<   2015年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ドアノブの悲劇

撮影会が終わり、さあ帰ろうとクルマのドアを開けようとしたときのこと。
ノブを持ち上げたら「バキィッ ! 」という音がして、カラカラという音が。
どうやら、ドアノブの部品が経年劣化で折れてしまい、そのままドアの内側に
落ちてしまったらしい。こういう部品交換を伴うトラブルはヒヤヒヤする。
なぜなら、ウチの愛車は1998年(平成10年)式なのだ。当然、モノにより
もう部品がない、ということになる。カメラとクルマはこの点でも似ていて、
部品がなくて修理不能なんていうケースがあることも知っている。なので、
まずは何よりも部品の在庫確認。行きつけディーラーの担当にすぐ連絡した。

しかし、さすがは日曜日。何度か連絡するも捕まらないのである。
時間的にギリギリではあったが、埒が明かないので直接向かうことにした。
関越の渋滞がさほどではなく、なんとか閉店ギリギリのタイミングで到着。
幸いなことに部品はまだ在庫していた。工賃と合わせて15000円の出費。
さすがにこれは痛いが、部品があったというだけでホッとしてしまう。
助かったというのが正直なところ。即修理の予約を入れることにした。
ちょうど6か月点検を受ける予定だったので、まあよしとしよう。

写真は温泉に浸かっていた子どもカピバラ。ちょっとのぼせてない ?
b0016600_062288.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-11-30 23:54 | こども動物自然公園 | Comments(0)

33回目のイベント

朝からよく晴れた1日。埼玉県こども動物自然公園に行ってきました。
mixiで2010年の夏から開催しているイベント「動物園さんぽ」です。
なんと33回目でして、けっこう長く続いています。ちょっと遠いけど、
いつかはここでやりたいと思っていまして。ようやく開催できました。
広大な敷地のなかに動物たちが点在しているような雰囲気でして、まるで
テーマパークのアトラクションのようです。いろんな動物たちがお客さんを
待ち構えていて釘付けにするところ、そんな印象を持っているのです。

11時に集合し、総勢11人でワイワイ楽しく園内を回って撮影しました。
キリンやカンガルーのところでは紅葉の風景も狙えました。この時期しか、
そして動物園でなければ狙えないシーンです。見頃の場所があって良かった。
ペンギンヒルズもたっぷり楽しめて、コアラもちょうど起きていました。
カピバラ温泉は気温のこともあってどうかな ? と思っていましたが、これは
完全な杞憂でした。場所の取り合いが行われるほど、カピバラたちには好評。
たくさんのお客さんも楽しんでいたようです。赤ちゃんたちも、大人に混じり
露店風呂に浸かって気持ち良さそうでしたね。見て撮って、楽しめました。

9月の北海道から、あちこちで年間パスポートを購入していますが、ここの
パスポートは他園とはひと味違っていました。クレジットカードのような、
硬くてしっかりとしたものです。これから通う回数が、ますます増えそう。

写真は紅葉バックのキリン。先日の上野に引き続き、紅葉写真が撮れました。
b0016600_21352984.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-11-29 21:35 | こども動物自然公園 | Comments(2)

大混雑

キャンペーンで買い取り価格が高くなっていることも影響してか、
土曜ということも理由なのか。店がメチャクチャに混雑しました。
朝から晩まで査定していたような感じです。
割と強力なライトをカメラやレンズに当てて中を見るのですが、
これは間違いなく、視力低下に繋がるのではないかと思います。

どうも最近、また視力が落ちたような気がしています。
何も見えないというのはなかなか便利だと思ってきましたが、
そろそろ本気で視力のことを考えないとマズい気がしてきました。

それにしても、さすがに疲れました。
by keiji_takayama | 2015-11-28 22:36 | Comments(0)

あっ。

賑やかな子どもたちがいなくなり、トラのところに静寂が訪れました。
雨はかなり激しくなっています。この日の機材は借りてきたもので、
いつものように濡れながら撮影するのはさすがにマズイかなと。
そこで、ガラス越しになんとなくレンズを向けていました。
といっても、撮る気はあまりなかったのですが。

そのうちに、木登りを始めたトラの子ども。
初めはこちらの存在に全く気付いていませんでした。
ヒトがいなくなったと思ったのでしょうか。

やがて、こちらを向いてちょっと驚いたような表情を浮かべました。
27年くらい前、これと同じようなシーンを撮影したことを思い出し、
ちょっと懐かしい気分になりました。相手は動物ではないけれど。
b0016600_239495.jpg

(OM-D E-M1/ZD90-250mmf2.8)
by keiji_takayama | 2015-11-27 23:10 | ズーラシア | Comments(0)

そろそろ年賀状

そろそろ年賀状のことを考えないと。
いつも早い段階でこう思うのだけど、結局曖昧なまま過ごして年末ギリギリに
頼みに行き、仕事納めの日に受け取る。というのがここ数年のパターンです。
平成3年から写真タイプにして、これはずっと続いています。
全体のオーダー枚数も年々減っているようですが、デザインは今年も豊富。
これがなくなるとかなり困ってしまうので、まだまだ続けてほしいです。

だいたいの写真はもう決まっていて、あとは写真探して頼むだけ。
しかし、この「写真を探す」というのが最も面倒なんですね。
いつもより早めに対応して、来年こそは元旦に着くようにしたいです。

テングザルやフクロテナガザルといった個性的な面々は、そろそろ賀状用に
写真を撮ろうというお客さんが訪れ始めている頃でしょうか。
名古屋の人気者ゴリラも、それは同じかもしれませんね。

ちなみに来年は年男です。だからどうということもないのだけど。
b0016600_2252344.jpg

(OM-D E-M1/ZD90-250mmf2.8)
by keiji_takayama | 2015-11-26 22:53 | ズーラシア | Comments(0)

初撮りは雨

今年の初め頃から注目を集めていた、ズーラシアのチビトラたち。
タイミングが合わずその気にならずで、撮ったことがなかったのです。
ここ数年、こうした旬の動物を追っかけることがめっきり減りました。
そんなわけで初めてレンズを向けようと試みたのですが、なんと雨。

気合いが入っていればそんなことには動じませんが、この日の機材は
借り物なので、濡らすわけにはいきません。ちょっとだけ撮って、
そのまま撤収となりました。さすがは雨男。そして安定の定番逃し。
b0016600_2117121.jpg

(OM-D E-M1/ZD90-250mmf2.8)
by keiji_takayama | 2015-11-25 21:17 | ズーラシア | Comments(0)

安心の理由

くるんとまるまったワオキツネザル。
きりっと顔を前に向けて、守っている2頭がいる。

こうやって、みんなの平和が保たれているのかな・・・。
b0016600_22594210.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-11-24 22:59 | 上野動物園 | Comments(0)

オトナに近付いた ?

まだ幼いのだけど、振り返る姿はなかなかに大人びています。

天気もあまり良くないし、休日なのでどこに出掛けても混雑している。
こう思っていたので、ずっとのんびり過ごしてました。よく寝たなぁ。
b0016600_036574.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-11-23 22:50 | 上野動物園 | Comments(0)

再びイベント撮影

本日はイベントの撮影をしてきました。
今年はある意味、撮影の幅が再び広がりを見せている年になりまして、
人物やイベントなど、これまで封印してきたジャンルを撮っています。
やってみるとこれがなかなか面白くて、ついつい真面目になるものです。
今回はイベントそのものにも興味が持てたので、忙しくも楽しめました。

学生の皆さんと接する機会もあり、皆さんとても親切にしてくれました。
カードを納品したので、写真の結果を知ることはないかもしれません。
でも、こういう仕事はやっぱりいいなぁと感じるものがありました。

さすがに疲れてしまったので、さっさと寝ることにします。
by keiji_takayama | 2015-11-22 23:29 | Comments(0)

スキマガオ

隙間からちょいと覗いたドゥクラングールの横顔。
気付かれないように、そっと狙ってみました。
昔の隠し撮り風。
b0016600_23134333.jpg

(OM-D E-M1/ZD90-250mmf2.8)
by keiji_takayama | 2015-11-21 23:14 | ズーラシア | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama