<   2016年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

記事更新

毎度毎度ですが、店のレビュー記事が更新されました。
今回は、Nikon 70-200mmF2.8FL ED VRです。
ロケは掛川花鳥園でした。
少しずつここにも載せていたので、気付いた方もいらっしゃると思います。
よかったら、よくなくてもご覧ください。
こちらから。
b0016600_22273492.jpg

(1D X /EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-11-30 23:00 | 金沢動物園 | Comments(0)

やり残しが多い

ここだけの話、試してみたいレンズがまだ何本かある。
いずれは記事にするつもりだが、そうなるともう天気との戦いだ。
今年の休日はあと数えるほどしかないし、年内に片付けたいなら
うかうかしていられないのである。雨が降るなんて考えたくない。
しかし、雨男である。
それは結局、今年である以上ついて回るのかもしれない。
次の休みは連休をもらった。しかし、初日の予報が雨のちくもり。
2日目はなんとか、晴れのちくもり。これはさすがに困ったものだ。

・シグマ12-24mm
・シグマ85mm
・フジ23mm
・オリンパス25mm
・ソニー85mm
・ソニー70-200mm

ざっと思い浮かべるだけで、これだけまだ残っている。
これに加えてあと1、2回は中古の担当もするので、けっこう忙しく
出かけることになりそうだ。結局、動物園にはいつ行けるかなぁ。
b0016600_22255650.jpg

(OM-D E-M1/ルミックスG X バリオ35-100mmf2.8)
by keiji_takayama | 2016-11-29 21:07 | 上野動物園 | Comments(0)

階段走って息切れ

無事に終わった、明治大学ヒューマンライブラリー。
撮影のこぼれ話を1つ。

朝から夕方まで、休む間もなく撮影するものがありました。
イベントや講演会は、絶対に抑えておきたい催し物です。
事前にタイムテーブルは知っていましたが、ちょうど昼頃に開催された
イベントが3つほど、時間が重なっていました。これはハードでしたね。

講演会  12:15〜12:45 5F
スパーリング 12:45〜13:15 1F
コーラス  13:10〜13:25 5F

講演会を15分で撮り終えて、そのまま階段で1Fに降りました。
こういうときには、基本的にエレベーターは使わないことにしています。
スパーリング会場には早めに着きたかったので、なんとかなりました。
ところが、予定時間を過ぎても一向に始まる気配がありません。
お客さんが次から次へと入ってくるので、なかなかきっかけが掴めず
苦労していたみたいです。なんと、10分遅れてスタートしました。
これもなんとか撮りましたが、遅れた影響はあり、終わった段階で次の
コーラスはもう始まっていました。5Fまで急いで戻る必要があります。
ここで、このパターンは千葉市動物公園のフクロテナガザルと同じだ、
そんなことを考えていました。年と運動不足と不摂生には勝てなくて、
ヘトヘトになって5Fまで辿り着きましたが、次は息切れに襲われました。
間に合ったけれどしばらくは撮影どころではなく、ようやくカメラを
構えたら今度は思い切り構図が傾いていて。てんやわんやの展開でした。

この3つはもうドタバタでしたが、まさに真剣勝負。
そりゃあさすがに疲れたけれど、面白さを感じ、楽しんでいました。
それにしても、もうちょっと体力はなんとかしたいものです。
b0016600_2245930.jpg

(1D X /タムロン SP 150-600mmF5-6.3 Di VC USD G2)
by keiji_takayama | 2016-11-28 22:45 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

撮影業務

本日は、業務で撮影を行いました。
会社のある中野で開催された、大学のイベントです。
去年に引き続いての担当となりましたが、去年に負けず劣らず、
内容の充実したイベントになりました。
撮影は「記録」として、来年またこれを引き継ぐ学生さんが、
資料として活用したり、学んだりするのに使ってくれるそうです。
だとしても、もうこれは性格的なものだと思うのですが、
手を抜いて気楽に撮影する、なんてことができません。
ついつい気合いを入れてしまうことになりました。
学生さんと同じく、大学の名前が入ったパーカーを着ての撮影。
一見して大学生ではないと思うのですが、何度か間違われて苦笑。。。
大卒ではない身としては、なかなか楽しいものがありました。

学生さんがどんなものを見たら参考にしてくれるだろうか、
そんなことを思い、チラシの貼られていたところも撮りました。

とはいえ、1日中階段を上り下りしたのでさすがに疲れましたね。
2016年は、これで撮影関係の仕事はすべて終了したことになりました。
開始屋の業務とはいえ、写真を撮るのはやはり面白いものです。
もう人物は絶対に撮らないと決めていたのが、嘘のような展開です。
b0016600_20572093.jpg

(D750/AF-S Nikkor 70-200mm F2.8E FL ED VR)
by keiji_takayama | 2016-11-27 20:51 | Comments(0)

3代目三脚

先日にも書いたのだけど、結局、三脚を購入した。
といっても10万なんて使えないので、中古のお手軽モデルにした。

思えば、三脚はこれでようやく3代目である。
初代は8段だった。
中学生の頃、これにカメラを載せて星を撮ろうとした。
ベランダに置いて撮影中に食事をして戻ったら、倒れていた。
これがあって、三脚は使わなくなった。星も絶対撮らないと決めた。
2代目は1986年秋のこと。
日本テレビ音楽祭に取材で入ることになり、どうしても必要になった。
そこで仕方なく、ヨドバシカメラでベルボンPX-701Fを購入した。
ただ、使ったのはその音楽祭の1度だけ。その後人に貸したままである。

さて、今回のケース。
目的は、店のブログの作例の幅を広げること、ツアーで使う可能性。
この2つである。従って、載せる機材もせいぜい3kgくらいだろう。
三脚に詳しいスタッフにアドバイスしてもらい、GITZO G220にした。
2型3段アルミ。カーボンではないが、それほど重くない。
雲台は梅本製作所のSL-50ZSC。これに水準器とケースを追加した。
締めて35,000円ほど。決して安くはないが、これで済めばラッキーだ。

たぶん、クルマに入れてそのままにしておくと思うのだけど、これで
いろいろな撮影ができそうだ。でも、動物園にも行かないとね・・・。
b0016600_22192944.jpg

(D750/AF-S Nikkor 70-200mm F2.8E FL ED VR)
by keiji_takayama | 2016-11-26 22:19 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

25mm買い替え

最近、50mm画角がとても好きだ。

人間の眼に近いと言われ、「標準」という言葉を与えられている。
被写体に近寄れば望遠風、離れれば広角風に狙えるのも楽しい。
自らが動けば、自在に構図を作れるのがとても面白いと感じる。
動物園専用と考えているキヤノンでは、このあたりのレンズを
揃える必要はない。ただ、風景にも使うミラーレスだと、これが
とても必要になってくる。フジX-T1を導入した際には、初めて
使うレンズを35mmにした。135換算では50mmだ。

これと同様で、動物園と風景を撮る際に使うオリンパスには、
換算50mmとなる25mmが必要であると思っていた。
で、それに応じてパナソニックの25mmf1.4を持っていたのだが、
オリンパスが出した25mmf1.2PROにほぼ一目惚れしてしまった。
そしてついに、パナソニックを下取りに出して購入した。
カメラに装着すると、大きくてとてもカッコいいと思う。
ここ最近はあまり「自分の写真」を撮る機会が減っているのだが、
風景のメインとして使っていきたいと思う。試すのはもうちょっと
先になりそうだけど、ブログのネタにもなるし、いい買い物だった。
b0016600_21505561.jpg

(7D/EF600mmf4L USM)
by keiji_takayama | 2016-11-25 23:39 | 金沢動物園 | Comments(0)

結露に注意

11月なのに、東京では雪が降った。
これからは、こういうことも多くなると思う。
いつもとは違った風景に心を躍らせ、写真を撮りたくもなる。
でも、それが終わって気を抜いたとき、注意が必要になるのだ。

撮影を終えて帰宅する。
誰もいなければそのほうがいいのだが、誰かがいるところでは、
この寒さだし暖房を効かしているところもきっと多いと思う。
とはいえ、寒い外から帰ってきてそのまま入ったら絶対にダメ。
なぜなら、機材が結露するからだ。
レンズの中、ファインダーの中が真っ白になってしまった、という
経験をした人もいるだろう。しばらくすると元に戻るのだが、実は
中に付着してしまった汚れは取れない。しかも、そういう機材は、
査定をする際にはたいてい解る。当然修理、ランクダウンの対象だ。
たぶん、中には判別できないところや人もあるだろうけど、何年か
査定の仕事をしていれば、たいていはすぐにそれと解る痕跡が残る。
もちろん、こういう話をするのだから確実に判別できる。

結露させた自覚がなければ、こちらがそれを伝えるまで、そうした
ことが過去にあったことを忘れているケースが多い。予想外の価格に
ビックリ。ということになる。なので、寒いところで撮影したら、
いきなり暖かい部屋に入るのは厳禁と考えたほうがいい。

機材を守るのも、撮影者である。
それは機材を大切にしているとか丁寧に使っているとか、そういう
話とは全く別のもの。気を使っているようで、案外気付かない。
b0016600_21161853.jpg

(D750/AF-S Nikkor 70-200mm F2.8E FL ED VR)
by keiji_takayama | 2016-11-24 21:04 | Comments(0)

雪降るのかな

天気予報によると、明日は雪が降るらしい。
11月に雪が降ったら、54年振りになるそうだ。
気温が一気に低くなるので、さすがに半袖は厳しいだろうと思う。

そう、実はまだ半袖なのである。
もちろん上着は着ているのだが、どうにも暑がりなのだ。
ひんやりするとは思うけれど、ブルブルするほどの寒さではない。
それよりも、ちょっと電車の中が暑いだけで不快を感じてしまう。
いつからこうなったのかはもう記憶にないが、35を過ぎた頃からはいっそう
顕著になったように思う。そして、そんな日に早出当番なのだった。

電車動かないとシャレにならないので、早めに出る予定。
というわけで、いつもよりちょっと早めに寝ます。
b0016600_21104153.jpg

(D750/AF-S Nikkor 70-200mm F2.8E FL ED VR)
by keiji_takayama | 2016-11-23 23:23 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

ツアー仕事納め

昨日の話になったが、ツアーに同行しました。
先日下見をした、白糸の滝、陣馬の滝、田貫湖というコースです。
天気予報の通りに、曇り空での催行となりました。
白糸の滝は、むしろ曇っているほうがいいと思っていましたが、
どうやら雨が降ったような雰囲気でした。それでも、新しくなった
展望スペースからは滝と紅葉の風景を狙うことができました。

意外だったのは陣馬の滝で、初めて訪れたというお客様が多くて、
予想外の盛り上がりになりましたね。熱心に撮影していらっしゃる
姿をそこかしこで拝見しました。派手さはないけれど、静かで風情が
ある場所だと思います。ここで最も多くシャッターを押しました。

田貫湖に着いてしばらくしたら、ホントに天気予報通りの雨が。
富士山はちよつとだけ見えたり、また隠れてしまったり。
雲に覆われて陽が見えなくなり、結局撮影することはできませんでした。
とても残念でしたが、またの機会にまた訪れたいと思います。

12月には棚田のツアーが企画されていましたが、本日中止になりました。
これで、今年のツアーはすべて終了してしまいました。
だんだんと担当が減っていますので、早めの仕事納めになりました。
来年はどうなることやら。
b0016600_23475779.jpg

(D750/AF-S Nikkor 70-200mm F2.8E FL ED VR)
by keiji_takayama | 2016-11-22 23:44 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

キヤノン16-35mmIII 

前回のオリンパス12-100mmから4日しか経っていませんが、
店のブログに掲載しているレビュー記事が更新されました。
今回は、キヤノンEF16-35mmf2.8LIIIです。

撮影は、かなり前にツアーで行ったことがある「赤城自然園」で行いました。
帰りには赤城山に寄り道したのですが、ラッキーなことに富士山が見られました。
観光案内所の女性によると、見えたのは珍しいそうです。

よかったらご覧ください。こちらから。
by keiji_takayama | 2016-11-21 23:57 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama