高感度テスト

先日出掛けた富士花鳥園。
掛川もそうだが、使っているカメラの高感度性能を知ることが出来る場所だ。
ふだん風景を撮っている人だと、ISO感度はせいぜい上げても400程度だろう。
これがツアーなどになると、手持ちで撮るとして1600あたりになろうか。
しかしこの花鳥園は、それ以上でないと話にならないのである。

フクロウの顔を撮るのでさえ、相手がじっとしていてもなかなか難しい。
カメラを入れる角度の問題もあるが、最大の敵は暗さ=ブレなのだ。
これをできる限り防ぐため、ISO感度も通じよう寄り大幅に上げる必要がある。
特に、高倍率ズームを使って撮ろうとすると尚更だ。開放F値が暗いのがその理由。

というわけで、いつもは体験できないほどのISO感度で撮影を行うことになる。
つまりは、その水準で写真を撮ったら結果はどうなるか、ということを検証できる。
これは意外と知らない、「自分のカメラがどこまで頑張れるか」を知る、いい機会だ。

とまあこんな話をバスの中で行う予定。あとはドギーパークの「おふたりさん」次第。
まだ早いのだが、このツアーで2017年は仕事納めになる。しっかり務めたい。

余談だが、オナガフクロウは「ムーミン」に出てくる「スノーク」に似ていると思う。
b0016600_013688.jpg

(OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 )
# by keiji_takayama | 2017-11-28 23:56 | 富士花鳥園 | Comments(0)

何もしない

休日ではあったが、出かける気力はなかった。
やることもあったけど、エンジンがかからない。
そんなわけで、「何もしない」をした1日だった。

飲む薬の量が増えたからか、だるいのだ。
パソコンで動画を見ていたら頭が痛くなったので、
夕方からさっきまでずっと寝ていた。

今日が休みで良かった気がする。



# by keiji_takayama | 2017-11-27 23:12 | Comments(0)
明治大学中野キャンパスで、ヒューマンライブラリーが開催されました。
今年で9回目。一昨年から、撮影のお手伝いをさせてもらっています。

ヒューマンライブラリーとは、生きている人たちを「本」に見立てて、
「読者」に貸し出すイベントです。本としてご参加いただくのは、普段
あまり話すことのない、様々なバックグラウンドを持つみなさんです。
読者は、本の方と一対一で30分、対話をすることができます。
それぞれの人生や想いを直接聞き、会話をすることによって、多様性を
深めることを目的としています。今回で3回目のお手伝いですが、回を
重ねるごとにイベントも増え、メディアからの注目度も高まっています。

今回は、これまでで最も、学生の皆さんと接した時間が長くなりました。
学生さん達が自ら「本」の日常を撮影する、という写真展も開催されて、
その機材を店でお貸ししたからです。ほぼ全員が、最初の懇親会だった
7月から写真を始めています。ところが、センスと一生懸命さ、そして
楽しいという気持ちは大きいもので、見事な写真たちが生まれました。
テーマに沿った、素敵な写真展でした。イベントは大手メディアの取材も
入っていましたから、おそらく数日のうちに、報道されるでしょう。
3年目ですので、顔見知りになった「本」の方も増えました。いつかは
「読者」として参加したいのですが、急がないと機会を失いそうです。

また来年も、活気のある学生さんたちとイベントに参加できたらと。
# by keiji_takayama | 2017-11-26 21:08 | Comments(0)

ツアーと足つり

昨日は疲れたのですぐに寝てしまったが、富士山に行ってきた。
水ヶ塚公園-白糸の滝-陣馬の滝-田貫湖というルート。
メインは白糸の滝と田貫湖だった。
最初に訪れた水ヶ塚公園では、富士山は全く見えず。
いったい何をしにやってきたのか、という雰囲気が漂っていた。
白糸の滝に着いた頃は少し晴れたものの、まだ頂上付近には雲が。
しかし、条件が良くなるまで、時間いっぱいまで待つ、という気合いの
入ったお客様も複数いらして、これはなんとかならないかと思っていた。
すると、出発30分前頃には雲が全くなくなり、雪を纏った富士山が
その姿を現してくれた。その状況は田貫湖まで続き、いい条件で撮影
することができたのだった。これは実にありがたい。富士山撮影では、
見えるか見えないかでお客様のテンションが大きく変わってしまう。
よいところが撮れて盛り上がり、帰路の途に就いたのだった。

ところが、東名が大渋滞。秦野中井から横浜町田まで、30kmだった。
ここ数年ツアーで大渋滞に嵌まったことがなかったので、これで完全に
参ってしまった。車内の空調がやや合わず、けっこうしんどかった。
なんとか帰ってきて、帰りの電車内でブログを更新。
帰宅してすぐに寝たのである。

ところが、そううまくはいかなかった。
数時間おきに目覚めることになった。足がつるのである。
痛くて目が覚めて、つっている足を治して寝る。
すると、次は逆の足がつって目が覚める。治して寝る。
これの繰り返しである。こむら返りではなく、足の甲と太腿の裏だった。

いったいなんでこんなことになったのか。水分が不足していることが
理由だと職場で指摘されたのだが、なんとなく嫌な予感がするのである。
b0016600_2112877.jpg

(OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 )
# by keiji_takayama | 2017-11-25 21:01 | 富士花鳥園 | Comments(0)

さすがに

撮影ツアーで富士山周辺へ。
途中から天候も雲も良くなり、撮れました。
雪化粧をした富士山はとても美しかったですね。

いろいろやることもありますが、それ以前に
ダウンしそうなので、早めに寝ます。。。

明日は絶対に仕事を休めないのです。

# by keiji_takayama | 2017-11-24 21:46 | Comments(0)

予報

今日は雨で構わないから、明日は晴れて欲しい。

ずっとそんなことを考えながら、仕事していた。
願いが叶ったか、明日は晴れの予定だ。
ただ、欲を言えば明るい曇りがいい。
晴れだけと曇り、そんな感じ。
白糸の滝は晴れすぎると、一番左の滝が陰るから。
なんとかこれが起きないタイミングでご案内したい。

帰ったらレジュメ完成させないと。


# by keiji_takayama | 2017-11-23 21:23 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31