<   2017年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

トラ撮れた

かみね動物園では、どうしてもトラとライオンのところに釘付けになる。
いつも書いていることだが、隣同士で見られるので楽しい。比較できるし
何かあるとすぐに様子を見に行くことができる。なので、ここにいる時は
行ったり来たりを繰り返すことが多い。今回はライオンが予想外の展開で
あまり撮れなかったのだが、トラのほうは意外といい場所に来てくれた。

ここのトラは「さわ」というメスである。割とおとなしい印象なのだが、
そうかと思うと突然アクティブに遊んだりする。目元がすこし厚いので、
撮影するのには苦戦を強いられることもある。ところが。今回は最初から
起きていたので、意外とスムーズに撮ることができた。寝ていると思って
立ち寄ったため、ちょっと意外な気もした。下から見上げるように目線を
こちらに向けてくれたので、厚い瞼に遮られることもなかったのである。

正直、拍子抜けしてしまった。いつもとは全く異なり、あまり苦労せずに
捉えることができた。かみね動物園に来る目的といえば、かつてはまず、
トラを撮ることであった。数年前に亡くなってしまったが、オスのトラは
とてもカッコ良くて、しかもお立ち台でポーズを撮ったりするものだから
ついつい大量に撮ってしまったものだ。ここに来ると、そんなことを常に
思い出してしまう。それがここ最近ではライオンに移っていて、来た時は
そればかり撮っていた。たまたま今回はそれが叶わなかったが、それでも
トラが表情を見せてくれたのは、とても大きかった。有り難い話である。

カメラ2台体制で挑むようになり、その後立ち寄った時には寝ている姿も
押さえることができた。退屈そうに見えることもあるけど、来園者からの
人気は相変わらず高くて、毛並みがキレイだと褒められてもいた。次回は
また撮れるだろうか、これを書きながらそんなことを思った。楽しみだ。

それなりに離れて撮っているのだが、7DMarkIIに600mmを装着すると、
35mm換算では960mm相当の画角になる 。ほとんど顔だけになるので、
フルサイズの1DXで撮れたらいいのだけど。でもそんなに甘くないのだ。
b0016600_751229.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-04-26 07:51 | かみね動物園 | Comments(0)

ヒョウのひと睨み

王子動物園の猛獣舎で、最も撮りやすかったのはアムールヒョウ。
いい位置にいてくれることが多かった、というのが最大の理由だ。
スペースの中には2頭いて、名前の紹介は3頭が掲示されている。
こういう場合の常として「母親と子供」であると話し合っている、
そんな家族連れが多かった。午前中はここに朝日が入り込むので、
毛がキラキラしてとても美しい。午後になれば西陽が当たるので、
また違った魅力を楽しめる。撮影も、光を感じつつ楽しめるのだ。

数は覚えていないが、あちこち回って戻ってくるたび、この場所を
チェックした。迂闊にスルーすると、大きなチャンスを失うことに
なってしまう。ずっとそんな気がしていた。実際は、全く動かずに
寝ていることも多かったのだが。そんなシーンもまずは押さえる。

夕方になると、動きが活発になってきた。唸りながら走っていたり
睨みを効かせるなど、とっても元気そうである。隣のユキヒョウが
気になるようで、立ち上がって眺めていた。見ていて飽きないし、
関東の動物園ではなかなかお目にかかれないので、興味深かった。

この写真を撮影したのは午前10時56分。キラキラ輝いているのに
目元は随分と強面な印象だ。一瞬垣間見せる、ギロリとした表情。
これが良かったので、撮れないかとしばらく狙ってやっと撮れた。
春の柔らかな日差しが、ポカポカした雰囲気を醸し出してくれた。

今回はジャガーが最も厳しくて、マトモなカットがほとんどない。
とはいえ、トラ、ライオンも載せられそうな写真が撮れた。今回は
なかなかの結果を出せたように感じている。王子の距離感があると
小さくてそこそこ望遠効果をもつレンズは、とても重宝するのだ。
もうちょっと慣れは必要になるが、さすがに大きな戦力となった。
b0016600_8255911.jpg

(OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO)
by keiji_takayama | 2017-04-25 08:26 | 王子動物園 | Comments(0)
さて、まだまだ続く王子動物園。サブのはずだったE-M5の密着です。

カンガルー(2)
シタツンガ(13)
シマウマ(5)
レッサーパンダ(13)
コツメカワウソ(42)
ラマ(10)
コアラ(8)
アムールヒョウ(2)
ライオン(1)
アムールトラ(2)
アシカ(22)
エゾヒグマ(1)
ボブキャット(4)
ナマケモノ(9)
カバ(1)
カピバラ(4)
ペンギン(2)
アシカ(7)
インドゾウ(9)
ライオン(3)
ジャガー(2)
アムールヒョウ(2)
インドゾウ(6)
ホッキョクグマ(11)
マヌルネコ(2)
インドゾウ(3)
ジャガー(2)
ユキヒョウ(4)
アムールトラ(10)
ユキヒョウ(4)
アムールヒョウ(12)

王子動物園に行ったことのある人ならお解りかと思うのですが、あちこち
歩き回っていました。さらに、園内での桜風景にもカメラを向けました。
いろいろ面白いシーンも撮れたし、よい1日でした。また行きたいです。
b0016600_1901484.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 300mm F2.8L)
by keiji_takayama | 2017-04-24 19:00 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)
王子動物園のデータ密着。こちらはサブで使っていたE-M5です。
そう、本当はサブのはずでした。しかし、撮り始めた割と早い段階で、
こちらのほうが数は多くなるだろうと思っていました。この動物園は、
70-300mmクラスのズームで手軽に撮る方が、適しているでしょう。
そんなわけで、またしても別館は大豊作です。桜演出もありました。

ジャガー(2)
ユキヒョウ(3)
インドゾウ(1)
ジャイアントパンダ(31)
ホッキョクグマ(34)
エゾヒグマ(2)
チンパンジー(11)
ワオキツネザル(6)
マヌルネコ(20)
アシカ(2)
インドゾウ(43)
アムールトラ(1)
ライオン(2)
ジャガー(8)
ユキヒョウ(1)
アムールヒョウ(12)
ジャイアントパンダ(1)
カピバラ(8)
カバ(5)
エミュー(2)
ダチョウ(4)
カンガルー(4)
シタツンガ(17)
シマウマ(1)

まだまだあります。ただ、あまりにも多いので後編に続きます。
b0016600_8423233.jpg

(E-PL5/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2017-04-24 08:42 | 王子動物園 | Comments(0)

王子データ密着 E-M1編

先日出掛けてきた王子動物園の密着です。あちこちよく動きました。
まず、300mmF4PROを装着していたE-M1から。

ユキヒョウ(22)
アムールヒョウ(18)
オランウータン(12)
マヌルネコ(15)
アムールトラ(18)
ジャガー(1)
アムールヒョウ(28)
マヌルネコ(1)
コツメカワウソ(11)
シマウマ(13)
シタツンガ(8)
ライオン(4)
アムールヒョウ(12)
ビントロング(5)
マヌルネコ(1)
ビントロング(13)
ライオン(5)
アムールトラ(21)
ライオン(9)
アムールヒョウ(5)
アムールトラ(31)
アムールヒョウ(18)
ユキヒョウ(5)
アムールヒョウ(3)

猛獣舎で最も撮りやすかったアムールヒョウには、何度も足を運んでいます。
そこからマヌルネコのところに寄ったり、園内を歩いたりして、タイミングを
探っていました。マヌルネコは午前中撮れましたが、午後はほぼ全滅でした。
王子動物園のガラスは相変わらず手厳しいです。アムールトラは苦戦でした。

王子の話なのに、載せている写真は多摩です。撮影から1か月経過しますが、
雨天の撮影は収穫がありました。ストックがまだいくつか残っているのです。
b0016600_7401761.jpg

(E-PL5/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2017-04-23 07:40 | 多摩動物公園 | Comments(0)

シマウマの「イヒ ! 」

シマウマ。寄った当初、積極的に写真を撮ろうとは思っていなかった。

なぜなら関東圏の動物園で多く飼育されているので、そちらで撮れる、
という考えがあったからだ。なので、眺めつつそのまま通り過ぎようと
していた。ところが、背景に桜の木が見えたので、立ち止まることに。
王子動物園では、たくさんの桜を見ることができた。桜の木と一緒に、
写真を撮ることもかなり多くの動物で可能である。そのため、背景には
目が向いていた。どんな形でもいいので、桜と撮りたいと思っていた。

シマウマもそうなら話は別なので、とりあえずはカメラを向けてみた。
すると、手前にある大きな柵に阻まれてしまう。逆の意味になるけど、
ちょうどいい位置に柵がど〜んとあるため、角度が合わない。しばらく
どうにかならないかと様子を伺っていたが、可能性はないと判断した。
ちょっと残念ではあったが仕方がない。せっかくなので見ていくことに
決めて、立っていた場所と反対側に行ってみた。ここでは親子と子供が
暮らしていて、母子は隣の部屋で一緒。お父さんが別のところにいる。
どうやら、前にいるのはお父さんのようだ。近くで見ると、でっかい。
名前は「凪斗(ナギト)くん」という。雰囲気にピッタリだった。

反対側からどうにかして桜と一緒に撮りたい、というこちらの思惑を
知ってか知らずか、凪斗くんは飄々と食事を進めていた。美味しそうだ。
カメラを構えてファインダーを覗いたら、ほぼ顔しか映っていなかった。
35mm換算だと600mm相当の画角になるので、これはまあ仕方ないか。
などと思いつつ、「ちょっと大きすぎるかもしれない」という躊躇が少し
残っていた。因みに、オリンパスOM-D E-M1のファインダー視野率は
約100%と表記されている。「100%」ではない。ということは、きっと
多少は広く撮影できることになる。そうすれば少しはマシになるだろう、
そう考え、そのままチャンスを待つことにした。やがて、口元を歪めて
「イヒ ! 」みたいな表情を見せてくれた。背景に緑を入れたのは正解。

やや春めいた暖かな、それでいて日差しも感じられるカットになった。
b0016600_742371.jpg

(OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO)
by keiji_takayama | 2017-04-22 07:42 | 王子動物園 | Comments(0)
開園したときから、ライオンは揃って寝ていた。高いところでゴロンと
横になり、まさに転がっているという印象が強かったオスはまだマシ。
メスのほうはというと、あられもない格好でひっくり返っていたのだ。
これは子ども達や親御さんには大ウケだったが、大きな木で視界はやや
遮られてしまう。それが理由で、撮影するのはほぼオスのみであった。

猛獣舎を拠点にあちこち回っていたので、ライオン前は何度も通った。
その都度立ち止まって様子を見たが、形は違っても、寝ていることには
変わりがなかった。たまにその姿を撮影したが、滞在時間は長くない。
ほとんど1日こんな状況だったのだが、15時を過ぎたタイミングでは、
しっかりと起きていた。「まだ寝てるかな〜」と思って前を通りかかり、
起きていた時は感動と驚きと、意外な気持ちになる。おおお〜、と声に
出してしまいそうになった。せっかくだし、何か撮れないかと思った。

もうこれは運に任せるしかないのだけど、カメラを構えて表情を待つ。
すると、空に飛行機でも見えたのか、遠くを眺めるような目線になる。
これはラッキーだった。5回シャッターを切ることができた。だんだん
首を左に向けていくシーンだったので、選んだのは最初に撮ったもの。
ここのライオンは、当然ながらけっこうな人気を博している。名前は、
「ラオ」「サクラ」という。検索すると多くの写真や記事が見つかる。

なんとか撮影することができてよかった。しかし、検索で出てきた写真
をいくつか見たら、仲良く寄り添っているところがあって驚いた。寝て
いる位置がバラバラでそういう発想が全く出てこなかった。そのうち、
また行く機会もあるだろう。その時はぜひ仲の良いところを見せつけて
ほしいなぁ、そんなことを思いながらその場を離れた。またの機会に。

話は変わって。昨日の朝日新聞に掲載されていたのだが、若者を中心に
正方形のプリントが人気だという。フジフィルムのインスタントカメラ
「チェキ」の新製品は、こうした動きに対応して6.2センチ四方の画面
サイズを初採用した。スクエア画面というと、思い浮かぶのはハッセル
ブラッドである。やってみると意外に面白い。このブーム、続くのか。
b0016600_6184855.jpg

(OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO)
by keiji_takayama | 2017-04-21 06:19 | 王子動物園 | Comments(0)
19日の話ですが、かみね動物園に出掛けてきました。今年2回目です。
ちょっと出るのが遅くなりましたが、なんとか9時半に到着しました。
とてもいい天気と言いたいところだけど、カンカン照りになりまして。
これはしんどくなるのではないかと予想していました。朝からどうも、
いつもと違うと感じていましたが、それの正体が掴めないまま時間だけ
進んでいくという感じ。結果的に、かみね史上最大の悪い結果でした。

ピーカンで苦しんでいたところに、昼過ぎには突然天候が悪くなって、
落雷を伴う雨が降ってきました。仕方ないので休憩所に寄ってみたら、
団体さんが来ていて超満員です。席が取れないので、そのまましばらく
雨宿りしていました。やがて雨が上がり、再び写真を撮り始めたものの
どういうわけか、全く手応えが掴めません。チャンスも少なくて、全く
波に乗れない感じでした。それがすべてだったような気がしています。

そして、悪いことは重なるもの。かみね動物園ではこれまで何度も撮影
したことのある、オスライオンの「きぼう」が全く撮れませんでした。
午後から外の運動場に出てきたのですが、どうにも落ち着きがなくて、
出入り口付近をずっとウロウロ歩き回っていました。暑かったのが理由
かもしれないのですが、いつものようにお立ち台に上って、鋭い目線を
周囲に向けるなんてことは皆無でした。これはとても残念です。なんと
1 コマもシャッターを切りませんでした。こういうこともある、それは
確かにそうなんですが。それと合わせて、写真の出来が全体的にとても
悪かったですね。ボツと言っても過言ではないくらい、イマイチです。

それでも拾う神ありです。閉園近くになったらカバが泳ぎ始めました。
こっち向いてくれるだろうか、なんてことを思いながらレンズを構えて
しばらく待っていたら、こちらに向かってきてくれたので、のんびりと
寛いでいるところを。こういうシーン、目が開いている、閉めているの
どちらを選ぶかによってイメージが随分と変わります。手前と背景には
散った桜の花びらがあり、風情があります。それを踏まえ、瞑っている
ほうがいいと考えました。それにしても暑かった。まるで初夏でした。
b0016600_831254.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-04-20 08:31 | かみね動物園 | Comments(0)

ヒグマのアトラクション

浜松市動物園のエゾヒグマは、ちょっと地味な場所で暮らしている。
初めて訪問した時は、そちらに向かう道が解らなくて迷ったものだ。
ともすれば暗いと感じるような道をてくてく歩くと、視界が広がる。
その脇のスペースで見ることができるのだ。地味と言ったら怒られて
しまいそうだが、写真はとても撮りやすい。関東圏だけではないが、
動物園においてのエゾヒグマというと、たいていは檻の中にいるので
どうしても負のイメージが強くなってしまう。ただ、ここは違った。

これまでにも何度か撮らせてもらったことがある。いい表情を見せて
くれるので助かるのだ。久々に来た今回はどうだろう、そんなことを
考えながら近付いて行った。すると、スイッチが入ったかのように、
動き出す2頭のヒグマが目に付いた。変わらず元気そうである。上の
スペースと下のスペースでそれぞれが違うことをしていたが、まるで
それがヒグマのアトラクションのように、タイミングが合っていた。

そうした姿を追っていたのだけど、ヒグマは意外と目が小さいので、
ピントを合わせるのに気を使う。これまではあまり感じなかったが、
今回は殊更に厳しいと思った。動体視力が衰えているのに違いない。
この2頭、「ゴローくん」「ピリカさん」と名付けられている。活発な
ゴローくんと、ややおとなしいピリカさん、そんなイメージがある。

アトラクションはかなり長いこと続いていて、かなり楽しめた。この
写真はゴローくんだと思うのだが、こうして写真だけを見ていると、
手を上げて(肉球を見せて )「は〜い」とポーズを取っているようにも
感じるから不思議なものだ。止まることがなく絶えず動いていたので
タイミングが合うかどうかの勝負だったが、面白いところが撮れた。

というわけで、今回も助けられてしまった。ありがたいことである。
b0016600_6182446.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-04-19 06:18 | 浜松市動物園 | Comments(0)

シグマ 135mm F1.8 DG HSM Art

先日、雨が降った休日のこと。午前4時に起きて出掛ける予定だった。
場所は千鳥ヶ淵。桜を撮るつもりで、だとしたら早朝がいいと思って、
準備を進めていた。当日もちゃんと起きたのだけど、雨音が聞こえた。
これで完全に気力がなくなってしまった。それで行くのを取りやめた。

第49回 シグマ 135mm F1.8 DG HSM Art 編

なぜ桜を撮りたいと思ったかというと、いつものレンズテストである。
今回はシグマ 135mm F1.8 DG HSM Art。ポートレートに最適という
イメージが強いのだが、桜で試してみたかった。返却の期限があるので
そうそう長いこと持っていられない。ほぼ一発勝負だと考えていたから
ボツはあまりにも痛かった。これで再撮影が決定、残念に感じていた。

ところが、午後になったら晴れてしまった。のんびり過ごそうと決め、
部屋の掃除をしていたのだが、天気の回復で写欲が騒ぎ出した。少ない
チャンスなのだし、それなら近くの公園で桜を撮ろう、そう決断した。
こうなると早いもので、さっさと切り替えて支度を開始。電車に乗り、
すぐ近くにある洗足池公園に行くことにした。行くと決めたら、僅かな
時間で到着する。さっきまでの雨模様が嘘のように晴れていた。これは
もういろいろ撮らないと気が済まない。大きなレンズがやる気にさせて
くれたので、そのままカメラを持って、公園内を散策することにした。

2時間ほどあちこち歩いた。広場では花見の宴会があちこちで開かれ、
賑やかで楽しそうな声が響いている。それを尻目に、桜を撮っていた。
それにしても、今回のレンズはとても良かった。大口径望遠は大好物。
使っていてとても楽しいし、ステイタス感もある。なにせボケがいい。
それでいてAFも素早いし、ボケを使った様々な表現も楽しめるのだ。
集中できたし、ホントにあっという間に時間が過ぎた。このレンズは、
持ち運びには苦労するかもしれないが、1本あると絶対に損はしない。

すっかり気に入ってしまった。余裕があれば、買ってすぐに使いたい。
写真は浜松のアムールトラ。顔に葉っぱがついてますね。気付いてる ?
b0016600_7251688.jpg

(7DMarkII/EF600mm F4L USM)
by keiji_takayama | 2017-04-18 07:25 | 浜松市動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama