<   2017年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

やっぱりお蝶夫人

千葉市動物公園のヘビクイワシ。これは先月撮影した別カット。

ここで「ヘビクイワシはお蝶夫人に似ている」と書いたことがある。
もうけっこう昔の話になるなぁと思って調べたら、2004年9月だった。
ブログを初めてすぐの段階で、もうそんなことを感じていたのだ。
お蝶夫人とは、もちろん「エースをねらえ ! 」の竜崎麗香のことだ。
髪型は冠羽をイメージできるし、顔立ちはまさにそのもの、だと思う。
このマンガを書くにあたって参考にしたのではと感じてしまうほどだ。
逆に言えば、ヘビクイワシの美しさは折り紙付きということになる。

しかし、ここ数年は撮れなくなっていたこともあり、美しいところを
お蝶夫人にこじつけることがしにくくなっていた。そういう意味でも、
先月に撮れたのはとても大きかった。撮っている時から、このカットは
お蝶夫人と絡めようと思っていたのである。特に横顔はそっくりだ。
といっても、これをイメージするのは、千葉市動物公園だけなのだ。

ヘビクイワシは上野動物園や東武動物公園でも飼育されているけれど、
この2園で眺めていても、決してそんなふうに思わない。不思議だが、
千葉で撮っているとお蝶夫人のことを思い出すのだ。これはおそらく、
2004年に感じたことが強烈なインパクトとして残っているからだろう。
そして、上野と東武は比較的ケージが小さくて動きが小さいのに対し、
千葉はそこそこ広さが確保されている。華麗な雰囲気をそのまま感じる
ことができるからだと結論している。次に行ったときにも、またそれを
感じられるといいのだけど。そっと近付く癖がついてるので、端からは
妙なことをしている、と思われてしまうかもしれない。それも楽しい。

次の目標は、すっかり撮りにくくなってしまったエジプトハゲワシだ。
b0016600_658181.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-21 06:58 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

ペンタックスKP

2月15日の話ですが、上野動物園に出かけてきました。
以前ここで書いたペンタックスKPのテストを担当することになり、
午前中から閉園近くまでの間、ずっと西園の小獣館で過ごしました。
こんな経験はそうそうできるものではないし、貴重な機会でした。

まずペンタックスKPですが、小型軽量の一眼レフです。
フルサイズのK-1がフラッグシップなので、最初はこのAPS-C版だと
思っていました。ところがそれは誤りで、実際はK-3IIよりもやや下に
位置する機種だそうです。レンズをいくつか用意し、撮影をしました。
楽しみにしていたISO感度ですが、819200と409600はやや厳しくて、
モニターでもザラザラしているのが解ります。でもその下の204800と、
102400くらいでしたら、被写体によって使用価値があると思いました。
モノクロでの表現には一役買ってくれそうです。こちらも楽しそう。

ペンタックスKPの高感度がすごい !

写真はこちらに掲載されています。ここのブログには載せられるかな。
いろいろクリアーにしなければいけないし、お蔵入りかもしれません。

というわけで、いつものようにデータ密着を。
コモンマーモセット(5)
マタコミツオビアルマジロ(3)
マヌルネコ(20)
セバタンビヘラコウモリ(11)
ショウガラゴ(19)
スラウェシメガネザル(70)
ムツオビアルマジロ(3)
ショウガラゴ(17)
コモンマーモセット(2)
ミケリス(5)
コビトマングース(1)
コモンマーモセット(14)
ワタボウシタマリン(4)
マヌルネコ(45)
マタコミツオビアルマジロ(25)
ミーアキャット(9)
コビトマングース(8)
カイロトゲマウス(17)
ミーアキャット(4)
マヌルネコ(6)
カナダヤマアラシ(1)
ハリモグラ(12)
フクロモモンガ(15)
ハリモグラ(5)
ムツオビアルマジロ(54)
コモンマーモセット(7)
マヌルネコ(24)
マタコミツオビアルマジロ(9)
マヌルネコ(4)
マタコミツオビアルマジロ(2)
マヌルネコ(1)
ケープハイラックス(3)
マヌルネコ(5)
ケープハイラックス(5)
ミケリス(2)
ワタボウシタマリン(6)
コビトマングース(8)
マヌルネコ(11)
ミケリス(3)
ミーアキャット(4)
マヌルネコ(8)

マヌルネコは唯一といっていいほど、近い距離でしっかり撮れるので
とにかくボツのないよう、押さえることを優先的に考えていました。
暗闇の中、ちょっと撮ってまた別の場所でタイミングを探す、という
ことを1日中やっていたわけです。ムツオビアルマジロが交尾をして
いるところに遭遇できたのはとてもラッキー。暗くてピント合わせも
難航しましたが、とにかく「記録を残したい」という一心でしたね。
いつものカメラではISO20万なんていう設定はありません。まさに、
ペンタックスKPを持っていたから押さえられたわけです。なんとも
有り難い偶然でした。機会があれば、次は超望遠で使ってみたいです。

上野の話で引っ張ったけれど、写真は金沢動物園のインドガウルです。
b0016600_985341.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2017-02-20 09:12 | 金沢動物園 | Comments(0)
埼玉県こども動物公園では、マヌルネコが4頭飼育されている。
活動スペースは2つに仕切られていた。近くには個体紹介の案内板。
ここを見ると、4頭飼育されているうちの3頭を見られる状況だった。

← シャル(♀) 2014年4月18日うまれ
← レフ(♂) 2014年5月15日うまれ
→ セバスチャン(♂) 2004年4月6日うまれ
非公開 タビィ(♀) 2008年5月6日うまれ

「うまれ」というのがいかにも「こども」と名の付く動物園らしい。
活発に動いて写真をたくさん撮ったのは、左側のスペースであった。
とにかくじっとしていなくて、いつも何かしている感じである。
バタバタ動いたり、諍いを始めたり。
かと思えば近くにやってきて、撮れるかなと思ったらすぐにくるりと
身を翻して歩き始めてしまうなど、楽しい時間を過ごすことができた。
しかし、カメラはいつも、左側のスペースにしか向けていなかった。

右側のスペースは、そこに空間があるのみだった。誰もいない。
ひょっとしてと思い、外に繋がっているトンネルをレンズで覗いたら、
毛が丸まっているのが見えた。そうか、あれがセバスチャンか。
そう思ったけれど、為す術はない。撮れないと諦めることにした。

閉園が近付き、そろそろ寒さが増してきた午後3時半過ぎ。
帰る前にもう1度見ていこう、そう思って再び立ち寄ってみた。
左側は相変わらずだが、さすがに疲れたのか眠そうな表情も見せている。
そして、ふと右側を覗いてみたら。。。あ、いた ! そう、いたのだった。
すぐ手前のところで丸くなっていた。記念にスマホで撮ってみる。
さすがにこの距離だと近すぎて難しい、見られただけでいいと思った。
で、しばらく左側のスペースを眺めていた。
そして、再度右側のほうに行ってみたら、なんと。座っていた。
しかも、写真が撮れるいい位置に。でも、見るからに不機嫌そうだ。
「せっかく降りてきたのに、なにやってんだおめーは。」そんな感じ。
申し訳ない気分で、なんとか18カット撮影させてもらった。
最初はやや角度を付けていたので、本当に睨み付けられているような
雰囲気があった。しゃがんで目線の位置を変えてみたのがこれである。
まさに、昭和の大小説家のイメージだ。ちょっと気むずかしい。
怒らせたらたいへんな感じ。原稿はもちろん手書き。何を書いているか
達筆すぎてわからない。でも、人間の心情をえぐる描写がものすごい。

勝手にこじつけて写真撮っただけではなく、こんなことまで言われたら
本気で怒らせてしまいそうだけど、オーラがものすごかったのである。
威厳という言葉がピッタリだった。そして、マヌルネコは奥が深い。
b0016600_7202583.jpg

(α99II/70-400mmF4-5.6 G SSM II)
by keiji_takayama | 2017-02-19 07:20 | こども動物自然公園 | Comments(0)
2017年は、割とよく動物園に出かけていると思う。
ここまで幸先のいいスタートは、近年では珍しいのではないか。
なんだかんだで、出かけると楽しいシーンに出会える。
それの繰り返しが、やる気の高揚に繋がるのだと思っている。

というわけで、こちらを立てるとあちらが落ちるということだ。
昨年定期的にやっていた、特に秋以降はそれにかかりきりだった、
店のブログに連載している機材レビュー。随分遅くなってしまった。
1月は休みのほぼすべてを動物園で過ごしていたし、使った機材も、
今年の方向性を考えつつ、戦力のすべてを持ち出してみたのだった。
それが一段落したから、というわけでもないのだが、ようやくこれも
記事が上がることになった。数えてみれば、もう45回目なのである。

「ソニー 70-400mm F4-5.6 G SSM II 」編

発売されてからそこそこ経過したレンズだが、昨年発売されたα99IIと
組み合わせて試してみる、という点が大きなテーマになっている。
先日出かけた埼玉県こども動物自然公園は、これの取材も兼ねていた。
いずれ別館に載せる予定だが、カピバラ、ヤブイヌ、シママングース、
レッサーパンダなど、けっこういろいろな動物を撮影したのはこのため。
ガラス越しの条件も多かったが、さすがは高級に位置しているカメラと
レンズの組み合わせだけのことはあり、それなりの成果は出せたと思う。

ただこのカメラ、日頃キヤノンとオリンパスを使っている身としては、
さすがに使いにくいと感じる点もいくつかあった。特にダイヤルだ。
絞り優先AEで撮影するときには、メインダイヤルで絞り値を変える。
ところが、これをそれなりに早く回すと、表示が追いつかなくなる。
で、やっと表示がでたと思ったら全く違う数字になり、今度は戻す。
ということが複数回起きた。これはストレスだ。日頃こんなことは
全く起きないこと。「そんなことがあるわけない」と思っているので
戸惑うのだ。たった1 日使っただけで偉そうなことは言えないけど、
これはホントに困る。性に合わないのかもしれない。逆にいい意味で
驚いたのは、カメラレンズともコントラストがかなり低くなった。以前、
α99と70-400mm(ともに初代)の組み合わせで使ったことがあるのだが、
コントラストがとても強く、べったりした感じになっていて、全く好きに
なれなかった記憶がある。この点はとても良くなった。自然な仕上がりで
違和感もない。レタッチを全くしないし、直感だけで判断しているけど。
実はフジも、上記のような理由で、動物園では使いにくいと感じている。

写真は元気な様子を見せてくれたオオカンガルー。おっさんぽくはない。
b0016600_726877.jpg

(α99II/70-400mmF4-5.6 G SSM II)
by keiji_takayama | 2017-02-18 07:27 | こども動物自然公園 | Comments(0)
レンズ相場の第3回。ミラーレスカメラ用の望遠ズームです。

オリンパス
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO ¥102,600
M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm F4.8-6.7 ¥30,240
M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm F4.8-6.7II ¥33,480

パナソニック
LUMIX G VARIO 45-200mm F4-5.6 MEGA O.I.S. ¥14,040
LUMIX G VARIO 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S. ¥33,480
LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 ASPH. POWER O.I.S. ¥152,280

フジフィルム
XF 100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR ¥141,480

ソニー
FE70-300mm F4.5-5.6 G OSS ¥116,640

ニコン
1 Nikkor VR 70-300mm F4.5-5.6 ¥72,360

まだ選択肢は少ないものの、ミラーレスでも容易に望遠撮影は可能である。
マイクロフォーサーズはオリンバス、パナソニックの2つから選べるので、
とても便利だ。それにしても、パナソニックのレンズ名は長い。使っている
100-300mmは価格も安いし携帯性もいい 。新しいモデルが発表されたので
今後さらに安くなるかもしれない。45-200mは35mm判換算で400mmの画角が、
1万円台で手に入るのは魅力的だと思う。100-400mmはフードがとても短いので、
要注意である。コンタックスの72-86リングを使い、NO.4かNO.5を装着するなど
工夫が必要になる。フジ、ソニー、ニコンはけっこう強気の価格なので、予算から
選択するならマイクロフォーサーズが有利だ。フジの100-400mmは好きな1 本。

写真は金沢動物園のスーチョワンバーラル。いろんな表情を見せてくれました。
b0016600_1924423.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2017-02-17 19:03 | 金沢動物園 | Comments(0)
レンズ相場の第2回。
ソニー、ペンタックス、オリンパス、シグマ、タムロンのレンズを。

ソニー
70-300mm F4.5-5.6G SSM ¥41,040 定番レンズ。旧型だが高め。
70-300mm F4.5-5.6G SSMII ¥77,760 数が少なく高値安定傾向。
70-400mm F4.5-5.6G SSM ¥86,400 グレー鏡胴が目を引く。
70-400mm F4.5-5.6G SSMII ¥138,240 新品との価格差が大きい。

ペンタックス
HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6 ED DC AW ¥171,720

オリンバス
ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 ¥27,000 やや高めの相場。
ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD ¥46,440 人気あり。
ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4-5.6 ¥18,360 使いやすい1本。
ZUIKO DIGITAL ED 90-250mm F2.8 ¥267,840 定価は税抜80万。

シグマ
APO 150-500mmF5-6.3 DG OS HSM ¥54,000 5万円台で500mm。
C 150-600mmF5-6.3 DG OS HSM ¥76,680 手持ち派にオススメ。
S 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM ¥132,840 とても強そうなレンズ。

タムロン
SP 70-300mmF4-5.6 Di VC USD ¥21,600 使いやすい定番レンズ。
SP 150-600mmF5-6.3 Di VC USD ¥62,640 この価格なら買い得。
SP 150-600mmF5-6.3 Di VC USD G2 ¥105,840 新機能搭載モデル。

デジタルが主流になってから、レンズの正式名称がとても長くなった。
ブレ補正の搭載や、コーティングが新しくなった等の影響だが、どうも
覚えにくくなったような気がする。カタログを見ながら書いているので
それほど誤字もないと思うのだが、記憶に頼ると間違いなく失敗する。
シグマとタムロンは、このクラスの望遠ズームで600mmまでをカバー
しているし、人気が高い。使ったこともあるが、とても便利だと思う。
ソニーは、カタログに載っている作例写真が鮮やか。印象によく残る。
ちなみに、このうちの8本は店のブログでレビュー記事を書いている。

写真は金沢動物園のオオカンガルー。耳がピンと立つ横顔は凜々しい。
b0016600_10492771.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2017-02-17 10:50 | 金沢動物園 | Comments(0)
前回のカメラ相場ガイドに続き、レンズもまとめておこうと思う。
動物園でよく使われるであろう、望遠ズームを取り上げてみたい。

キヤノン
EF70-300mmF4-5.6IS USM ¥25,920 UDレンズ搭載の本格派。
EF70-300mmF4.5-5.6 DO IS USM ¥52,920 コンパクトさがウリ。
EF70-300mmF4-5.6L IS USM ¥92,880 人気の高い高性能な1本。
EF70-300mmF4-5.6L IS USM+三脚座 ¥95,040 買い得感大きい。
EF100-300mmF5.6L ¥23.760 蛍石採用だが、古さは否めない。
EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM ¥93,960 使いやすくて好み。
EF100-400mmF4.5-5.6L IS USMII ¥200,880 画質重視ならこれ。

ニコン
AF Nikkor 70-300mmf4-5.6D ED ¥9,720 安いけどよく写る。
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mmf4.5-5.6G IF-ED ¥32,400 定番レンズ。
AF VR Zoom-Nikkor 80-400mmf4.5-5.6D ED ¥68,040 安くなった。
AF-S NIKKOR 80-400mmf4.5-5.6G ED VR ¥170.640 人気の高い1本。
AF-S NIKKOR 200-500mmf5.6E ED VR ¥119,880 使って楽しい望遠。

まずはキヤノンとニコンから。
このクラスはそれぞれにラインアップが充実している。中古を含めると、
予算と撮りたい状況によって、様々な選択が可能だ。画質を優先するなら
現行型のモデルを選ぶとよい。キヤノンは70-300L 、100-400Lがある。
それなりに重いけど、使うと満足感は大きい。ニコンには200-500mmが
あるのだが、価格が比較的安いのは嬉しいところ。写りにも満足できる。

価格は並品の場合。これを持って1日歩くことを考えないと、後悔する。

写真はインドガウル。角をすべて入れると、筋肉モリモリポーズを連想する。
b0016600_10191216.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2017-02-16 10:19 | 金沢動物園 | Comments(0)

輸入車試乗会

数日前の話。
午前4時に起床、6時に出発。友人の運転する日産GTR nismoに乗って、
大磯プリンスホテルに向かいました。毎年この時期に行われている 、日本
自動車輸入組合が主催する「輸入車試乗会」の取材のためです。とはいえ、
あくまでもお手伝いですが。かつて、この業界で働いていたことがあるので
時々こうして話が来ることがあります。要は撮影のアシスタントなのです。

決められた枠の時間内で、カメラマンがフロント、リアの外観はもちろん、
室内やエンジン、ラゲッジルーム、運転席回りを撮っていきます。それぞれ
円滑に進むよう、協力していくのです。プロの撮影現場を、生で見ることも
できますし、おそらく一生かかっても乗れないクルマに触れられる。こんな
いい機会は年に1度限り。去年に続いて、今年も行けることになりました。

8時半から16時半までで、6回の枠が設置されています。
取材の対象になったのは15車種 。人気のあるクルマは抽選で、取材できる
媒体が決まるそうです。仕事でしたが、とても貴重な時間を過ごせました。
では、どんなクルマを動かしたのか。ざっと書いておこうと思います。

・フォルクスワーゲン The Beetle R-Line
・フォルクスワーゲン Passat R-Line
・ボルボ XC90 T6 AWD Inscription
・マセラティクアトロポルテS
・メルセデスベンツ E220d AVANGARDE Sports
・ジャガー XF PRESTIGE
・フォルクスワーゲン Tiguan TSI R-Line
・アウディA4 Avant 1.4 TFSI Sport
・フォルクスワーゲン Tiguan TSI Highline
・ポルシェ 911ターボカブリオレ
・テスラ Model X P100D
・MINI Cooper SD 5Door
・アウディ S3 Sportback
・BMW 318i Luxury
・BMW X1 xDrive18d M Sport

まさに夢のような時間でしたね。テストドライブしたわけではないし、
ちょっと動かしただけというクルマもありましたが、ポルシェやテスラ
なんて一生かかっても乗れませんから、これはいい体験ができました。
ドアを開けて乗り込むだけで、質感の良さが伝わってきたのはポルボ。
これは長時間乗ってみたくなりました。要塞のようなスタイルも好み。
ティグアンは大柄なボディですが、運転しやすかったのが印象的です。
テスラは、もうこれは異次元ですね。すべてがとても新鮮で、無音での
加速はとんでもないレベルでした。MINIはあまり好きではないけど、
乗ってみたら人気の理由がちょっと解りました。内装の遊び心があり、
なんだか冒険をしている気分になります。そして、動物園を筆頭とする
撮影活動のお供にしたかったのは、アウディS3でした。欲しいなぁ。

写真は先月撮影した多摩のアムールトラ。早くも1か月が過ぎました。
b0016600_8283164.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-15 08:29 | 多摩動物公園 | Comments(0)

さいたま密着

先日撮影に行ってきた、埼玉県こども動物自然公園のデータ密着を 。
α99IIと70-400mmF4-5.6 G SSM II 、これでしか撮らなかったので、
全体的に引きのカットが多かった。というか、ここはズームが適任だ。

シマウマ(15)
キリン(13)
マヌルネコ(69)
レッサーパンダ(9)
ヤブイヌ(11)
ミーアキャット(5)
シママングース(13)
プーズー(14)
ギンガオサイチョウ(5)
ホンシュウジカ(17)
コアラ(12)
シマオイワワラビー(6)
コアラ(3)
マーラ(3)
カピバラ(19)
ワラビー(3)
カピバラ(58)
カンガルー(23)
オーストラリアガマグチヨタカ(1)
マヌルネコ(82)
レッサーパンダ(11)
マヌルネコ(1)
カナダヤマアラシ(21)

カピバラとマヌルネコがすこぶる多くて面白い。つまりシーンが多く、
あれこれといろいろ撮っていた、ということになる。園内の風景なども
撮影しているので、全体の数よりちょっと少なくなった。最近ここは、
とても楽しく写真が撮れる動物園という認識だ。すぐに行きたくなる。

そして、写真はまたまたマヌルネコ。撮りすぎたけど、それも楽しい 。
b0016600_647592.jpg

(α99II/70-400mmF4-5.6 G SSM II)
by keiji_takayama | 2017-02-14 06:47 | こども動物自然公園 | Comments(0)

輝くカピバラ

若いフリをして大きなレンズを担いでいるけど、実際はアラフィフの
おっさんである。そんな身なので 、「こども動物園」のエリアに入る
時はさすがに躊躇することもある。基本的に、ここで楽しむのは親子
連れが大半だからだ。こんな場所にレンズを持って踏み込むなんて、
さすがに気恥ずかしく感じることも。しかし平日となると話は別だ。

こどもが主役の「こども動物園」エリアも、子どもが少ない平日には
けっこう自由に行き来ができる。千葉市動物公園の場合では、ここに
プレーリードッグやカピバラがいる。さすがに避けては通れないので
行くとたいてい寄り道をすることになるのだ。今回は昼頃に訪ねた。

ちょうどカピバラはお食事タイムのようだ。担当の飼育員さんから、
キャベツをもらっておいしそうに食べていた。傍らではお客さんが、
質問をしながらそのシーンを眺めていた。ほのぼのする光景である。
せっかくだから見ていこうと思ったのだけど、カメラを転がしておく
わけにもいかない。仕方ないので、写真を撮ることにした。とはいえ
35mm判換算では1000mmである。そこからかなり離れた場所から、
カメラを構えることになった。これではまるで、隠し撮りのようだ。

そんなこちらの状況は知る由もなく、飼育員さんは丁寧に説明をして
カピバラに食べものを与えていた。それを遠くから撮影していたが、
逆光でカピバラの毛がキラキラと輝き、なかなか幻想的なシーンだ。
食べている最中のカットは下を向いているのでイマイチだったけど、
食べ終わって顔を上げたところの表情はとても満足そう。良かった。
b0016600_9364811.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2017-02-13 09:37 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama