<   2015年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

腹這いのリス

ヒトが道で腹這いになる、これはもう大半が酔っぱらいを連想する。
そのまま寝込んでしまう、というパターンが多いからやっかいだ。
いつだったか、スケボーに腹這いで乗り、後ろ向きに走っていた小学生が
クルマに轢かれて骨盤骨折の重傷を負った、なんていう交通事故もあった。
しかしこれは、ヒトの場合である。

リスのケースはどうなるか。
ここの小径にはクルマは通らない。ヒトは通るが、リスのほうが敏感だ。
何度か、こういう腹這いのシーンを見かけた。動物園でリスを観察する、
なんていう経験が殆どないので、そういう様子を眺めていることが新鮮。
匍匐前進するかのように、じりじりと進んでいく。
それだったら歩いたほうがよっぽど早いのではないか、と思うのだけど、
リスにはそれなりに事情があるのだろう。そして、道でリスが腹這いに
なっているのを見かけると、ヒトは一様に立ち止まり、眺めていたのだ。

ここに交通事故を減らすヒントがあるかと考えたが、浮かばなかった。
b0016600_23302076.jpg

(OM-D E-M1/MZD40-150mmf2.8+MC-14)
by keiji_takayama | 2015-01-31 23:30 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

ね〜こは まるくなる〜

といっても、雪が降った話ではない。先日の井の頭でのこと。

さすがの40-150mmでも、アムールヤマネコは厳しいだろうと思っていた。
2つの場所から撮ることはできるのだが、距離が近いので檻が消しきれない。
せめて奥のほうにいてくれたら・・・という淡い期待は即座に裏切られた。
見ると、どこにもいない。しばらく探していたら、隠れるようにして檻内の
小さな巣箱のようなところで寝ていた。こちらに見えるのは、頭の毛だけ。
こうなるともう笑うしかない。見つけられたからいいか。そう思いながら、
もう1つのところに向かった。裸眼なので、ほとんど何も見えないのだ。

すると。
ああ、やっぱりこちらでも同じ展開だった。
檻の真ん前で寝ていたのである。すぐ目の前なので、この距離なら見える。
その寝姿は、ちょっと誤解されてしまうようなものだった。
まさに、ひっくり返っている。そんな感じだった。
これはさすがにアウトだ、そう思って何となく奥に視線を向けて驚いた。
そこには、アムールネコ色のボールがあった。大きなボールである。
よく金網のフェンスにボールが挟まってしまうことがある。まさにそれ。
視力0.1以下の世界というのは、そんなものなのだ。
ただ、これでもそこそこ長いこと動物園に通っている。すぐに気付いた。
レンズを向けてみると、やっと見つけた。寝てはいるけど、面白い体勢だ。
文字通り、丸くなっていた。炬燵ではないけれど、そしてやや不安定だが。
それにしても器用なものだ。ちゃんとバランスは取られていて、しっかりと
楕円形を維持していた。顔と尻尾のラインなんて、見事なものである。
真似したら確実に筋肉痛になるか、足をつってしまうだろう。

こういうシーンも、いつものレンズだったら撮れないだろうなぁ・・・(笑)
b0016600_23145164.jpg

(OM-D E-M5/MZD40-150mmf2.8+MC-14)
by keiji_takayama | 2015-01-30 23:14 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

小径の住人

井の頭に行って、「リスの小径」に入ったのはいつ以来のことだろう。
そう思ってしばし考えてしまうほど、久々であった。
ここはとても楽しそうなところだが、いつものような大きいレンズを
持って入るには場違いすぎる。そのあたりに放置できるはずもないし、
いつしか完全に足が遠のいてしまったエリアだった。存在を忘れていた
ときもあったように感じる。でも、今回はここがメインだと思っていた。

撮影会に使う機材だけしか持って行かなかったので、両手がフリーだ。
機動力があるというのはなかなか楽しいものである。
ちょろちょろと姿を現すリスがどこにいるか、見えない裸眼で形を頼りに
探し当て、カメラを覗いて確認してシャッターを切る。これが面白い。
まるで宝探しのようだ。しかも、よく動くお宝なのである。捉えると、
見透かしたように走り出す。そんな苦労も、楽しく感じられる時間だった。

気付いてみたら、ここに滞在していた時間が最も長かったようである。
当日も、ここで盛り上がれたら楽しいだろう。
いくつかリスが撮れたので、順番に載せていこうと思っているのだが、
まずはこんなカットから。丸太の上でポーズを取っていた。
こうしてみると、この表情とポーズから様々なことが連想されてくる。

ちなみに、撮影会のほうは定員に達しました。当日を楽しみにしています。
b0016600_23385610.jpg

(OM-D E-M1/MZD40-150mmf2.8+MC-14)
by keiji_takayama | 2015-01-29 23:40 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

予行演習

今日も休日。ツアー会社で打ち合わせの予定があり、その前に時間を作って
井の頭自然文化園に行ってきました。撮影会の場所です。当日貸し出される、
オリンパスE-M1と40-150mmf2.8を使って、どんな写真が撮れるのかを
試し撮りしてきた、というわけです。短い時間でしたが、楽しめました。
それはそうと。晴れたのは良かったけど、風がとても強くて参りました。
さすがに寒さを感じましたね。閉園まで滞在は困難だったかもしれません。
さほど広くはない井の頭ですが、フルサイズ換算300mmまでだとさすがに
いろいろと制限が出てきます。そこで、1.4倍のテレコンを併用しました。

この40-150mm。f2.8なのでさすがにどっしりとしています。
ただ、一眼レフ用の80-300mmをカバーするレンズに比べると、やっぱり
小ぶりなんですね。持ちやすくて、小型のE-M1にもよくマッチします。
横位置撮影でしたら、バッテリーグリップがなくても重量バランスに大きな
影響はないだろうと感じました。タテ位置だとさすがに必要だと思いますが。
独特の構造であるフードは面白いですね。いちいち付け替える手間がなくて、
装着したまま引っ張れるのはとても楽だし、やる気スイッチが入るみたいで
よーしという気分になります。AFの早さにも不満は感じられませんでした。
檻抜きではさすがに迷うこともあるけれど、フォーカスリングをずらせば
すぐにMFに変更できます。ここである程度近くにピントを合わせれば、
そのままAFに切り替えて素早く目的の場所に合わせ直すことが可能でした。

井の頭にいつもの装備で行くと、たいていはレンズが長すぎて困ります。
どうにかこうにか工夫するのだけど、位置決めにけっこう時間を撮られます。
それと比べると画角が広いので、シーンを見つけて対応するのが早かった、
そんな印象を受けました。通常ならほとんど撮影することのない、リスの
小径にも入って楽しんできました。当日はどんなシーンと会えるでしょう。

アジアゾウのはな子さんは室内でした。鼻を揺らして、元気そうでしたよ。
b0016600_1832285.jpg

(OM-D E-M1/MZD40-150mmf2.8+MC-14)
by keiji_takayama | 2015-01-28 18:33 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

初ソラマチ

SNSの写真イベントで、すみだ水族館に出掛けてきました。
状況を考えると、そんな場合ではなかったのかもしれないけど。
ただ、ここには行ったことがありませんでした。もとより、スカイツリーが
完成してからは一度も見ていなかったので、それも参加した理由でした。
それにしても、すみだ水族館は場所がとてもわかりにくいです。
→で示されている案内板に沿ってみると、そこにはスケートリンクが。
なんだこれはと思っていたら、いきなり声をかけられました。
なんと、これまでツアーで数回ご一緒した添乗員さん。ビックリしました。
お互いプライベートだったのですが、ここぞとばかりに場所を聞いて、
何とか集合場所に到着。方向音痴にはなかなか厳しいところでした。

このテのイベントは、集まって写真を撮って解散、というパターンです。
なかには、新しい参加者にたっぷり教えたいという人もいるのですが、
そんなことをしていたら楽しめないので、こういう場では一切やらないと
決めています。ひたすらマイペースに、ここのデータを取ることにしました。
ツアー会社による水族館の撮影会を、夏場に予定しています。
その場所として相応しいか、を判断するのが最大の目的だったわけです。
結果は、うーん(笑)ちょっと難しいかなと思いました。

さて、カメラはフジとオリンパスを持って行きました。
もともとオリンパスは使う予定がなく、フジだけで撮ろうと思っていました。
ところが、やっぱりこういう動きものの撮影は苦手なようで、思うように
反応してくれません。とにかく、マニュアルでのピント合わせがやりにくい。
それでいて、AFにするとレンズがギーコギーコ動きっぱなしになるわけです。
ストレスが溜るだけだと判断したので、途中からオリンパスに変えました。
こちらのほうはスイスイ合います。やっぱり動体撮影はこちらが上でしょう。
予想通りの展開でしたが、こういうのはやはりテストしないと始まりません。
そういう意味でも、いい機会になりました。

ちなみに、写真は「おさんぽ写真館」に載せています。
by keiji_takayama | 2015-01-27 21:59 | Comments(0)

お知らせ

先日の動物園撮影会、WEBでの告知が開始されました。

こちらから

定員が15人と少ないので、定員に達した場合は締め切りとなります。
よかったら、一緒に撮りに行きましょう。

ちなみに、フェネックの写真が掲載されているのですが、なんとこれは
2003年9月に撮影されたもの。担当に写真をいくつか渡したのですが、
このカットを指定されました。明日、当日の機材で試し撮りをします。
by keiji_takayama | 2015-01-27 18:35 | Comments(0)

やはり雨男か・・・

明日は休みなのだけど、さきほどから雨が降っています。
で、明日の天気予報は雨のち曇り。
ちなみに28日も休みですが、こちらは曇りのち晴れになってます。
それにしても・・・。前回の休みも雨でした。
去年の暮れあたりからまた、雨男伝説を量産しているような感じですね。

今はいいです。雨が降っても。
しかし、来月はいろいろと予定がありますので、その時は勘弁して。
昨日ここで書いたイベントの日は、なんとしても曇り以上でないと。
雨男が確定してしまうと、あとあとの仕事にも影響が出そうなのです。
by keiji_takayama | 2015-01-26 23:46 | Comments(0)

動物園撮影会番外編 ?

諸般の事情により、まだ詳しくここでは書けないのですが。
ツアー会社でシリーズ化しつつある、動物園撮影会。
その番外編ともいうべきイベントが企画され、本日発表されました。
といっても、主催は某メーカーと店になります。
というわけで、指導という名目でも講師という立場でもありません。

「動物園で一緒に、楽しく撮りましょう」がコンセプトです。
当日はカメラとレンズの貸し出しもあります。
ただし定員は、予約していただいた15人のみとなります。

店のHPから申し込みができるのはおそらく数日後からになりそう。
現在は、直接店に連絡して予約していただく形になります。
ちなみに場所ですが、都内で唯一、これまで開催していないところです。

もう少ししたら、詳細をお伝えできるかもしれません。
by keiji_takayama | 2015-01-25 23:48 | Comments(0)

2015の初ツアー

ありがたいことに、今年の初ツアーが決まった。
去年も2月スタートのはずだったが、大雪がすべてを変えてしまった。
目的地であった富士花鳥園に被害が出てしまい、中止になったのだ。
それも災いし、実際の初ツアーは4月に入ってからだった。

今年はまた2月からになりそうだ。
群馬県のバラギ高原で、霧氷や樹氷を撮影しよう、という内容である。
なんと日帰りなのでちょっと心配ではあるが、お客さんにたっぷりと
楽しんでもらうために、今年も頑張って案内をさせてもらえたらと思う。

下見にも行くつもりでいるが、これはまたレンタカー使用になりそうだ。

実は昨年12月10日以来、クルマを運転していないような気がする。
先日ちょいとエンジンをかけるために駐車場に寄ったが、それっきりだ。
今年は、随分長いこと封印してきた夜のドライブを再開しようと思う。
by keiji_takayama | 2015-01-24 22:54 | Comments(0)

雨男と雨の野毛山

どうもやはり、雨男のようなのである。
昨日の話になるが、休日だった。で、1日中雨が降っていた。
講演会の下準備のため、野毛山動物園に取材に行く予定だった。
起きたら雨が降っていて、それだけでもう行く気が失せたのだが、さすがに
予定が詰まっているので、それを延期するような状況ではなかった。
ただでさえ、いろいろマズい展開になっているのに、これ以上のムダ使いは
許されないところである。なので、決心して雨の中出掛けて来たというわけ。

まぁ当たり前の話だが、園内は閑散としていた。
入園口に座っていた係の人も、心なしか退屈そうである。
動物も、わざわざ雨に濡れているのはフラミンゴやダチョウくらい。
仕方ないので、室内でのんびりしていたトラを撮って、眺めていた。
ひとまず一周したら、ペンギンがとてつもなく元気でビックリ。
水面を飛び越え、素晴らしいスピードで泳ぎまくっていた。
これを見られただけでも、満足だった。

ふと思ったのだが、時にはカメラを持たずに動物園に行くのも悪くない。
そんなことを考えながら、ちょっと寒そうなトラとひとときを過ごした。
b0016600_21482639.jpg

(OM-D E-M1/MZD40-150mmf2.8)
by keiji_takayama | 2015-01-23 21:48 | 野毛山動物園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama