<   2015年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

朝からバタバタ

最近ここの更新を朝やるようにしているのだが、起きてからしばらくは
布団の中でモゴモゴしているため、実質30分くらいで行う必要がある。
さっさと写真決めて載せればいいいのだが、ついついニュースを見たり
寄り道してしまうので、なかなかスムーズに進まない。朝からバタバタ
していてどうにも余裕がなくて困る。昨日は休みだし時間あったのに。
b0016600_7593826.jpg

(D7100/AF-S Nikkor200-500mmf5.6E ED VR)
by keiji_takayama | 2015-09-30 08:00 | かみね動物園 | Comments(0)

マオ3態

おびひろ動物園のマオさん。

そのうち載せようかと選んだカットがありましたが、このままではいつになるか
見当がつかないので、これまた一気に出してしまうことにしました。背景にある
檻のラインが1つどうしても入ってしまうため 、構図を変えてこれを消している
カットがこれ。あとの2つはそのまま撮影しています。撮影位置の自由があまり
効かないため 、構図というか配置で変えるしかない状況でした 。北海道撮影は
いずれメインレンズで挑みたいと考えていますが 、体力勝負になりそうです。
b0016600_1025844.jpg


あと2つ
by keiji_takayama | 2015-09-29 10:04 | おびひろ動物園 | Comments(0)

ココア2態-②

というわけで、もういっちょ。
b0016600_7444092.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-09-28 07:44 | 釧路市動物園 | Comments(0)

ココア2態-①

ここ最近、就寝時間が早くなった。
仕事から帰ってくるとパソコンに向かうのだが、割と短時間である。
そうこうするうちに眠くなる。というパターンだ。

写真はあるが記事が書けていないという状況のほうが多い。
時間もそんなにあるわけじゃないので、今日は写真だけ。
b0016600_742104.jpg

(7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2015-09-28 07:42 | 釧路市動物園 | Comments(0)

円山の勇気

円山動物園には、シンリンオオカミが4頭飼育されています。
いずれもオスで、父親である「ジェイ」が群れのリーダーになっています。
ところが、成長によって子供たちの力が強くなり、「ユウキ」と闘争が起きる
ようになりました。そのため「ユウキ」を他の3頭と分けて飼育しています。
建物の室内に入ると、シンリンオオカミを間近に見られるガラス越しに、この
件についての説明書きが貼られています。偉大な父親にたてついた訳ですが、
なんだか親近感が湧いてきました。昔から好きなんですねぇ、こういう奴が。

いわば、まさに一匹狼です。権力の象徴、中心的な存在に正面から歯向かう。
尊敬の気持ちを込めて、狙ってみることにしました。室内スペースでは手前に
テーブルのようなものがあり、座って眺めることができます。ちょうど小さな
お子さんたちが座っていたので、その後ろからガラス越しに撮影することに。
反射が意外と少なかったので、思っていたよりスムーズでした。始めは退屈な
雰囲気を思い切り漂わせていましたが、そのうちパッと顔を上げたり、横顔を
しっかり見せてくれたりと、なかなかのパフォーマンスでした。ガラス越しと
いう条件でしたが、ちょっとソフトな感じの仕上がりは意外と良かったです。

ところが、勘違いしてこれを撮ったら次の場所に移動してしまいました。一周
ぐるっと回れるようになっていましたが、これになぜか気付かなかったです。
あ、と思ったのは閉園のアナウンスが流れ始め、門に向かっている時でした。
これはさすがに残念でした。次回はほかの皆さんもじっくり見てみたいです。
b0016600_745772.jpg

(7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2015-09-27 07:45 | 円山動物園 | Comments(0)

講評会

18日に同行した、かみね動物園&大洗水族館撮影ツアーの講評を行いました。
雨の影響もあってお客様はやや少なめでしたが 、時間いっぱいまでたっぷり、
写真の話をすることができました。なかには「指導しないプロが多い」という
話も伺ったのですが、この仕事を始めた頃「お客さんに隠し事はしないこと」
というアドバイスを大先輩からいただいたこともあり、基本的に知っている、
解っていることはすべてお伝えするようにしています。いい勉強になるという
声もいただきますが、お伝えしつつこちらが学ぶことも多々あります。何度か
出掛けている動物園ですが、これまで見たことのないシーンを捉えていたり、
的確なシャッタータイミングの写真も見受けられ,楽しい時間になりました。

これが12時に終わり、そのあと1時間ほど打ち合わせが入りました。その後
行きつけの病院に行き、先日の人間ドックの結果を見せて相談してきました。
やはり、いろいろと食事を制限することになりそうです。電卓でパパッと計算
してもらったのですが、身長からの理想体重は64キロということで、まずは
これを何とかしようということに。また厳しくなりそうだなぁ、いろいろと。
b0016600_749131.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-09-26 07:49 | かみね動物園 | Comments(0)

ニッコリ美クマ

ホッキョクグマといえば、釧路や円山がクローズアップされていると感じます。
でも、ここおびひろ動物園にもちゃんといるんです。立派なホッキョクグマが。

園内の最も奥まったスペースで飼育されているのは、アイラ(メス)です。
生年月日は2010年12月25日。なんと、クリスマス生まれなんですねぇ。
生まれたのは札幌市円山動物園。現在飼育されている赤ちゃんグマ「リラ」の
お姉さんにあたります。両親にとっては、5番目の子どもになるそうです。
おびひろ動物園には2012年2月20日から仲間入りしました。
案内板によると、浮き玉などの遊具を使って行動し、新しいものを入れると
長時間夢中で遊んでいるとか。ここでもお客さんの認知度と人気が高いです。

さてさて。まず最初に立ち寄ってみた時には、すやすやと寝ていました。
とても穏やかな表情で寝ているので、寝息が聞こえてくるかのようでした。
手元には黄色の浮き玉が置かれています。きっと、お気に入りなのでしょうね。
決して広いとはいえない運動場ですが、元気に暮らしているように見えます。
しばらくしたらもう一度来てみよう、そう思いひとまず離れることにしました。

そして再び戻ってみると、しっかり起きていました。とはいえ、まだちょっと
眠たそうな雰囲気でしたけど。じっと座って、お客さんのほうを眺めています。
スマートフォンで慌てて写真を撮る人も複数いました。カメラ目路だったし、
距離が近いので絶好のシャッターチャンスです。広角で全身姿を押さえつつ、
100-300mmに持ち替えて表情を狙うことにしました。しかし、でっかい。
ほぼ顔だけになってしまいました。背景にある檻のラインは入れたくなくて、
なるべく空間を作らないよう意識しました。でも、ふさふさの耳は入れたい。
それでなんとか、この構図にしました。目は開いているより、瞑ったほうが
イメージに合っているような気がします。ニッコリしてるように見えるかも ?
b0016600_8341199.jpg

(OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2015-09-25 08:34 | おびひろ動物園 | Comments(0)

E判定

先月受けた人間ドックの結果が送られてきた。いつもの通り、あまり良くない。
まぁいつもの生活を考えるといい結果のはずはないわけで、当然だといえる。
ちなみに、メタボリックシンドローム判定は「基準該当」になっていた。
これはたぶん、またしても特定保健指導の対象になるかもしれない・・・。

そして、総合所見はというと・・・Eである。
「精密検査を必要とします。」と書かれていた。たぶん、去年と同じだろう。
確かそれについて記事を書いた記憶があるのだが、遡って探すのも面倒だし、
今年の結果について、記録をここにも残しておこうと思う。精密検査の内容は、
言わずと知れた糖尿病。空腹時血糖の検査をし、専門医を受診しろとのこと。
幸いにも、気管支喘息の主治医がこっちにも詳しいようなので、これは素直に
相談してみることにした。どうも、目に来ているような気がするからである。
ここ最近、視力の衰えがとてもひどい。以前は、カメラに内蔵している視度を
マイナスの最大置にして、さらに補正レンズのマイナス4を入れて撮っていた。
ところが最近、この数字が戻ってきた。マイナス2くらいでも違和感がない。
つまりはこれ、老眼が進んでプラスに戻っているのだと考えていたのだが、
これはひょっとしたら別の理由があるのではないか、そう思うようになった。
さすがに、目が悪くなるのはマズい。日常で物が見えないのは、見なくていい
ものを見る機会が減るから別に構わないのだが、写真が撮れないのはいろいろ
問題が出て来るだろう。MFでピント合わせができなくなったらおしまいだ。

これとは別に、これはちょっとだけ朗報だが、結石が見つからなかった。
尿管結石を3度患っている身としては、かなり気になるところだった。
去年は左腎臓に11〜15mmの結石があった。これが知らぬ間に落ちたらしく
今回は全く記載なしである。ホッとするけど、油断はできない。また来年。
b0016600_10222771.jpg

(D7100/AF-S Nikkor200-500mmf5.6E ED VR)
by keiji_takayama | 2015-09-24 10:22 | かみね動物園 | Comments(0)

新戦力

以前から気になっていたレンズを、新戦力として加えることにしました。
それは、パナソニックGバリオ35-100mmf2.8POWER O.I.Sです。
マイクロフォーサーズ用なので、135mm換算だと70-200mmになります。
もともと、1度持ってみたいと思っていました 。一昨年の秋に使う機会があり
その時の写真がとても良かったです。ガチガチにシャーブというわけではなく、
それでいて色乗りが確りしている。まるでキヤノンLレンズのようでした。
ただ、ネックだったのは価格です。レンズの性能が高いのは解っていますが、
いかんせん小型なので、そういうオーラがちょっと乏しいのです。なんというか
大きいものが高いのはクルマもそうだし納得がいくのですが、とても小さいので
どうしても気持ち的に踏ん切りがつかない、そういう側面があり躊躇しました。

それからしばらくは何事もなかったのですが、先日の北海道でのこと。
釧路市動物園で元気に動き回るホッキョクグマを撮っていて、小さくてそこそこ
望遠効果のあるレンズがあれば、今の戦力に厚みが加わる、そう感じたのです。
その画角がちょうど70-200くらいでした。まさに買いのタイミングですね。
近いレンズではオリンパスの40-150mmf2.8もありますが、こちらは大きい。
写りにも操作性にも満足できますが,これをカメラバッグに入れると他の必要な
機材が入らなくなってしまいます。35-100mmなら空いているところに入る。
これが最終的には、決め手になりました。使い方が荒いので、機材はちゃんと
写れば文句はありません。外観の程度が悪くても問題はないのですが、中古の
出物があまり多くないので結局まるで逆の、程度の良いものを購入しました。

価格は77,760円です。けっこうな出費になりましたが、活躍に期待します。
それはそうと、動物園用機材がカメラバッグにパンパンになりました。
これからはカメラ3台、レンズ5本が通常装備になりそうです。軽くなるのは
いったいいつのことやら。たぶん、重たいのを担いで歩くのが好きなのです。
b0016600_7544311.jpg

(OM-D E-M5/G X バリオ35-100mmf2.8)
by keiji_takayama | 2015-09-23 07:55 | かみね動物園 | Comments(0)

月丘シャッター

愛機オリンパスOM-D E-M5を使い始めて、そろそろ2年になる。
今年になってから、そして最近では頻繁に、トラブルが起きるようになった。
それは、突然シャッターが降りなくなるのだ。しかも、ヨコ位置で構えている
時にだけ発生する。ただし、レンズを付け外しすると元に戻るから不思議だ。
つまりは接触不良だと思い、それくらいのトラブルならば何とか解決できる、
ガタガタ騒ぐことでもなければ修理に出す必要もない、そう認識していた。
そしてそれは、撮影に行くと必ず起きる現象になった。最終的には直るのだ。

これと並行して、撮影した写真がときどきとんでもない露出アンダーになる、
ということが起きるようになった。こちらのほうは、てんで解らなかった。
すべてがそうなるわけではなく、何の前触れもなく突然に起きるからだ。
しかし、ずっとその状態が続くわけでもない。悔しい思いをすることがあると
思うけど、まあ仕方ないか。そう楽観的に考えていた。ところが、である。

ある日、またしてもシャッターが降りなくなった。いつものことだと思って
シャッターを押しながら確認していると、ファインダー内に妙なものを発見。
それは、なんと緑色の合焦ランプだった。これが光っているということは、
どこかにピントが合って、そのままフォーカスロックしていることになる。
そして・・・なんともバカバカしいことがついに判明した。OM-D E-M5には
バッテリーグリップを装着している。それのタテ位置用レリーズをなんと、
右掌の小指の下にあたる場所、月丘と呼ばれる部分で押していたのである。
レンズを付け外しすれば直るのは当たり前。理由はタテ位置用シャッターの
半押しロックが解除されるからだ。なんともアホな話だが、こんなことを
かなり長い間気付かずにいたことのほうがよほど滑稽だ。奇妙ではあるし、
職場で同僚と比べてみたのだが、この月丘がほかの人より盛り上がっている、
そんなことを発見した。露出アンダーの件も、知らないうちにどこかで露出を
合わせてシャッターを切っているのだろう。そう考えると辻褄が合ってしまう。

なんとも情けないというか、可笑しいというか。いいネタになってしまった。
そして、月丘について調べていたら、ある占い用語のサイトに興味深い記述が
載っていた。月丘が発達していると、想像力豊かで芸術的センスに恵まれる、
らしいのだ。これは、大いに喜んでいいのだろう。終わりよしということで。
b0016600_7225100.jpg

(D610/AF-S Nikkor200-500mmf5.6E ED VR)
by keiji_takayama | 2015-09-22 07:22 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama