<   2013年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

不動の人気ナンバ−1

オニオオハシ。掛川花鳥園では1、2を争う人気者である。
数年前に行われたKKE48総選挙では、見事に優勝したほどだ。
ブラジルの国鳥としても知られているこの鳥は、上野や千葉といった
各地の動物園でも飼育されている。ところが、近くでは見られない。
上野を例に取ると、檻の中にいる。姿はその大きな嘴でわかるのだが、
網が邪魔になってしまうのと、距離が遠いのでしっかりと確認するのが
肉眼ではかなり難しいのである。写真を撮る目的で大きな望遠レンズを
向けると、表情はわかる。しかし、触れるなんてことは到底不可能だ。

この不可能を可能にしたのが掛川花鳥園であった。
初めて訪問したときなど、あまりの自由さに驚いたほどだった。
檻の中でしか見られないと思っていたオオハシが、見事に飛んでいる。
しかも、おやつを購入すると、手元にやってきてくれるのである。
当然触ることもできるし、おやつのりんごを投げればキャッチする。
取りこぼしはほとんどない。投げたリンゴを上手に食べてもらえると、
年甲斐もなく嬉しくなるものだ。そんなわけで、ここのエリアはいつも
大人の笑顔が溢れている。相手にしてもらえる順番待ちが起きるほどだ。
当のオオハシたちは飄々としたもので、食事をくれるお客さんのもとに
飛んで行って愛想を振りまくのである。ファンサービスそのものだ。
そして、時々木の上やえさ箱の上に止まり、こんなふうに愛嬌のある
表情を見せてくれるのである。しかし、常に新しいお客さんを探すのか、
けっこうあちこちキョロキョロしている。いつものアップを撮ろうとすると
タイミングを合わせるのにけっこう時間がかかる。しかも、ドヤ顔なのだ。

撮り初めた頃は横向きだった。それが最も簡単に捉えられるからである。
大きな嘴は、成り行きでカット。そのうちときどき正面を向くようになり、
だったらそっちのほうが絵になると狙いを変えた。ピントは目に合わせて、
ファインダー越しにその1点だけを睨みつける。視線の端で、嘴が正面に
向くタイミングを待った。「どうだい、撮れた ?」そんなことを言われた
ような気がする。最後はお礼を言って、その場を後にした。そんな一瞬。
b0016600_7503543.jpg

AB (OM-D E-M5/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT 36mm)
by keiji_takayama | 2013-10-31 07:51 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

クルマとカメラと花鳥園

28日の話。職場の同僚3人と掛川花鳥園に出掛けてきました。
往復500km以上走るため、愛車では後席が窮屈ではないかと考えました。
そこで、フィットシャトルハイブリッドをレンタル。これで解決です。
朝6時半に集合。海老名SA、富士川PAで休憩を取り、花鳥園に向かいます。
到着は10時半頃でした。平日らしく、さほどの混雑はありません。
写真を撮りに行くというより、遊びに行くという要素が強かったです。
いつものフクロウゾーンでも、レンズを向けたのはカラフトフクロウだけ。
鳥たちのお食事代でそこそこの額を使い、たっぷりと楽しんできました。

ハイブリッドカーをじっくり運転するのは初めてでしたが、思っていたより
よく走るのでビックリしました。最初は運転ポジションがプレリュードとは
あまりに違うので馴染めませんでしたが、それは時間が経てば慣れるもの。
アクセルをちゃんと踏めばスピードも出るし、コーナーでもそこそこ粘る。
人気が高いだけのことは当然あるわけで、けっこう快適なドライブでした。
燃費は当然のように良くて、結果はリッター20km以上でした。この点はもう
太刀打ちできないというか、さすがに時代の差を思い知ることになりました。
たまにはいつもと違うクルマを運転するのも楽しいもの。また何かを借りて、
走ってみたいものです。好きではないけど、プリウスはやはり試してみたい。

そして、カメラ。今回はマイクロフォーサーズで撮ってみたかったので、
オリンパスOM-D E-M5を使いました。レンズは400mm。最短撮影距離が
4mなので、これを縮める目的で中間リングも併用しています。前回の時と
園内のレイアウトが少し変わっていて、これが装備とよく合っていました。
割と距離を保って撮ることができましたが、それでもいつもよりアップ度が
増していまして。スクエア画面と相まって、けっこう楽しく撮影できました。

いつもよりちょっと早めに掛川を後にしたのですが、工事で東名が大渋滞。
これはちょっと困りました。クルマを返すのが1時間遅れてしまったけど、
事前に連絡をしていたこともあり、オマケしてもらえました。助かった〜。
b0016600_7545129.jpg

AB (OM-D E-M5/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT 36mm)
by keiji_takayama | 2013-10-30 07:56 | 掛川花鳥園 | Comments(0)

愛車遍歴と写真

クルマ好きのSNSとして、みんカラというサイトがある。これは略称であり、
正式には「みんなのカーライフ」と呼ぶらしい。たまたまこれを知ったので、
特に理由はなかったのだが登録してみた。このサイトの面白い活用法の1つは
愛車紹介と称し、これまでの愛車遍歴をまとめられるところだ。これをすべて
並べたら楽しいだろう、と思い昔のネガを探してみた。すると、過去の愛車が
続々と姿を現してきたのだ。仕事用も含め、これまで15台乗り継いでいる。
とはいうものの、断片的に写真が見つかっただけだ。走行距離や整備の履歴は
全くわからなかった。不明な点があまりにも多い。それはつまり、しっかりと
そうしたデータを保管してこなかったことにもなる。後悔先に立たずなのだ。

ではどんなクルマに乗っていたのかというと。

・ニッサンサニー1.4GL→昭和62年7月免許取得。家にあったクルマ。
・ニッサンサニー305Rtターボ→初めて購入。知らずに買ったターボ。
・ニッサンシルビアRS-X→大人気のS13ではなく、不人気だった旧型。
・トヨタスターレットターボS→よく走った、思い出の多いクルマ。
・マツダユーノスロードスター→子供と女の子には人気があった。
・マツダファミリアグランツ→訳ありで4ドアのクルマに乗り換え。
・マツダファミリアインタープレー→でもMTが良くてまた買い替え。
・マツダファミリアGT-X→訳ありで元の好きなクルマに戻る。
・マツダユーノスコスモSX→余裕があればまた乗りたい。
・ホンダプレリュード2.2SiR→現在

そして、仕事用として軽自動車を使っていた。

・三菱ミニカインタークーラーターボ→ブースト上げてエンジンブロー。
・スズキアルトツインカム→これで上高地までドライブに行きました。
・スズキアルトワークスRS-X→仕事がとても楽しくなりました。
・スバルレックスS/Cオープントップ→仕事なのに爽快ドライブ。
・三菱ミニカ→なかなか快適でした。室内も広かったように思います。

こうしてみると、なんだかんだといろいろ乗ってきたものだ。
それぞれのクルマには当然のように、たくさんの思い出がある。
誰を乗せたとかどこに行ったとか。壊れたり止まったりした記憶も。
そうした証を残していればよかったのだが、ちょっと残念なことになった。
それにしても、写真だけでも撮っておいて良かったとつくづく思う。
記録だけではなく記憶に残す意味でも、写真撮影は貴重な行動なのだ。
b0016600_10215812.jpg

AB− (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-10-29 10:22 | 多摩動物公園 | Comments(0)

現像結果

仕事を終えて、ちょっと急いでフォトカノンさんに向かった。
昨日記事を書いた、ふんわりした雰囲気のしゃしんやさんである。
場所は東急池上線の戸越銀座駅からほど近いところだ。
職場からは40分ほどで到着する。閉店時間には余裕で間に合った。
昨日お願いしたフィルムが仕上がっているので、どうしても受け取って
帰りたかったのである。こういうのは全く待てない性分なのだ。

預かり票を渡して写真が入った袋を受け取る。
確認のため、店のお姉さんが写真をチラリと見せてくれた。
といってもプリントは頼んでいなかったので、CDだったのだが。
パッと見て像が写っているのを確認できた。それだけでもう満足である。
写ってないとか多重露光させているとか、失敗していそうなケースしか
想像できなかったので、撮れていることが嬉しかった。これがフィルム。

戻ってパソコンでしっかり確認してみると、さすがにいろいろ問題が。
撮影時から感じていた構図決めの難しさ、これは完全に次の課題だ。
手持ち撮影ということを除いても、水平が保たれていないカットが割と
多かったように思う。全部で25枚撮って、まぁ見られるのは7つくらい。
露出計を使わず、すべて勘で撮った。こちらのほうは思っていたよりも
破綻していなかった。とりあえずほぼ適正を保っていたようだ。
ただ、光線引きと思われるカットも3つほど見つかった。
どうしてこうなったのか、の理由がよく解っていないのだが、
けっこう気に入っていたカットがこれに該当してしまったのは残念だった。
でも、ガッカリした気持ちは皆無であり、失敗も楽しめそうである。
価格の安くなった中判カメラはとても魅力的だ。操作するのも面白い。

そして、大きなネガを見ていると伸ばしたくなるから不思議なものである。
とても有意義だった中判での撮影。機会を作ってまたやってみよう。
b0016600_425655.jpg

AB (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-10-28 04:25 | 多摩動物公園 | Comments(0)

しゃしんやさん

子供の頃、写真を撮ったあと現像しに出掛けたのは「写真屋さん」だった。
それに加えて「カメラ屋」にも行くようになったわけだが、そう感じたのは
店内の風景にも理由があったように思う。所狭しとアルバムやら額縁やらが
ならんでいて、写真が飾られていて、カメラがある。どうにも特殊なお店に
入り込んでしまった感が強かった。これはアロマカラーで働いていた頃にも
感じていたことだ。写真屋というのは、どこもだいたいこんな様子だった。

変わって、先日の昭和記念公園で撮影したフィルムを現像する必要があり、
どこのお店にするか考えていた。毎年年賀状を依頼するのは職場近くにある
チェーンの写真店だ。ブローニーフィルムだし納期がかかるだろう、勝手に
そう思っていた。問い合わせてみたらほぼ予想通りの答えが返ってきたし、
まぁ仕方ないかと思っていたのだが、家から10分ほどのところにここ最近
雑誌などでよく目にする写真店があったので、いい機会だと思ってふらっと
立ち寄ってみることにした。受付カウンターにフィルムを出すのも久々だ。
とりあえずは現像とCDを作ってもらうことにしたのだが、なんと明日には
仕上がってしまうらしい。これには心底驚いてしまった。店内にある機械で
可能なのだという。そこまで進化しているとは。まさに浦島太郎状態だし、
翌日が早番であることをラッキーと感じてしまった。引き取りに行けそう。

そしてここのお店は、とてもほんわかした雰囲気をもっていた。これまでに
お世話になってきた「写真屋」ではなくて「しゃしんやさん」なのである。
つまり、ひらがな。柔らかな空気感に包まれた店内は、外の世界とちょっと
異なっている。カメラ用の雑貨がいろいろ置かれていて、要は商品なのだが
いちいちふんわりしていて飽きない。「あー、こんなものがあるのか」と、
年を忘れて見入ってしまうほどだ。商品の説明タグも、おじさんが殴り書き
したような懐かしいものではない。小さな、でもハッキリとした文字が並び
商品をアピールしている。この字がまたふんわりしていて、心地よいのだ。

お店は決して広くはないが、まるで宝箱の中に入ってしまったような感じ。
たぶん手に取っても何も言われないだろうと思うのだけど、なぜか触るのを
ちょっと躊躇ってしまうような、そう、ここにもふんわりした空気がある。
また、作品を楽しめるスペースが設けられていて、写真展も頻繁に行われて
いるようだった。さて、明日の仕上がりはどうなるだろう。きっと大笑い、
失敗の連続ではないかと思うのだが、それはそれで楽しめそう。ワクワク。
b0016600_7534034.jpg

AB (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-10-27 07:54 | 多摩動物公園 | Comments(0)

おじゃまします

ネットのニュースで知ったのだが、長寿番組の「笑っていいとも ! 」がついに
来年3月で終了するらしい。なんと約31年も続いたというのだから驚きだ。
さすがに大きなニュースだったらしく、朝日新聞にも写真付きで載っていた。
思い出すのは、いいとも ! の裏で粉砕された番組である。各局とも打倒を声に
出しつつ新しい昼番組を打ち立てていたようだが、ほとんどが叩き潰された。
そして、最も短命に終わった1つではないかと思うのが「おじゃまします」。
TBSで放送されていたのだが、最初からいいとも ! を意識した内容であった。

この番組、新宿駅南口付近に当時存在していた「新宿コメディシアター」から
公開生放送されていた。そう、スタジオアルタまで歩いて7分ほどの距離だ。
同じ新宿、しかもかなりの近い場所でフジテレビとTBSが生放送をしていた。
ところがなんと、「おじゃまします」は放送34回で終了した。たった7週間
ほどのことである。司会に選ばれたコント山口君と竹田君も、いまとなっては
ほとんどその名前すら知られていない。しかし、当時のカメラ小僧にとっては
かなり貴重な番組だったのだ。まださほどメジャーな存在ではかったのだが、
のちに「ジャニーズ少年御三家」として脚光を浴びる、男闘呼組のメンバーや
少年忍者が出演したからだ。そして、コメディシアターは撮影禁止ではなく、
要するに毎日中に入れさえすれば、写真を撮ることができた。しかも、ここの
入場方法というのが予約制であり、現地で予約さえ入れてしまえばOKという
実にいい加減なものだったのだ。そこで、よくあるパターンとして祝日などに
他のメンバーも出るに違いないと予測、早々に2か月分の該当日を押さえた。
これが結果的にはドンピシャで、終了までに男闘呼組全員がサプライズ出演を
した会にはすべて、その会場内に入って撮影できた。ジャニーズのタレントが
こうも簡単な方法で撮れたのは後にも先にもこの番組だけ。貴重だったのだ。

こんな有益な番組だったが、視聴率は恐ろしいほど低かった。見ていても全く
面白くなかったので、妙に納得したことを覚えている。いいともの終了を聞き
こんなことを思い出して長文を書くのも不思議なものだが、懐かしい思い出。
b0016600_640846.jpg

AB (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-10-26 06:41 | 多摩動物公園 | Comments(0)

贅沢な悩み

わかってはいるが、とても贅沢な、でも羨ましい悩みなのである。
ここにきてピークに達している感もある、ミラーレスのことだ。
つい先日触れたばかりだが、フラッグシップを標榜する機種が相次いで登場、
いよいよ市場は大盛り上がりの様相を呈しているのである。ミラーレスでは、
トップに立っているのがキヤノンやニコンではなく、オリンパスとソニーだ。
これについては様々な意見があるだろうが、ほぼ間違いないと考えている。
ブームを作ったオリンパス、そこに高画質を提案し続けて来たソニー。
これに大メーカーが追随しようとして、方向性を誤って人気が上がらない。
これが現状ではないかと思っている。ただし、カメラの性能は抜きにして。

このようなタイミングで、オリンパスとソニーが揃って上位機種を出した。
それぞれのメーカーでシステムを組んでいるユーザーは多々いるのだが、
ミラーレスの人気を大きく押し上げた、アダプター族を忘れてはいけない。
そう、レンズはいろいろ持っているのである。つまり、どちらも選べるのだ。
となると、いったいどっちを選ぼうか ? という実に贅沢な悩みに直面する。
動体にも強く、一眼レフを超えるミラーレス。完成度の高さをアピールする
OM-D E-M1に対し、α7R/α7のほうは、フルサイズセンサー採用による
圧倒的な高画質に期待が持てる。さあどうしよう。ワクワク感急上昇なのだ。

しかし、これにはとても有効な解決方法がある。両方買ってしまえばいい。
つい数日前にも書いたけど、金で解決できる問題は金で解決するのがベスト。
両方買ったとしても、フルサイズ一眼レフ1台の価格と大差はないからだ。
ちなみにある店の価格は、O-M1が13万300円、α7Rは19万7800円。
これを合わせると、32万8100円になる。これをどう考えるか。いろんな
レンズをこの両方に装着したら、楽しさは2倍どころの話ではないだろう。

究極の楽しみともいえるこの選択。二兎を追って二兎とも得てしまえばよい。

とまあこんなこと言ってますが現実的には100%アウト。そこで、この2つを
買ったという実に羨ましい人がもしいたら、それぞれの感想を教えてください。
そんな話をお客さんにぶつけてみて、お互い大いに悩み、楽しもうと思います。
αフルサイズが出るのは来月。それにより変わる中古相場にも注目しましょう。
b0016600_7444449.jpg

AB+ (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-10-25 07:44 | 多摩動物公園 | Comments(2)

下見に行ってきました

早起きはできないだろうな、と予想していたらその通りになりました。
なんだかんだで気付いたら10時近くになってしまい、そうなってもまだ
当日の予定を決めあぐねていました。動物園に行くか、下見にしようか。
結局のところ、ツアーの下見を早めにやっておこうという結論に達し、
クルマで東名を飛ばして御殿場まで行ってきました。富士山がテーマに
入るのですが、雲がたっぷりで影も形も見えません。ちょっと残念です。

来月のツアーは、富士山の見えるレストランで昼食を取り、そこから風景を
撮影したあと、牧場に行って富士山と馬を撮ろう ! という行程になります。
この干支関連のツアーは数年前のトラから始まり、ウサギも撮りました。
ただ、今年のヘビはさすがにツアーとして出掛けるには厳しかったらしく、
日程が組まれることはありませんでした。来年は馬ですから、いろいろと
企画が立っているようです。競馬場で撮ったりするのも楽しそうですね。

これと、世界遺産に登録された富士山を絡めようというのが企画の主旨だと
思うのですが、まぁよくそんな場所を探したものだと感心しきりでした。
撮影地は乗馬菜園牧場御殿場といいます。大きな施設ではありませんが、
とても静かな、広々した空間を楽しめるところです。田んぼやちょっと古い
民家なども点在し、これをうまく取り入れることができたら、風景写真として
それなりに絵にすることはできそうでした。ただ、鉄塔や柵など障害物が多く、
これらをうまく抜いて富士山と絡めるのはちょっと難しいかもしれません。
コツとタイミングによって、仕上がりに大きく差が出てしまいそうです。
とにかく、晴れなければ富士山が見えないので大いに困ってしまいます。
スタッフさんの話によると、最近はちょっと雲が多いとのことでした。
初冠雪のニュースも聞こえてきた富士山、何とか晴れてほしいものです。
b0016600_1014577.jpg

AB (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-10-24 10:14 | 多摩動物公園 | Comments(2)

大きなカメラとコスモス

写真仲間と立川昭和記念公園に出掛けてきました。
SNSで定期的に開催されているイベントなのですが、ここのところ忙しくて
なかなか参加できませんでした。カメラを持ってのんびり歩くのは久々です。
平日ということもあり、園内は特に大きな混雑もありませんでした。
コスモスまつりが開催されています。でも台風もあったし見頃はそろそろ終了、
そんなことを思っていました。倒れている花もかなり多かったけれど、意外と
傷んでいない花も多くて、レンズを向けるカメラマンたちも真剣そのもの。
ちょっと探せば、キレイに咲いているコスモスを撮ることができます。
こういう場では基本的に自由行動なので、レンズを向けてああだこうだと
考えながらシャッターを押せます。歩くので運動にもなるし、一石二鳥。

カメラはマミヤRB67を連れていきました。
これはなんと、かなり古い型式の6×7判一眼レフです。もちろんフィルム。
これまでに使ったことがないこと、相場が下がってとても安く買えること、
こんな理由から、先日さりげなく買ったカメラです。ゴツくてとても重たい、
まさに時代から取り残された感があります。レンズは準標準にあたる90mm。
露出計など内蔵されていません。何かあったときのためにデジタルカメラも
用意してはいたのですが、もともと使う気は全くなくて、露出もすべて勘で
やってみようと決めていました。かつてはそういう撮影をしていたので、
当時の感覚がどれだけ残っているか、確認してみたかったからです。

1本のフィルムで10枚しか撮れないので、必然的に慎重な撮り方になります。
しかし、ファインダーで見る像はいつもの逆。ウエストレベルファインダーが
装着されていました。アイレベルでの撮影はできません。常にやや下から見る
構図で狙うことになるわけです。オマケにすべて逆なので、構図を作るのが
とても難しい。カメラを振る際も、ついついいつものようにやってしまいます。
そんなわけで、いつもより遥かに時間がかかりました。トータルで25カットを
撮ったのですが、さてどう撮れているのでしょう。現像にも時間がかかるので
結果を知るのはまだまだ先になりそうです。それにしても、バシャッという
シャッター音がとても心地良かったですね。写真のデキがどうこうよりも、
このカメラを使って写真を撮る、その行為そのもので大いに楽しめました。

大きなカメラを持つと、じっくり風景を狙ってみたくなります。そのうちに。
b0016600_1014544.jpg

AB (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-10-23 10:01 | 多摩動物公園 | Comments(0)
ある日のこと。前述のようなことが原因かどうかはわからないが、
スープサンドが突然廃止されてしまう。しばらくしてから登場したのが
パストラミサンドである。これはもう大ヒット。ハマリにハマッたのだ。
価格は確か250円だったか280円だったか。安かった記憶が残っている。
パンにパストラミとキャベツを乗せて、マスタードをかけるだけなのだが、
オリジナリティを出すために、オーナーがちよっとした指示を出した。
もともとはパストラミをそのまま乗せるのがルールだった。
これを変えて、トングで1枚1枚ほぐし、それを交互に重ねて乗せたのだ。
これによってボリューム感がアップし、歯ごたえが良くなった。
ルール破りも理由か ? 店ではたちまち大人気メニューになった。
バイトが終わると、毎回のように作って食べながら帰ったっけ。
「注文したその場で作るから、できたてを食べられる ! 」がウリだった。

ミニストップの次にローソンでアルバイトしたこともあり、そこから何年も
行くことがなかったのだが、職場近くで数年前に開店したので久々に寄った。
すると、もうバーガー類の調理販売は行っていなかった。
ホットドッグ系の食べ物は用意されているのだが、ただ暖めるだけ。
衛生のことを考えたらそれが当たり前なのだが、どこか残念だったのである。

とまあこういう経緯があったわけで、「肉厚ビーフハンバーグサンド」発売の
ニュースがとても印象的だった。そして、ここまでの長い話を思い出した。
この店舗、近所にもあるのだろうか。ぜひ一度食べに行ってみたいと思う。
b0016600_23174735.jpg

AB− (30D/EF600mmf4L)
by keiji_takayama | 2013-10-22 23:18 | 多摩動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama