<   2013年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

衣替え

まだまだ暑い日が続いていると思っていたのだが、世間一般では明日から
衣替えとなるようだ。職場でも、ネクタイ着用の指示が出された。ただし、
店名の入った上着については、1か月だけ移行期間として必ずしも着用する
必要はないということになった。これだけでもずいぶんと助かるのである。

もともと暑がりなので、毎年長袖に変えるのは最後のほうなのだ。
電車に乗っていると、だんだん半袖が減ってくる。でも、昨年も11月まで
半袖を着ていた記憶がある。去年は10月に尾瀬のツフーが3つ入って、
とても忙しかったと思うのだが、今年はそれが9月にやってきた。なので
10月はのんびり過ごすことができそうだ。ゆっくり休めるといいけど。
b0016600_23592896.jpg

(1D MarkⅢ/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2013-09-30 23:56 | 富士花鳥園 | Comments(0)

人気の1人旅行

今朝の新聞に載っていたのだが、最近1人参加のツアーが人気だという。
写真の場合はそういうケースも多いのだが、参加者全員が1人というのも
なかなか面白そうである。実は興味があるので、国内版のパンフレットを
ちょっと前に取り寄せている。日帰りが少ないなというのが感想だった。

けっこう内容は良さそうなのだが、そのかわり価格もけっこう高めである。
クルマで走って出掛ける撮影旅行もいいのだが、バスにのんびり揺られて
目的地に着く、という1人旅行に憧れるのだ。年末年始あたり、ちょっと
いつもとは異なる場所で過ごしてみようか、などと考えているのだが。

でも、海外はたぶん行かない。やっぱり飛行機には乗りたくないのである。
by keiji_takayama | 2013-09-29 23:40 | Comments(0)

無事終了

9月のツアーが無事に、すべて終了しました。
以前は雨男などと言われていましたが、今月はそんなことは皆無でした。
当日はとてもいい天気が続き、撮影も順調だったのでは ? と感じます。
まぁ・・・下見時は雨でしたが。とても充実した時間を過ごせました。

今回は茨城まで彼岸花とコスモスを撮りに行ってきました。
下見のときよりいくらか咲きが進んでいたけれど、特に真新しい風景が
あったわけでもなく、ちょっとインパクトに欠けていたようです。
大田子のときのような感動はちょっと薄かったですね。

10月は担当ツアーがないので、長い休みになります。
うまくいけば、動物園にも撮影に行けるでしょう。

そういえば、先日の人間ドッグの結果が届きました。E判定。
要精密検査ということです。あーあ。
by keiji_takayama | 2013-09-28 23:02 | Comments(0)

RZが届いた

いよいよ明日はツアー本番。
今日も別の出発地から催行されたようだが、天気がとても良かったので
きっと楽しい撮影の時間を過ごせたと思う。明日も続きたいものである。

そんな前夜。久々に購入したカメラが宅配便で届いた。
何を買ったのかというと・・・ミラーレスではない。デジタルでもない。
つまりフィルムカメラ、なのだ。しかも中判。マミヤRZ67である。
このカメラ、以前から一度使ってみたいと思っていた。
このテのカメラはあまり詳しくないこともあり、手元に置きたかったのだ。
相場はもうかなり安くなっていて、ボディ、90mmレンズ、フィルムバックで
15000円ほどだった。程度はあまり良くないということだったのだが、
ざっとチェックしてみたところ、満足に使えそうである。
ダメなら練習用と割り切ってしまえばよい。

じっくりどこか遠いところに出掛けて、のんびりと写真を撮ってみたくなる。
by keiji_takayama | 2013-09-27 23:48 | Comments(0)

無事終了

下見が無事終了しました。
今回は彼岸花とコスモスを2つの場所でそれぞれ撮影する行程です。
数日前からいろいろチェックはしていたのですが、どうも咲きの状況が
あまり良くなさそうな印象でした。それから数日が経過し、どう変わって
いるのかという点も含めて、見てこようと思ったのがきっかけでした。

地図で見た段階では「わかりにくいかも」と感じていましたが、
実際はさほど苦労もなく、無事到着。心配された花の状態ですが、
満開とはいえないものの、写真を撮ることは可能だと判断しました。
これはコスモスも同じ。6分咲きというところですが、花びらの痛みが
少ない、元気のある花が多かったように思います。
ただ、台風の影響なのか、とにかく風が強くてかなりくたびれました。
ミラーレスカメラを使ったので、モニターを見ながら撮影することが
多かったのですが、ずっと眺めていると酔いそうなくらい揺れます。
適度に目線をはずし、肉眼で慣らしをする必要がありました。

とはいえ、これで作例も撮ることができました。
バスのなかで、お客様にご覧いただくことができそうです。
by keiji_takayama | 2013-09-26 23:53 | Comments(0)

明日は下見

9月はありがたいことに、ツアーが3本催行になった。
富士山、大田子海岸は無事に終了。その余韻に浸る暇もなく、次の下見だ。
今度は茨城県である。つくば市で彼岸花やコスモスを撮影する内容だ。
ちよつと開花が遅れているらしいのだが、花の状態も確認しておきたい。
コスモスのほうはHPで17日の様子を見たのだが、前回の台風で一部が
倒れてしまったそうである。なんとか持ち直してほしいところだ。

しかし、前回の富士山の際も、下見の時に台風がやってきた。
大田子は下見、本番ともに素晴らしい天気に恵まれたのだが、今回もまた
台風に脅かされそうなのである。彼岸花はちょっと雨に濡れたほうが
なんとなくドラマチックなのではないかと思っているのだが、またしても
倒れてしまったらとても困るのだ。そんなことを心配しつつ、でもドライブは
大いに楽しみ、そして現地の状況や作例を撮ってこようと考えている。

とはいえ、茨城といえばやっぱりかみね動物園なのである。
試しに借りているルミックスGX7がなかなか気に入っているので、
なんとかこれでいつもの撮影をしたかった。でも、さすがに厳しそうだ。
望遠使った動物園テストはまたの機会にするとしよう。
by keiji_takayama | 2013-09-25 23:55 | Comments(0)

みんな笑顔のツアー

先日下見で出掛けた、西伊豆・大田子海岸撮影ツアー当日。
夕景撮影なので、出発時間は11時。いつもよりゆっくりスタートです。
平日なのでスイスイ進むだろうと思いきや、工事などでところどころ渋滞。
結果的に1時間以上も行程が遅れてしまい、変更することになりました。
もともとは2か所で撮影わする予定でしたが、メインとなる夕景だけに
絞ったわけです。天気が崩れるとは思いませんでしたが、雲が心配。
撮れなければ、この選択は大失敗に終わる事になってしまうのです。

今回は、下見時の写真をお客様にご覧いただく方法を変えました。
いつもは車内のモニターを使って流していくのですが、それを3点にして
紙に印刷、いつでもどこでもそのイメージを取り出して確認できるように
してみました。このほうが、印象が強いのではないかと思ったからです。
以前勉強のために参加させてもらったツアーの講師が、そういう方法を
採用していたことも、理由の一つでした。結果、お客様からの写真を見た
感想や質問がダイレクトに増えました。今後もこれでいこうと考えています。

現地の天気はとても良く、下見をした20日を大きく上回るものでした。
お客様の期待も高まり、ワクワク感が伝わってきます。
下見のときには最後に雲が出ましたが、本日はクリアーなまま。
しかも、太陽が大きく丸く浮かび上がっていて、かなり良い条件でした。
これはとんでもなくラッキーな状況です。お客様にも喜んでいただけました。

3度目のチャレンジでようやく撮れた、というお2人の笑顔も素敵でした。
帰りのバスではお客様の写真を何人か拝見しましたが、皆さんそれぞれに
ナイスショットがあって、とても楽しい車内になりました。6月の棚田も
すごく内容の濃いものでしたが、それを上回る盛り上がりだったと思います。

さあ、そして次は彼岸花の撮影。明後日下見に行ってきます。
by keiji_takayama | 2013-09-24 23:44 | Comments(0)

準備中

明日はツアーの本番です。
ただいま準備中。

作例とは。
できるだけお客さんの装備、画角に近いもので行わないと意味がない。
雑誌の提灯記事のレポートとは違うのである。

そして、けっこう続いていた写真のストックが、またしてもなくなった。
どこかに撮りに行きたいのだけど 、ここ最近は下見と称してあちこちの
観光地や名所に出掛ける事が多くなっていて、なかなか進まないのだ。

写真はちょっと渋い表情のファラオワシミミズクです。
b0016600_929213.jpg

AB− (7D/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT36mm)
by keiji_takayama | 2013-09-23 23:44 | 富士花鳥園 | Comments(0)

シュー ? マッハ ?

終わったと見せかけてまだまだ続きがある、フクロウシリーズ。
今回登場するのは、ハイガオメンフクロウです。

案内板にはこんなことが書かれていました。
・メンフクロウに類似しているが、灰色の顔が特徴的。
・カリブ諸島の一部の地域に生息、林や茂みが点在する土地や森に住む。
・しばしば人の住居地にも住みつくことがある。
・ネズミや小鳥などの小動物、トカゲやカエル、昆虫類を食べる。
・土地開発などによる減少が危惧されている。

ケージでは2羽が仲良く並んでいて、しかも距離が近くて撮影は難航。
なんとか反射の少ない場所を選び、中間リングを装着して撮れたものです。
そしてこの2羽、名前を「シュー」「マッハ」といいます。
もうこれは直感的に、あの皇帝サマの姿が浮かんできました。
名付け親だというスタッフさんに確認してみたら、やっぱり・・・(笑)

でも、どっちがどっちだか聞くのを忘れてしまいまして。
この写真は、どっちなのだろう。
b0016600_23271672.jpg

AB (7D/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT20mm)
by keiji_takayama | 2013-09-22 23:26 | 富士花鳥園 | Comments(0)

西伊豆にて

本当は、西伊豆の大田子海岸に行く前、東伊豆のアニマルキングダムに寄ろう、
そう決めていた。午後1時半までに出れば、かなり余裕で間に合うからである。
発売されたばかりのルミックスGX7を試せる機会にも恵まれたので、できるなら
アダプターを使って超望遠撮影 、いつもの動物園写真で狙ってみたいと思った。

ところが、なのである。

3日ほど前からどうも調子が悪いと感じていた。薄々気付いてはいたが、風邪だ。
正直な話、そんな暇はない。しかし、どんどん悪化していく一方だった。
予定時間に起きたのだが、これに勝てなかった。仕方ないのでアニマルを諦め、
西伊豆の下見だけをすることにした。厚木まで一般道、そのあとは高速を使う。
当日の行程とほぼ同じ時間にまずは堂ヶ島に到着。ここで少しばかり散策をして
予定の場所でどんな写真が撮れるかを確認した。ちょっとここは厳しいかも。

そしてクルマに乗ること10分ほどで、メインの場所である大田子海岸に着いた。
夕陽の時間まで余裕があったので、展望フロアに常駐しているスタッフさんから
現地の様子や場所についての話を伺った。ツアーでいろいろと撮影地や観光地に
出掛けるのだが、撮影目的にやってくるお客さん向けのアドバイスをしてくれる、
そんな場所はほかに例がないのではないか。そんなことを思った。講師として同行
する立場ではあるが、現地で毎日この風景を見ているひとに叶うわけがない。
だからこそ、話を聞けたのは大収穫だ。当日も協力してもらえることになった。
やはり下見はしておくに限る。あとは、やっぱり天候次第。雨降ったら台無しだ。

とはいうものの、ドライブを楽しめるのも下見に行く理由なのだけど。
15年落ち、もうすぐ走行距離9万km。それでも、クルマは面白い。
b0016600_092628.jpg

AB (7D/タムロン18-270mmf3.5-6.3)
by keiji_takayama | 2013-09-21 23:56 | 富士花鳥園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama