Dとの差がほとんどない。革はがれは要チェック。
70D ¥68,040 適度な価格。コストパフォーマンスの高い1台。
80D ¥87,480 7D MarkIIの弟分という位置付け。数が少ない。

ニコン
D3S ¥153,360 センサークリーニング搭載。安くなってきた。
D4 ¥237,600 高値ではあるが、割安な印象があるから不思議。
D4S ¥336,960 1DXより3万以上高い。硬派なイメージ。

D810 ¥211,680 かなり安くなってきた。20万円割れに期待。
D750 ¥140,400 新品の流通が回復したので、下がる可能性あり。
D700 ¥75,600 安くなったが、この水準を維持しているのはお見事。
D610 ¥97,200 やや地味なイメージ。6Dよりも買い得感は大きい。

D500 ¥176,040 じわりじわりと数が増えている。今後にも期待。
D7200 ¥71,280 70Dと僅かな差。ということはかなりお買い得。
D7100 ¥51,840 とても買いやすい価格。初めての1台にもGood。

ちなみに、この価格は並品程度のもの。これがどう動くのだろうか。
クルマと同様で、カメラも相場で動いている。調べると奥が深くて、
とても面白い。因みに、この中で最も欲しいのは1DMarkⅣだった。

写真は金沢動物園で撮影したホンシュウジカ。本番前の緊張感漂う、
気合いを入れている子供のような表情。真剣な顔つきが微笑ましい。
b0016600_736592.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
# by keiji_takayama | 2017-02-07 07:36 | 金沢動物園 | Comments(0)

初顔合わせ

もともとは、ドライブも含めてちょっと遠出する予定でした。
昨日は21時半に寝て、目覚ましは3時半にセットしていたのです。
ところが、どういうわけか1時に目が覚めてしまい、枕元に置いた
スマホを手にしました。あとはもう、ダラダラとスマホを眺めて
ニュースなどをチェック、気付いたら3時になっていました。
もうこの時点で「ダメだこりゃ。」と思ったわけです。

結局、意識が戻ったのは7時45分でした。もうアウトです。
予定を変更し、多摩動物公園に出かけることにしました。
といっても、いつもの松屋に着いたのは10時50分だったので、
通常の時間とほぼ同じでした。ところが、駐車場が満車になっていて、
大きなほうは工事中で休業という有様。ここで10分くらいロスをして、
少し離れたところにある駐車場にようやく入れることができました。

まずはトラのところに行こうと思ったけど、どういうわけかコアラ舎に
寄り道をして、そこで夜行性の小動物に捕まって、しばらく釘付けに。
そのあと、トラやオランウータン、ユキヒョウ、レッサーパンダなどを
見て回ったものの成果はなし。結局トラのところに戻ってきて、新しく
やってきた「アルチョム」を撮ることに。しかし、檻の目が縦横厳しく
なかなかどころか、かなり悲惨なことになりました。載せている写真も
コントラストが低くて悩ましいのですが、これ撮るのも一苦労でした。
とりあえず、初顔合わせの記念という感じでしょうか。まだ1歳です。
先月にドイツのベルリンから来園したばかり。これからが楽しみです。

キヤノン使用。撮影カット数は7DMarkIIが225、1DXは145でした。
b0016600_2030161.jpg

(7DMarkII/EF600mmf4L USM+エクステンダー1.4×)
# by keiji_takayama | 2017-02-06 20:30 | 多摩動物公園 | Comments(0)

柱を支えるレンズたち

今年の戦力。
メインレンズとなる3本柱のほかに 、引きのカットを撮影するのに
重要な役割を担うレンズがある。「広角」という感覚で使っている。
どちらかというとサブ的要素が強いのだけど 、いざというときには
きちんと対応してもらわないと困る 。疎かにはできないのである。

①キヤノンEF100-400mmF4.5-5.6L IS USM
売ったり買ったりを繰り返し、現在所有しているのは3代目。写り、
操作感がとても気に入っている。現行のII型も使ったことはあるが、
写りはいいのかもしれないけれど、操作性がまるで馴染めなかった。
細い三脚座はイライラするし、違和感が多くて合わない。またしても
購入したのは、1DXと組み合わせてみたかったからである。ちょっと
画質を落とすことに繋がればいい 。そんな考えもある。これは正解。
価格もだいぶ安くなり、とても有り難い存在。いいレンズだと思う 。

②パナソニック ルミックスGバリオ100-300mm F4-5.6
コンパクトなのに、135mm換算で200-600nnをカバーする。そのため
カメラバッグにすっぽり入る。機動性が良い。写りは天候に左右される
ところもあるが、概ね文句なし。安心して使える。300mm側の開放が
5.6というのもいい。けっこう長い期間使っている。パナソニックは、
レンズの発色がキヤノンに近いと感じている。なので、併用もできる。

③パナソニック ルミックスG X バリオ35-100mmF2.8
これまたコンパクト。しかし、けっこう高性能。故に、そこそこ高い。
これがウィークポイントかもしれない。晴天時に撮影すると、キヤノン
蛍石の色乗りに近い描写を見せる。一発で気に入り購入したが、出番は
やや少ない。135mm換算では70-200mmになるのだが、活躍の機会に
恵まれてないような気がする。でも、気に入っているので手放さない。

④オリンバスM・ズイコーデジタル40-150mmF2.8PRO
これはよく写る。なので、観察系写真にはうってつけだと思っている。
普通の人ならおそらく敬遠するであろう、というくらい状態が悪いが、
写ればいいので気にせず。持っていれば、重宝すること間違いなしだ。
いずれ導入しようと考えている300mmと併用も考えているが、欠点は
大きいことだ。オリンパスはカメラバッグにボディ2台、レンズ4本を
入れて持ち歩くのだが、この40-150mmを加えると、そうはいかない。
なので、結果的に35-100mmと100-300mmを持って行くことが多い。

という4本である。あとは、案内板や獣舎の様子を撮るのに使っている
オリンパス12-40mmPROがある。キヤノンはこうしたレンズがなく、
お遊び用として、シグマ15mmF2.8フィッシュアイを時々使っている。
今年はこの戦力で頑張ってみたい。なので先日、フジは手放している。

写真は多摩のオランウータン。ガッツポーズの次に見せてくれたのが、
こんなシーンだった 。「歯磨きしてますか ? 」「白い歯っていいな〜」
「歯の手入れは大切にしましょう」なんていうポスターに使えるかも。
b0016600_8135627.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
# by keiji_takayama | 2017-02-06 08:14 | 多摩動物公園 | Comments(0)

初ライオン

千葉市動物公園にライオンがやってきたのは、昨年の春である。
それ以来、千葉には何度か行った。せっかくだし、撮ってみたい。
出かけるたびに見に行き、写真を撮ろうとした。でも、悉くダメ。
ここまで相性が悪いとは思っていなかったのだが、マトモに撮れた
ことが皆無であった。見えない、寝ている、転がっているなど、
全くチャンスがなかった。シャッターを押したのも、僅か数回だ。

そんな状況だったから、もう全く期待することはなくなっていた。
今回も、昼間に1度通ったら見事に寝ていたのだが、まだマシな
ほうだと思った。サブカメラに広角レンズを装着し、2コマ撮影。
それでその場を離れた。しばらくは別の場所を回っていて、鳥の
ゾーンでいいシーンに出会えた。そして思い出した。そういえば、
ムフロンを1コマしか撮っていないじゃないか。そこで、最後に
見ていこう。そんな気持ちで、ムフロンのところに向かっていた。

その通り道。ふとライオンの様子を伺ってビックリ。起きている。
しかもなかなかいい場所にいるではないか。ただ、ガラスに近い。
レンズをガラスにくっつければ、確かにクリアーに撮れるだろう。
ただ、確実に立体感は損なわれると考えた。ボツが続いているので
こんなふうに思ったのかもしれないが、確実に押さえることより、
好みの雰囲気で撮りたいというほうが勝った。ガラス面から距離を
取って、そのまま1000mm画角で狙うことにする。ガラスの面が
ちょうどレンズのフィルター代わりになった。当然汚れている。
このため、ややソフトな雰囲気になった。いや、寧ろいい感じ。
こう思えたので、そのまま撮ることにした。まずタテ位置、次に
ヨコ位置に変えて。まだ若々しく、例えるなら美少年であろう。

寒い平日、閉園が近付いてくる時間帯。運にも恵まれたと思う。
こうして、千葉のライオンを初めて撮れたのだった。一安心だが
もう1頭いる。こちらもなんとか、チャンスを探したいものだ。
b0016600_729561.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
# by keiji_takayama | 2017-02-05 07:29 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

西陽とヘビクイワシ

ハシビロコウを撮影した次に向かったのは、エジプトハゲワシ。
数は増えたのだが、写真はかなり撮りにくくなってしまった。
そんな先入観があるのもいけないとは思うのだけど、やっぱり
今回も同じ流れだった。とりあえず1コマ撮って、すぐ移動する。

次はヘビクイワシを狙うことにした。随分長いこと撮れなかったが、
これも2年くらい前にたまたま撮影できたので、今回も期待した。
以前はとても撮りやすかったのだが、ある時期から全くダメになった。
人が近付くと、するする奥に入ってしまうのである。
足元は砂利なのだけど、これの音をさせたらもうアウトであった。
なので、音をさせないようにゆっくりと進むのだけど、どこかから
お子さんが元気よく走ってきたりすると、それまでの苦労が終わる。
そんなことを何度か繰り返して、通り過ぎることが増えてしまった。

そんなこんなで、向かってみたらヘビクイワシが佇んでいた。
檻の手前に来すぎてしまうと厳しいのだが、いい位置にいてくれた。
ここで問題なのは、というかやっぱり気にしてしまうのは音である。
あとで後悔しないため、まずは最初に立っていた位置から撮ってみた。
しかし、あまりにも小さくて迫力がない。間違いなくボツになる。
そこで、音を立てないようにゆっくりと、数歩前に進んでみる。
西陽が入っていて、とてもいいシチュエーションだった。
露出差を大きくすれば、背景はすべてアンダーになって黒くなる。
最初はタテ位置で撮っていたのだが、そうすると冠羽が同色化する。
ときどき横を向く仕草が良かったので、横位置に変えてみた。
そして、もう2歩前に進む。あまり気にしてないようで良かった。

そうして撮れたのがこのカット。カッコよく、美しいシーンになった。
ちなみに、露出補正はしていない。ミラーレスのカメラはこういうとき、
実に助かる。補正をしたらどうなるかをファインダーで確認できるから。
補正したいシーンだけど、それをしなくてもいいという決断ができる。

昨年末には東武動物公園でも撮れたので、これはとても有り難かった。
b0016600_741251.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
# by keiji_takayama | 2017-02-04 07:41 | 千葉市動物公園 | Comments(2)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama