<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ちょこっと多摩

ちゃんと、と言うと妙な感じだが、起きたら雨が降っていた。ひとまず用事を
終わらせたあと、眺めたら小降りになっている。これなら何とか大丈夫そう、
と決めて多摩動物公園に行くことにした。そこそこ時間はかかるが、クルマを
使って訪問する動物園では最も経費がかからない。一般道を使って行けるし、
平日なら駐車場もさほど高くないからである。洗車できなかったので、かなり
汚れているのが気になった。しかし、せっかくの休みなので写真を撮りたい、
そう思った。こういうヤル気というのは、カラ回りしてしまうこともあるが。

ゆっくり出たので、着いた頃には午後になっていた。先日の雪はかなり減り、
歩くのも随分と楽になったなと思っていたのだが、園内に入るとまだ雪国だ。
動物の運動場にはたっぷり雪が残っているところもあった。手の入っていない
場所は雪の平原のようである。もう都心では雪がほとんど残っていないので、
この風景は実に新鮮だった。この雰囲気のなかに身を置くだけでも楽しめる。
シャトルバスの運行は行われていたが、まだ完全な通常運行ではないようだ。
お客さんの姿もまばらなので、乗せてもらうことにした。発車までにしばらく
時間があったのだが、結局1人のまま。貸切の状態でバスに揺られることに。

時間があまりなかったので、今回はユキヒョウとトラを見に行こうと考えた。
さすがのユキヒョウ舍でも、雨の日とあって人の姿は少なめだった。雪はまだ
たっぷりと残っている。大きな運動場には元気な子供たちが、小さいほうでは
シンギズがのんびりと、でも活動的に過ごしていた。毛繕いをしたり、室内を
歩き回ったり、遊具に顔をこすりつけたり。顔の両サイドは泥だらけだった。
トラのところではシズカが、こちらはやや退屈そうにしていた。隣が工事中で
けっこう大きな音がしていたのだが、あまり気にしてないようだ。ところが、
ゴンドラに乗った工事の職員さんの姿が見えると、近くまで歩いて凝視する。
これがなかなか面白かった。けっこうシャッターを切ったが、ピント合わせの
正確性を欠いていたようだ。これには参った。ちょっと消化不良気味である。
b0016600_9401460.jpg

AB (OM-D E-M5/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2014-02-28 09:40 | 多摩動物公園 | Comments(0)

レンズが届いた

仕事が早番だったので、急いで帰ってきた。昨日も触れたが、レンズが届く。
到着時間指定を20時-21時にしていた。食事しながら待っていたら 、30分
ほどして部屋のベルが鳴った。もう何度か使っているレンズだが、あらためて
眺めてみるとその大きさに驚く。キヤノンがメインだった頃は、広角撮影用に
100-400nnを長いこと所有していた。これしかないという選択だったのだが
とても好きなレンズで、あちこちで活躍してくれたことを思い出す。APS-Cに
装着すると160-640mmになるわけだ。重量も1.3kgあり 、サブといえども
しっかりその気にさせてくれる、そんなレンズだった 。過去形ではあるけど。

さて、今回の100-300mm。見るからに小さくてビックリする。換算すると、
200-600mmということになる。それを認識するとなおさらだ。重量は僅かに
520gほど。全長は126mmというから、一昔前の標準ズームほどでしかない。
ところがこの小さなボディのなかに、17枚もレンズが使われている。色滲みを
低減するEDガラスも採用されているようだ。重たい、というキーワードに何の
抵抗もないが、この機動性はとてもありがたい。前にも書いたが、撮影体勢に
入るまでの時間を大幅に短縮できる。幅が広がったと言っても過言ではない。
バッグに入れてもまだまだ余裕。カメラを2台入れてもまだスペースがある。

で、今日は休み。さっそく何か撮りに行こうと思ったら雨だった。もともと、
昨夜は洗車に行こうと考えていた。このパターンはホントに多い。洗車すると
数日後に雨が降る。雪が降ってからそのままだし、キレイにしたいのだけど。

写真は多摩のアジアゾウ。飼育員さんも近くにいて、なんだか楽しげだった。
b0016600_9234473.jpg

AB (OM-D E-M1/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2014-02-27 09:24 | 多摩動物公園 | Comments(0)

寝る前が勝負

すこし前、千葉市動物公園「家畜の原種ゾーン」が好きだという話を書いた。
前回はラマしか撮れなかったので、先日の訪問ではもうちょっと頑張ってみる
ことを目標の1つにした。園内は雪がまだ残っていたが、ここらの運動場では
かなり溶けていて、ラマ以外はすべて外に出ていた 。チャンスは必ず訪れる、
そういう期待を大きく持てるような気がした。何となく、バイソンをしっかり
押さえたいな思っていたのだけど、こちらに背を向けたまま微動だにしない。
そこで、適度に移動しつつタイミングを図ることに。まずスイギュウだった。

歩きながら視界にスイギュウ舍が入ってきてて、やがてその姿を確認できると
「おお、いたいた ! 」という気分になる。そこから、これは撮れないなとか、
いけそうだとか買ってなことを考え始めるのである。今回は後者だったので、
ひとまずカメラを向けることにした。しかし、その期待は打ち砕かれるのだ。

スイギュウは横になって顔を上げていた。ここまではいい。しかし。うしろに
ある柵が完全に頭をかすめていた。角と同化してしまう。顔を下げてくれると
これを回避できるので、ひたすらそれを待とうと決めた。ただ、頭を下げると
つまりは寝る体勢になってしまうので、なんとしても目を瞑る前に撮りたい。
その一心であった。ひとまずこれで狙えたけど、次は正面顔を撮ってみたい。

先日以来ちょくちょく借りて使っていた、ルミックス100-300mmをついに
購入しました。新品より8千円ほど安かった中古です。前の所有者がメーカー
保証書を残してくれていたので、ラッキーでした。今夜、届く予定なのです。
b0016600_7242131.jpg

AB (OM-D E-M5/NewFD400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2014-02-26 07:24 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

落札

今年に入ってから休日はそれなりに充実していた。だいたい撮影に出かけて、
帰ってくれば整理に追われたものだ。でも昨日は、1日中部屋にいた。近くの
コンビニに出かけるため外にはでたが、それ以外は特になにもせず過ごした。

ずっとパソコンと暖房を動かしていたので、おそらく日中の電気消費は今年で
最高だったことだろう。これまでに撮った写真を保存したり、動画サイトなど
ずっと眺めていたら、いつの間にか夜になってしまった。久しぶりにあちこち
サイトを見たりしていたが、つい気になったことがありヤフーオークションを
久しぶりに覗いてみることにした。クルマのパーツ探しである。劣化が進んだ
ステアリングを交換したいのだが、市販のものを装着するとエアバッグが解除
されてしまい、つまりは任意保険の契約変更をしなければいけない。さすがに
面倒なので純正をそのまま使っている。しかし、先日ディーラーに行った際、
それとなく新品の価格を尋ねてみた。まだ残っているらしいのだが、なんと。
エアバッグ部分を覗くステアリングだけで5万であった。7Dが買えてしまう。

そんなこんなで延び延びになり 、そのうち「まぁいいや」と思ってしまった。
なので、放置状態になっていたのである。で 、しばらくぶりに探してみたら。
タイミングというのは実に面白いものだ。オークションではこれまで出品して
いるところを見たことがなかったのに、見事にヒットしたのである。さらに、
終了まで残り15分だった。価格は2000円。ちょっと迷ったのだけど、いま
装着しているものよりは確実にキレイそうだった。で、2100円試しに入札。
これがそのまま通ってしまう。しばらく待っていたらスンナリと落札できた。
送料を入れても3305円だ。これはとんでもなくラッキーだった。スペア用に
残しておいてもいいし、使ってもよし 。いい買い物ができた、と思っている。

それはそうと、長時間椅子に座っていたので腰が痛い。これは困ったものだ。
b0016600_7353644.jpg

AB− (OM-D E-M5/NewFD400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2014-02-25 07:35 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)
ちょっと間隔が空いてしまったけど、久々に相場記事。ニコンズームの価格を
いろいろ並べてみようと思う。キヤノンと比較するのも面白いかもしれない。

AF-S 14-24mmf2.8G(2007.11)   ¥160,650
AF-S 16-35mmf4G(2010.2)    ¥94,500
AF 17-35mmf2.8D(1999.9)     ¥92,400
AF 20-35mmf2.8D(1993.11)    ¥56,700
AF-S 24-70mmf2.8G(2007.11)   ¥134,400
AF-S 28-70mmf2.8Dブラック(1999.3)  ¥87,150
AF-S 28-70mmf2.8Dライトグレー(1999.12)  ¥102,900
AF-S 70-200mmf2.8Gブラック(2003.3)  ¥115,500
AF-S 70-200mmf2.8Gライトグレー(2003.8)  ¥131,250
AF-S 70-200mmf2.8GⅡ(2009.11)  ¥185,850
AF 80-200mmf2.8D(1992.9)  ¥42,000
AF 80-200mmf2.8DN(1996.10)  ¥59,850
AF-S 80-200mmf2.8Dブラック(1998.12)  ¥74,550
AF-S 80-200mmf2.8Dライトグレー(1999.12)  ¥81,900

レンズ名のうしろにあるカッコは発売年。キヤノンより高値を維持している、
なんとなくそんな印象を受ける。外観色をブラックとライトグレーの2つから
選べるのも特徴。全体的にライトグレーのほうが高い。レンズによってはAFの
鳴きが発生して、作動させるとキーキー音がするものがある。修理代も高額だ。
b0016600_9451737.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2014-02-24 09:45 | 多摩動物公園 | Comments(0)

また風邪

またしても風邪を引いてしまったらしい。つい先日もそうで、やっと治したと
思っていたのに調子が悪くなってしまった。数年前までは全くの風邪知らず、
と言っても過言ではないほどだったが、ここ数年はかなりひどい状況である。
以前は、まず違和感を感じるところが喉だった。それが、去年あたりから自覚
しているのだが鼻になっている。これが喉以上にたちが悪いのだ。仕事にも、
それなりの悪影響がある。次の休みは、おとなしくしているほうが良いかな。

先日 、ソニーのミラーレスカメラである NEXシリーズが選びやすい 、という
記事を書いた。流通量が多くなれば価格は下がる、という相場の原則通りに、
NEX-6とNEX-7が安くなったのだ。このシリーズのトップに位置づけられた
NEX-7 (2410万画素) が ¥35,700、NEX-6 (1600万画素) は ¥27.300と
それぞれ買いやすくなった。これによって動きが出て、つまりは売れていき、
流通にも変動が現れた。つまりはこの価格帯が適正であったといえるだろう。
そこそこの高級機でも 、中古でユーザーが買い得だと感じるのは 、だいたい
3万円前後からだと思う 。かつてのK-7とE-3も、そうだった記憶がある。
最近の傾向として、ファインダーが内蔵されているミラーレスは人気が高い。
オリンパス OM-D E-M5 はまだ4万円台を維持しているし 、アダプ ターを使い
楽しみたい側面から見れば 、ボディを安く買えるというメリットもあるだろう。

それにしても、欲しい機材がありすぎる。それはそれで贅沢な悩みなのだが。
b0016600_6534118.jpg

AB (OM-D E-M5/NewFD400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2014-02-23 06:54 | 千葉市動物公園 | Comments(2)

ワリキリカメラ

動物園で大きなレンズを構えていると、高そうと声を掛けられることがある。
だが、これは大きな間違いだ。いちいち説明するのは時間の無駄だと思うので
さらりとかわしてファインダーに集中するのだけど。大雑把に言ってしまえば
今使っている機材は、ミドルクラス一眼と300mmクラスの望遠ズーム1本、
これとほぼ同じ価格帯だ。動物園用に使っている超望遠3本のうち、所有物は
600mmだけ。古い友人から18万円で購入した。残る500mmと400mm、
これは両方とも借り物である。500mmは職場の先輩から、400mmは友人が
無期限で協力してくれている賜物なのだ。そういう意味では、恵まれている。

カメラのほうはといえば、最初のEOS10Dから30Dまで新品を買っていた。
30Dは、前に勤めていた店の売上げに少しでも貢献できればという思いから。
その後に買って使ったカメラはほとんどが中古品だった。そして、外観など
気にしないこともあり、敢えて程度の悪い商品を狙って購入した。外見では
明らかに使い込まれた感が明白であり、よほどのことがなければ買いにくく
感じると思う。シャッターは耐久を超えている可能性が高いし、ぶつけたと
思われてヒビが入っていることもある。がしかし、今シャッターは切れる。
それだけでも十分使えると判断できる、いい意味でも悪い意味でも柔軟性を
持ち合わせているようだ。要は使いたいかそうでないか。カメラに対して、
以前ほど誇りや愛着を持てなくなったと話すユーザーが多いなか、こういう
割り切ったカメラ選びがあってもいいと思う。機材はボロでも、思っている
写真が撮れればそれでいい。程度が悪いカメラを買ったその後どうなった、
どんな写真が撮れるのか、それはこのブログを読み返すと答えは出ている。

新品を買ってトラブルが起きるより、ストレスは遥かに小さい。割り切ると、
見えてくるもの、考えかたも違ってくる。たぶん今後も、それは変わらない。
b0016600_9361059.jpg

AB− (OM-D E-M5/NewFD400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2014-02-22 09:37 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

ニセモノ騒動

CP+会場の最寄り駅にて、カメラバッグメーカーとして知られるLoweproの
ポスターを見た。それ自体は特にどうということもないのだが、ポスターには
妙なことが書かれていた。曰く、Lowepro製品の偽物が出回っているという。

ここ最近、キヤノンやニコンのバッテリーグリップが、ネットで安く売られて
いるという話を聞く。買い取りとして持ち込まれることもあるが、値段は殆ど
付かないのが現実である。メーカーが認めていない製品なのだが、安価なため
ついつい購入してしまうというケースが多い。だが、カメラバッグにもそんな
製品があるのかとビックリした。そこで、会場で代理店のハクバに聞いてみた。

出回り始めたのは去年の夏頃からだという。その大半はバックパックらしい。
もともとLoweproのバックパックは、しっかりした作りと確かなブランドで
人気の高いシリーズである。これの偽物がインターネットで売られていると
いうのだ。お客さんからの苦情がハクバのほうに直接届くようになったので、
発覚したようだ。見分け方は縫い目の部分。かなり雑に作られているらしい。
そしてもう一つは仕切り用パッド。クッション材が入っている部分にしわが
多く刻まれている。本物にはそういうものは一切ない。極端に安いものを、
ネットで購入するのは危険だらけである。しっかりとしたブランドのものは
他社では真似できないノウハウが詰め込まれているものである。注意しよう。
b0016600_023023.jpg

AB (7D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2014-02-21 00:23 | 多摩動物公園 | Comments(0)

中止になったので

2月19日はツアーで富士花鳥園に行く予定だった 。今年初めての催行だし、
楽しみにしていた。先月には下見も終わらせ、当日お客さんに配布する予定の
テキストも完成、作例と合わせてあとはプリントするだけという段階だった。
しかし、先日の大雪がすべてを狂わせてしまう。富士花鳥園のある朝霧高原は
周辺道路が通行止めになったことなどから、営業見合わせになっているのだ。
これによって、目的地に行けなくなってしまった。ツアーはもちろん中止に。
本番の数日前に、突如として予定が消えてしまったのだ。これはとても残念。

こうしてポッカリと穴が開いてしまったが、せっかくの休みだし、昨日に続き
どこかに出かけようと考えていた。で、頭に出てきたのがズーラシアである。
そういえば、もうかなり訪問していないような気もする。クルマではたぶん、
最も短時間で行ける動物園だと思う。駐車場代が1000円と高いのが難だが、
昼前には到着した。平日だったけど、お客さんはけっこう入っていた。元気な
子供たちが園内を駈けている。レッサーパンダに向かって「あいしてるぅ ! 」
と絶叫していた女の子がとても印象的だった。動物を見ながら会話をしている
お客さんが多くて、ホッキョクグマのところでは「いい暮らしをしてますね」
とか「あ、あそこにたまごがういてるよ」などという声がよく聞こえてきた。
雪はまだ残っていて、通行止めになっているところも。オカピは室内だった。

そして、写真はというと。これはもう笑うしかない展開でした。昨日の多摩と
同じく、E-M1+100-300mm 、E-M5+500mmという組み合わせで撮影を
行ったのですが、こっち用のはほぼ惨敗、別館のカットはそこそこ豊作という
手放しでは喜べないけど楽しめた、そんな結果でした。これからも、こうした
機会は増えるでしょう。マイクロフォーサーズの凄さをあらためて感じます。
b0016600_9332333.jpg

AB− (E-M1/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2014-02-20 09:33 | ズーラシア | Comments(0)

多摩は雪国

休日。多摩動物公園に行ってきました。大雪の除雪作業がかなり難航している
という話を聞いたのですが、それがどんな状態なのか見てこよう、という点も
目的の一つでした。いつもよりちょっと遅めに出て、でも昼前には着く予定で
いたのですが、道路がビックリするほど渋滞していました。いつものルートは
なんだかんだでスイスイ流れるのですが、今回は違っていて、信号が青なのに
なかなか進まないというケースが何度もありました。さすがにこれは想定外。

結局 、予定より30分ほど遅れてやっと到着、のはずでしたが、いつも停める
多摩動物公園駅前の駐車場に入ろうとしたら、どうも様子が変なのです。紙が
貼ってありました。そこにはなんと「満車」の文字が。見渡すと、駐車場には
雪が残っていて 、20台ほどしかスペースがありません。仕方ないので 、別の
場所を探してみることにしました。ところが、他の駐車場は多くが閉鎖されて
いました。雪もそのままです。さすがに参りましたが、ちょっと離れた場所で
ようやく見つけることができ、入園できました。園内はまだ雪国のようです。
歩くコースはきちんと確保されていましたが、それ以外のところは雪だらけ。
除雪がどうこうのレベルではないです。シャトルバスの運行は休止中でした。

キリン、シマウマなど見られない動物もいましたが、ゾウ、チーター、トラ、
ユキヒョウ、ターキンなどがとても元気そうでした。お客さんは親子連れより
若い男女のグループが多かったように思います。ユキヒョウのところは、雪が
ほとんど残っています。カメラを持ったファンの皆さんが集結していました。
よく跳んだりしていたので、シャッター音も賑やかでしたね。手持ちの機材は
オリンパス2台 。いつものE-M5と借りてきたE-M1です 。ひとまずはE-M1に、
100-300mmのズームを装着してみました。最後にトラを撮った時、500mm
使用時のフィーリングを確かめました。さすがにこれは、いいカメラでしたね。

しかし、操作を誤ったようでして。何故か画面サイズが4:3になっていました。
この写真を撮影したときは、周辺の余計なものをカットする意味もあり1:1に。
b0016600_9112738.jpg

AB (OM-D E-M1/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2014-02-19 09:11 | 多摩動物公園 | Comments(2)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama